Banner

大阪府大阪市中央区

日付指定

日付を指定する

大阪城

大阪府大阪市中央区大阪城
安土桃山時代に豊臣秀吉により築城され、江戸時代に修築された大阪城。現在の大阪城の天守は築城から三代目のもの。初代は豊臣秀吉が築いた大阪城の天守で五重六階地下二階、黒漆塗りの下見板張り、金箔瓦の望楼型(ぼうろうがた)天守。二代目の徳川秀忠が再建させた大阪城は豊臣時代の城跡に盛土をして建設され、五重五階地下一階、白漆喰塗籠、瓦葺(かわらぶき)の層塔型(そうとうがた)天守。現在の天守は大阪市民の寄付金により昭和6年(1931年)11月7日に竣工したもので五層八階(入口のある一階部分は地下)の造りとなっており、復興天守閣では初層から四層までは徳川時代風の白漆喰壁、五層目は豊臣時代風に黒漆に金箔のものとなっています。 天守の中は「大阪城天守閣」として重要文化財の「大坂夏の陣図屏風」(通称黒田屏風)などの所蔵品を展示しています。 ※望楼型は上下層が一体型ではない構造。層塔型は上下層が一体となっている構造。
最高にキレイでした。色々な種類があり、感動しました。
by mika
2018年4月29日
2f3ea382 0501 45c8 8112 f02b52adfcb97dee6ec5 7fb4 4e73 83d9 2de775d260344e6f5ba2 2145 4288 b979 27403753bdf4Ad085531 6bad 4f87 9ed8 6b92d4a1556f