静岡県駿東郡小山町のよりみち案内

日付指定

日付を指定する
Ea03fc3a 0110 45a9 81ad 659b2733e872
E5ca990a 5f61 4941 8933 817d60269e80
97ff2738 c06c 4eea 9fc2 a87ed9e9d9f5
昭和40年(1965)に開園した冨士霊園。総面積64万坪にも及ぶ広大な公園墓地で、移動には巡回バスを利用するほど。本田宗一郎や安倍晋太郎、岸信介など、びっくりするほど著名な実業家や政治家、文化人が眠っています。 毎年4月中旬頃になると、約1,000本の染井吉野と約7000本の山桜が咲き誇ります。日本さくら名所100選にも選定されています。標高が高い場所にあるため、他所よりも開花が遅め。メインストリートの両脇に並ぶ桜並木は圧巻です。そのほか、梅やツツジといった四季折々の草花も美しいスポット。礼拝堂付近からは富士山を望むこともでき、桜シーズンでなくても訪れたい場所です。
6de58d2b 39f5 4016 9208 c71282c50d34
紅葉 富士山と紅葉の綺麗な処です。
5.0
by 山縣真
2018年10月29日

E6afa010 df14 4bb9 b55f 00e320289dae
Da3af6c4 e852 47f5 a4a4 8140de644ea1
Spot noimage
世界各国から強者が集う「冨士スピードウェイ」。 多種多様なスポーツカーが走り抜けるサーキットを有した会場です。 冨士スピードウェイの始まりは1960年代初頭。 名神高速道路の建設と同時に、長い時間に渡って高速走行が可能な国産車の開発が急がれていました。自動車の輸入自由化が始まり、外国車との比較を行うためにはサーキットが不可欠。三重県の鈴鹿サーキットが自由に使えない事情もあって、冨士スピードウェイがつくられました。 現在では、「FIA 世界耐久選手権」や「アジアン・ル・マン・シリーズ」といった国際耐久レースの会場にもなっており、レース当日には世界各国から観客が集います。 もちろん、レース以外の日も魅力がたくさん! 例えば、自分の車で本コースを走れる体験走行やオフィシャルカーの乗車体験などもあります。入場料(駐車代金含)を払えば会場を見学することもできるので、ふらりと立ち寄るだけでも楽しいですよ。
739438b9 0d51 41b4 867b 52923d645223
伝説の30度バンク 富士スピードウェイがオープンした当時のコースの一部。1.6kmの長い直線から全開で進入する この壁のようなコーナーは、非常にスリリングで多くのドラマを生みました。今は使われておらず、公園として整備されて近くまで歩くことができます。
5.0
by 山田竜一
2019年1月17日