奈良県宇陀市のよりみち案内

74672a2c 1e3e 4b2d 8761 3e29d9dec19d
22e5bad9 0549 41a0 b21d ddca099d1e38
7012398a 87b7 4439 8238 ecc59c551d8c
艶やかな朱塗りの美しい「五重塔」が象徴的。奈良時代末期、興福寺の僧侶・賢憬が創建し、弟子の修円が境内の姿形を整えたとされる、歴史の古い寺院です。 境内は、国宝・重要文化財の宝庫。檜皮葺きが特徴的な「本堂(国宝)」、柿葺きの「金堂(国宝)」と堂内に安置されている「本尊釈迦如来立像(国宝)」や「十一面観音立像(国宝)」といった木造の貞観仏5体など、歴史的価値の高いものばかり。 また、シンボル的な存在である「五重塔」は800年頃に建立されたと伝えられており、法隆寺塔に次いで、国内で2番目に古い木造五重塔です。高さは約16mと屋外にあるものとしては日本最小。色々な意味で必見です。 境内のシャクナゲやモミジが美しく、紅葉シーズンには多くの人たちが訪れます。
9f19cf1a 4a38 42dc b125 1c28e2eac780
室生寺錦繍 紅葉真っ盛りの室生寺。まるで錦絵のようでした。
5.0
by Frank
2018年11月12日