大阪府枚方市のよりみち案内

日付指定

日付を指定する
17a8afd8 6423 46da 981a 425b231c9894
648270a4 db26 4665 9b27 76c9c4ef832b
Spot noimage
遡ること江戸時代。当時の枚方市は東海道に付随する宿場町「枚方宿」として栄えていました。かつての面影を感じられる町並みは今も残っており、その中心地にあるのが「枚方宿鍵屋資料館」です。 枚方宿鍵屋資料館は、平成9年(1997)まで実際に使われていた料理旅館を再利用しています。枚方宿として栄えていた頃は「鍵屋」として宿屋を営んでおり、幕末期に入ると「淀川三十石船(伏見〜大阪をつなぐ旅客専用船)」の船待ち宿としても繁盛していたそうです。 資料館は「主屋」と「別棟」の2つに区分。 主屋では枚方宿に関連する歴史資料や発掘された遺物、民族資料などが展示されています。また、別棟では歴史講座や伝統芸能も公演。どちらの建物も枚方市指定の有形文化財に登録されており、19世紀初頭の町家の香りを感じられますよ。
801428b1 3038 4abc 8a6e f07e1a0b0aed
大阪府枚方市の枚方宿鍵屋資料館。江戸時代に京街道の宿場町として、また淀川を使って伏見と京都を連絡する淀川舟運の宿場町として栄えた枚方市。枚方宿鍵屋資料館は、枚方宿の歴史を紹介する枚方市唯一の展示施設として、歴史ある建物を利用し運営されています。
3.0
by ちぇりTop user体験
2018年8月20日