群馬県高崎市のよりみち案内

日付指定

日付を指定する
5d50bb1f 543e 4a4c 975e ca974c0c17d7
C08ae26a f9df 4948 ab32 372ada7209e6
Spot noimage
観音山の丘陵の地に、高崎の街を見守るように建てられている高崎白衣大観音。昭和11年(1936年)に高崎の実業家、井上保三郎氏が建立。高さ41.8m、重さ5985tのコンクリート造りです。白衣大観音の胎内は拝観可能となっており、146段の階段を登って頂くと、観音様の肩の高さまで(9階)昇ることが出来ます。胎内には各階に窓が設置されており、晴れた日には上毛山三(赤城山(1828m),榛名山(1449m),妙義山(1104m)の 3名山)や浅間山が望めます。また、ろうそくまつり万灯会(まんどうえ)、大晦日には観音様をライトアップするイベントも毎年実施されています。
801428b1 3038 4abc 8a6e f07e1a0b0aed
高崎駅付近からもみえる高崎白衣大観音。駅からだとタクシーか周遊のバスで行きます。だいたい15分ぐらいです。 観音様は有料ですが、胎内も拝観できます。9Fが最上階。上まで登ると周囲の山々や高崎市街がすごく綺麗に見渡せます。また、訪れた時にたまたま「赤い糸祈願祭」が開催されていました。バレンタインの2月14日から3月14日まで毎年開催しているそうです。観音様の小指から赤い糸が出ていて、もう片方を自分の小指につけてお参りすると良縁を祈願することができるようです👍ちなみに赤い糸は30メートルもあるそうです。
4.0
by ちぇりTop user体験
2018年2月24日