静岡県下田市 歴史のよりみち案内

歴史のTOP USER
まんでがんさん
Ef510d1c 1584 4dbc 8a0f 3c67fc666728

日付指定

日付を指定する
0e1413b9 465a 4a3d a258 cc563f0edb04
Caca1b0f af4d 45ce 86d2 712f8a97fa06
F60b6c75 cc10 4c9f a9dd 8470feb928a0
太平洋に面した場所に佇む「白濱神社」。歴史深い伊豆の神社の中で、最も歴史が古いことで知られています。遡ること2,400年前、御祭神のひとつである「三嶋大神」が黒潮に乗って伊豆下田に到着したのが始まり。その後、現在の白濱神社の主神である「伊古奈比咩命(いこなひめのみこと)」が社を構え、御子神(みこがみ)をたくさん生み出したとされています。 商売繁盛、海上安全、交通安全など、数多くのご利益がある白濱神社。そのなかでも、伊古奈比咩命をお守りする神様「見目弁財天」の縁結び、子授け、夫婦円満のご利益が人気。数分程度で縁結びの特別祈願もでき、恋するパワースポットのひとつとして知られています。 また、経済には樹齢数千年にもなる古木が複数点在。特に有名なのが、約2,000年の時を刻む御神木「薬師のビャクシン」。古木の大河が天へと流れ出ているかのような迫力ある姿を観ることができます。そのほか、白濱神社の裏手にある海岸部分も御神域のひとつ。岩の上に立てられた海岸鳥居からは、神々しさを感じずにはいられません。
A2210b60 0ce8 4f1d b072 fd6891f5d017
崖に建つ鳥居 崖の上に建つ鳥居。 躍動感を味わうことができます
5.0
by rin
2018年10月21日