奈良県橿原市のよりみち案内

2ad7c4f1 c3c0 45e6 a79f d0b2fdb0bcff
E2723d5a 5b24 4e7e bd35 aa9a0f55202b
9cd2eeb2 9c2e 4447 9570 2a8bc2546a68
藤原京跡は、藤原京の中心施設として現在の皇居と国会議事堂、霞ヶ関の官庁街を合わせ持つ施設で、大極殿や朝堂院などがあった場所とされています。日本書紀では「新益都(しんやくのみやこ)」という表現で表されています。694年(持統8年)から710年(和銅3年)持統天皇、文武天皇、元明天皇の三代に渡り16年間の都でしたが、藤原宮の構造自体はその後の都にも引き継がれています。 広大な敷地の場所には、約25,000平方メートルに渡り、春には桜と250万本の菜の花、秋になると約30,000平方メートルの敷地に7品種300万本のコスモスが風に揺れる花の名所です。藤原京跡は菜の花やコスモスだけではなく、約7,000平方メートルの敷地に黄花コスモス、11種類のハスの花などが大地を覆う四季を通じて楽しめるスポットです。花だけでなく、大和三山の絶好のビューポイントとなっているので朝陽や夕陽を花と一緒に楽しむこともできます。また、河瀬直美監督「朱花の月(はねづのつき)」、趙曄監督、桃井かおり主演「光男の栗(みつおのくり)」などの映画のロケ地にもなりました。また、平成23年6月に藤原宮跡からの大和三山の稜線の眺め「重要眺望景観」に指定されています。
14591604 dc4b 4458 9240 1230505f233f
藤原宮跡の桜と菜の花 こちらは桜の満開の時期と菜の花の時期を重ねているので ピンク色と黄色が鮮やかで美しいです。 近くに臨時の無料駐車場が増設されます。
5.0
by Kazuo Miyake
2018年3月31日
藤原京跡の桜と菜の花
4月上旬〜4月中旬
藤原京跡は、藤原京の中心施設として現在の皇居と国会議事堂、霞ヶ関の官庁街を合わせ持つ施設で、大極殿や朝堂院などがあった場所とされています。日本書紀では「新益都(しんやくのみやこ)」という表現で表されています。694年(持統8年)から710年(和銅3年)持統天皇、文武天皇、元明天皇の三代に渡り16年間の都でしたが、藤原宮の構造自体はその後の都にも引き継がれています。 広大な敷地の場所には、約25,000平方メートルに渡り、春には桜と250万本の菜の花、秋になると約30,000平方メートルの敷地に7品種300万本のコスモスが風に揺れる花の名所です。藤原京跡は菜の花やコスモスだけではなく、約7,000平方メートルの敷地に黄花コスモス、11種類のハスの花などが大地を覆う四季を通じて楽しめるスポットです。花だけでなく、大和三山の絶好のビューポイントとなっているので朝陽や夕陽を花と一緒に楽しむこともできます。また、河瀬直美監督「朱花の月(はねづのつき)」、趙曄監督、桃井かおり主演「光男の栗(みつおのくり)」などの映画のロケ地にもなりました。また、平成23年6月に藤原宮跡からの大和三山の稜線の眺め「重要眺望景観」に指定されています。
334ccefc 33b1 48b3 b6eb dd3f7045a046
藤原京跡のキバナコスモス
7月下旬~8月中旬
藤原京跡は、藤原京の中心施設として現在の皇居と国会議事堂、霞ヶ関の官庁街を合わせ持つ施設で、大極殿や朝堂院などがあった場所とされています。日本書紀では「新益都(しんやくのみやこ)」という表現で表されています。694年(持統8年)から710年(和銅3年)持統天皇、文武天皇、元明天皇の三代に渡り16年間の都でしたが、藤原宮の構造自体はその後の都にも引き継がれています。 広大な敷地の場所には、約25,000平方メートルに渡り、春には桜と250万本の菜の花、秋になると約30,000平方メートルの敷地に7品種300万本のコスモスが風に揺れる花の名所です。藤原京跡は菜の花やコスモスだけではなく、約7,000平方メートルの敷地に黄花コスモス、11種類のハスの花などが大地を覆う四季を通じて楽しめるスポットです。花だけでなく、大和三山の絶好のビューポイントとなっているので朝陽や夕陽を花と一緒に楽しむこともできます。また、河瀬直美監督「朱花の月(はねづのつき)」、趙曄監督、桃井かおり主演「光男の栗(みつおのくり)」などの映画のロケ地にもなりました。また、平成23年6月に藤原宮跡からの大和三山の稜線の眺め「重要眺望景観」に指定されています。
藤原京跡の蓮
7月下旬~8月中旬
藤原京跡は、藤原京の中心施設として現在の皇居と国会議事堂、霞ヶ関の官庁街を合わせ持つ施設で、大極殿や朝堂院などがあった場所とされています。日本書紀では「新益都(しんやくのみやこ)」という表現で表されています。694年(持統8年)から710年(和銅3年)持統天皇、文武天皇、元明天皇の三代に渡り16年間の都でしたが、藤原宮の構造自体はその後の都にも引き継がれています。 広大な敷地の場所には、約25,000平方メートルに渡り、春には桜と250万本の菜の花、秋になると約30,000平方メートルの敷地に7品種300万本のコスモスが風に揺れる花の名所です。藤原京跡は菜の花やコスモスだけではなく、約7,000平方メートルの敷地に黄花コスモス、11種類のハスの花などが大地を覆う四季を通じて楽しめるスポットです。花だけでなく、大和三山の絶好のビューポイントとなっているので朝陽や夕陽を花と一緒に楽しむこともできます。また、河瀬直美監督「朱花の月(はねづのつき)」、趙曄監督、桃井かおり主演「光男の栗(みつおのくり)」などの映画のロケ地にもなりました。また、平成23年6月に藤原宮跡からの大和三山の稜線の眺め「重要眺望景観」に指定されています。
藤原京跡のコスモス
10月上旬~10月下旬
藤原京跡は、藤原京の中心施設として現在の皇居と国会議事堂、霞ヶ関の官庁街を合わせ持つ施設で、大極殿や朝堂院などがあった場所とされています。日本書紀では「新益都(しんやくのみやこ)」という表現で表されています。694年(持統8年)から710年(和銅3年)持統天皇、文武天皇、元明天皇の三代に渡り16年間の都でしたが、藤原宮の構造自体はその後の都にも引き継がれています。 広大な敷地の場所には、約25,000平方メートルに渡り、春には桜と250万本の菜の花、秋になると約30,000平方メートルの敷地に7品種300万本のコスモスが風に揺れる花の名所です。藤原京跡は菜の花やコスモスだけではなく、約7,000平方メートルの敷地に黄花コスモス、11種類のハスの花などが大地を覆う四季を通じて楽しめるスポットです。花だけでなく、大和三山の絶好のビューポイントとなっているので朝陽や夕陽を花と一緒に楽しむこともできます。また、河瀬直美監督「朱花の月(はねづのつき)」、趙曄監督、桃井かおり主演「光男の栗(みつおのくり)」などの映画のロケ地にもなりました。また、平成23年6月に藤原宮跡からの大和三山の稜線の眺め「重要眺望景観」に指定されています。