大阪府岸和田市のよりみち案内

日付指定

日付を指定する
Ab744ab2 27bf 4458 8bc9 cc2b3bcf4818
A1747de2 8c6e 470c 9b83 8c75c3eb1ec2
3b56690d 6957 4a2f aea1 f053f9d3c644
元弘4年(1334)、現在よりも東側に築かれたのが岸和田城のはじまり。楠木正成の一族・和田高家が手がけたとされています。ちなみに、岸和田城のある周辺は、もともとは「岸」と呼ばれていたそう。そこに和田氏が城を築いたことで、現在の「岸和田」と呼ばれるようになったといわれています。 その後、天正13年(1585)には、羽柴秀吉の伯父にあたる小出秀政が城主に。本丸を五層にもなる立派な天守へと大改修されました。しかし、文政10年(1827)の落雷によって焼失し、当時の名残は石垣のみとなっています。 現在の天守閣は3階3層の天守閣。昭和29年(1954)に復元されたものですが、それでも目の前にすると力強い威厳を感じます。当時の大天守閣は、さらに堂々たるものだったのでしょう。天守閣に登れば、岸和田市の姿を一望することもできます。
773ee2f9 a39a 4c64 93b5 b11cf13ff293
岸和田城 大阪府岸和田市にある 岸和田城。 地元の人が散歩したり すぐ近くには神社や 学校などもあり のんびりとした雰囲気がする場所です。 風のない人がは お堀に映る お城や雲が とても綺麗です。
5.0
by 琴音
2019年1月25日