大阪府大阪市中央区のよりみち案内

日付指定

日付を指定する
E1e353d3 d791 40b2 b7a9 ccbe024ffb4f
C7017197 4d90 4f56 9a26 9f083c7d9293
09b86b03 2a64 498e 93ea 2c040fffe50c
安土桃山時代に豊臣秀吉により築城され、江戸時代に修築された大阪城。現在の大阪城の天守は築城から三代目のもの。初代は豊臣秀吉が築いた大阪城の天守で五重六階地下二階、黒漆塗りの下見板張り、金箔瓦の望楼型(ぼうろうがた)天守。二代目の徳川秀忠が再建させた大阪城は豊臣時代の城跡に盛土をして建設され、五重五階地下一階、白漆喰塗籠、瓦葺(かわらぶき)の層塔型(そうとうがた)天守。現在の天守は大阪市民の寄付金により昭和6年(1931年)11月7日に竣工したもので五層八階(入口のある一階部分は地下)の造りとなっており、復興天守閣では初層から四層までは徳川時代風の白漆喰壁、五層目は豊臣時代風に黒漆に金箔のものとなっています。 天守の中は「大阪城天守閣」として重要文化財の「大坂夏の陣図屏風」(通称黒田屏風)などの所蔵品を展示しています。 ※望楼型は上下層が一体型ではない構造。層塔型は上下層が一体となっている構造。
大阪城 1583年 石山本願寺跡地に豊臣秀吉が豊臣大坂城を建築 1615年 大坂夏の陣で、豊臣大坂城は落城 1620年 徳川秀忠が10年かけて徳川大坂城を建築(豊臣大坂城とは全く別の形状) 1868年 新政府軍と旧幕府軍との交渉の最中、場内の数か所から出火し、炎に包まれる 1931年 市民の寄付により鉄骨鉄筋コンクリートの最新型大阪城 という事で今の大阪城は三代目なんですネェ!
by sudachi
2018年6月15日