大阪府阪南市のよりみち案内

日付指定

日付を指定する
Aba95daf 546d 4272 a037 de056dd875d1
F2c3a47e d7a7 4995 a9ca a665ae360c3a
Spot noimage
JR阪和線「山中渓駅」から徒歩数分、市営公園「わんぱく王国」があります。桜シーズンには「山中渓桜祭り」も開催され、多くの人たちで賑わいます。 某恐竜映画を想像させるゲートをくぐれば、待ち受けるのは豊かな自然と広大な敷地内に点在した特徴的な遊具の数々。子ども達に人気なのが、山の急斜面を利用した大型滑り台(ローラーエクスプレス)です。 全長約200mで、最終地点では恐竜の口の中へと吸い込まれていきます。 ちなみに、この恐竜は大型肉食恐竜「ディメトロドン」がモデル。高さ10m、長さ21m、幅5mになり、わんぱく公園のシンボル的存在です。 また、わんぱく公園内を上へ上へと登っていくと、頂上付近には「わんぱく砦」がそびえ立っています。標高約210mの山頂にある、木造3階建の展望塔。阪南市の町並みはもちろん、大阪湾や遠くには関西国際空港を望める絶景スポットです。辿り着くまでは少々大変ですが、是非、わんぱく砦を目指して登ってみてくださいね!

Eb6c8c7f 8163 4baa 9726 9e2cef35a323
66e9f27c 4a24 4e49 90f7 3567426cc835
Spot noimage
約1,000本の桜が河川敷に咲き誇る、桜の名所として有名です。 遡ること江戸時代、山中渓には紀州街道が通っており、参勤交代の大名をもてなす宿場町として栄えていました。その後、昭和中頃まで温泉宿として賑わいますが、徐々に人の往来が少なくなっていきます。そこで、昭和40年代から山中渓に流れる「山中川」の河川敷に桜の植栽を始めました。 現在、河川敷には見事な桜並木が連なり、毎年3月下旬〜4月中旬にはソメイヨシノ・山桜が咲き誇ります。JR阪和線の車窓からの眺めも美しく、桜のトンネルの中をくぐっているかのようです。期間限定でライトアップもされますよ。