大阪府茨木市のよりみち案内

日付指定

日付を指定する
61615e84 4b14 40bc 9415 82a19eac5ce3
隠れキリシタンの里として有名な千提寺・下音羽地区。その中心地にある「茨木市立キリシタン遺物史料館」では、当時の貴重なキリシタンの遺物や史料が展示されています。 その昔、周辺を収めていた高槻城主・高山右近。キリシタン大名として有名で、キリスト教禁制が行われたあとも隠れキリシタンとして信仰を続けていました。信者たちによって守られ続けたのが遺物。その存在が明らかとなったのは、大正時代には入ってから。大正8年(1919)、キリシタン研究家・藤波大超によって発見されました。 館内には発見された遺物を展示公開。なかでも有名なのが重要文化財「聖フランシスコ・ザビエル像」です。歴史の教科書に必ずといっていいほど掲載されている肖像。実は、史料館の向かいから発見されました。「開けずの櫃」と呼ばれる箱に長年保管されていたそうです。 そのほかにも、重要美術品「聖マリア十五玄義図」など、貴重な遺物がたくさん!周囲には隠れキリシタンの遺跡も残っているので、合わせて見学しておくのがおすすめです。