岩手県盛岡市 イベントのよりみち案内

イベントのTOP USER
なべ一号さん
456f748e 9e2b 447a b576 8282ffda50e8
A4cb3a97 0196 49e7 ad1c 305c6fa1e44c
盛岡地方裁判所の構内入口にある桜は、見てのとおり、巨大な岩の割れ目に生え、成長のともに割れ目を少しずつ押し広げている。樹齢三百六十年といわれ、昔は南部藩家老北家の敷地にあり、落雷で割れた花崗岩の隙間に種が入り、そのまま成長。樹高十一メートル、幹回り四、六五メートル、枝張りは南北二十メートルの巨本に成長した。明治九年に明治天皇の東北巡行の時に「桜雲石」と紹介したが、大正初期には現在の名前に改名されたという。国の天然記念物指定を大正十二年に受け、歴代の地方裁判所長は桜を枯らさないよう努力してきたが、昭和七年、裁判所が火災になった時、桜の北側部分が一部が焼け、服を濡らして降り注ぐ火の粉を打ち払った必死の消化活動は今でも語られている。その時の名言に「裁判所は燃えても建てる事ができるが、この桜は造ることができない」と、当時の人たちの桜への愛着を感じさせる。火災にあった翌年、見事な花を咲かせ関係者が胸をなで下ろしたという。現在の岩の隙間は二十五センチから三十センチ、岩に挟まれて樹木部分は板状と思われるが、石の上は通常の桜のようにこぶを造りねじれながらも枝を広げ、その生命力の強さには見る人に力を与えてくれる。

A02ad615 f527 42d4 bd92 ac81ab51f601
61611c67 709e 44ff 9677 c4dbe8dfb125
C8cac828 1cef 4974 b636 a6bc3dc28600
江戸時代、南部藩の城下町として栄えた南部盛岡の不来方(こずかた)城。時を経て、今では盛岡城址という名で桜の名所として毎年春には多くの花見客でたいへんな賑わいを見せます。関東以北の石垣組みの平城としては最大規模を誇り、天守閣は明治維新の際、取り払われたものの、現存する桃山形式の美しい石垣から、会津、白河とともに東北三名城の1つに数えられる城址公園です。立派な石垣とシダレザクラの調和がとりわけ美しく、ライトアップされる夜も幻想的な佇まいを見せます。品種も数多く、ソメイヨシノにはじまり、ニワザクラ、エドヒガン、アズマヒガシ、シダレヒガン、コヒガン、モリオカシダレザクラ、カスミザクラなど約200本の桜が楽しめます。若き日の石川啄木や宮沢賢治など詩人たちにも愛された盛岡の憩いの広場。啄木がこの地を詠んだ句碑も立ちます。
44b85d47 adce 4988 9f42 8cd1a671e84b
盛岡城跡公園
4.0
by AMEMAN
2018年4月24日