静岡県伊豆の国市のよりみち案内

日付指定

日付を指定する
444f8393 faf1 461e ae50 2d5abc0f924e
0040b89e b9e1 446d 8b1d a91df9ea0b08
4cb04e90 86cf 4569 867a 84b7d40d640c
日本に現存する溶解炉として、国指定史跡に認定されている「韮山反射炉(にらやまはんしゃろ)」。歴史的価値の高さが評価され、2015年には世界文化遺産にも登録されました。 江戸時代末期、韮山反射炉が造られた当時としては最先端の技術が集約されていました。きっかけとなったのは、アヘン戦争や黒船来航といった異国の脅威にさらされたこと。危機感を抱いた幕府が反射炉の製造を決め、安政4年(1857)に完成。その後、鋳鉄製・青銅製の大砲が製造され続けました。 そんな韮山反射炉の歴史や特徴を学べるのが、併設された「韮山反射炉ガイダンスセンター」です。施設内には、反射炉が稼働する様子などが描かれた映像ホール、砲弾や古文書などが公開されている展示コーナーなどがあります。 そのほか、敷地内には、韮山反射炉の製造を幕府に提言した、江川太郎左衛門の銅像も鎮座。また、展望デッキからは富士山と韮山反射炉のコラボレーションを望むこともできます。
User default image
韮山反射炉と紫陽花 世界遺産に登録されている韮山反射炉。韮山反射炉の歴史を学ぶことができたり、フラワーアレンジのフォトスポットがあったりと様々な楽しみ方ができる場所でした。
5.0
by ゆう
2019年5月3日