東京都練馬区のよりみち案内

日付指定

日付を指定する
02b9bc55 8622 48f3 a0aa b7ea9bc1ccd2
Aae9a9ad e759 4292 9a47 96a4e333e4d4
41392a82 7c19 48d5 b3b0 5adfdeeddc98
練馬区石神井台にある石神井公園は、駅から徒歩10分以内という好立地ながら、武蔵野の自然が残された緑豊かな公園となっています。公園は「三宝寺池」と「石神井池」の2つの池からなっており、そのうち「石神井池」ではボート遊びを楽しむことができます。 石神井公園には武蔵野の面影を残す雑木林、竹林、桜並木、都内ではめずらしい植物の群生や野鳥等も見られ、四季を通じて散策の楽しみがつきません。また「三宝寺池」の周辺は、雑木林の中に石神井城跡、三宝寺、道場寺、氷川神社など、練馬区の歴史を知るうえで欠かすことのできない多くの文化遺産が点在しています。 なかでも、三宝寺池の南にある石神井川の谷との間の台地にある「石神井城跡」は東京都指定の史跡となっています。鎌倉時代中期~末期頃の築城と考えられ、文明9年(1477年)、豊島勘解由左衛門尉(としまかげゆさえもんのじょう)が城主の時に太田道灌(おおたどうかん)によって攻め落とされました。以後は廃城となりましたが、城の中心部分にあたる内郭(ないかく)の土塁(どるい)と空堀(からぼり)は今も残っています。
587af585 6cbd 4d38 adb8 a6f4be42a12d
ふたりの女の子の後ろ姿が可愛いらしい。
3.0
by moonriverTop user夜桜
2019年4月5日

8d68a0a3 2b56 452d 93d7 018eb9fda1fe
C0bb8b19 8667 4f07 8903 805282b5d914
20a30029 f1f2 4618 80b7 fe766eec1280
約6万㎡という広大な敷地を持つ練馬区最大の公園、光が丘公園。戦前は特攻隊の出撃基地ともなった成増飛行場がありました。また、戦後はグラントハイツとして米軍の管理下にありましたが、昭和48年に返還が完了し、総面積の約1/3が公園として確保されました。光が丘団地や商業施設「光が丘IMA」、清掃工場などに連接しています。 6ヘクタールに及ぶ広大な芝生広場にはサクラやケヤキが点在し、昼寝や読書には格好な木陰をつくっています。約1,020本の桜を見ることができるお花見スポットとしても人気ですが、紅葉の時期に訪れるのもおすすめです。中でも一押しは、ふれあいの径からゆりの木広場まで続くイチョウ並木。樹齢100年以上のイチョウが40本以上植えられており、ピーク時にできる黄色のトンネルは圧巻です。
User default image
黄色いトンネルを通る人々 綺麗に紅葉したイチョウ並木と道路一面に広がった黄色い落ち葉がまるで黄色いトンネルのようになっていたので撮影しました! 東京では神宮の銀杏並木が有名ですが、こちらの銀杏並木も神宮に負けず劣らず綺麗でした!
5.0
by uda_sukeeee_part2
2018年11月17日

12bc256f 4372 444f 9f7f 4d4d776f558d
37e3307b c5dc 4304 99e4 e9dee1f63b48
Spot noimage
西武線「豊島園駅」から徒歩1分で正門に到着。1929年にスタートした「としまえん」は、アトラクションだけでなくプール、温泉も楽しめる東京の遊園地として人気を集めています。アトラクションは30種類以上!園内中央でまず目に入るのは「カルーセルドラド」。1970年にドイツで製作された回転木馬で現役で活躍中。2010年には「機械遺産」にも認定された、歴史的にも価値のあるメリーゴーランドです。絶叫系が好きな方にオススメなのが「フライングパイレーツ」。地上45mを急上昇・急降下しながら、体の底からふわっと持ち上げれる感覚を連続で体験。恐怖に満ちた空の大海原に繰り出しましょう! そのほか、急斜面を滑走してからの2回転宙返りがスリル満点の「コークスクリュー」、地上35mの上空から絶景を楽しみつつ急降下による絶叫も楽しめる「イーグル」もたくさんの利用客であふれています。 さらに、としまえんの隣には天然温泉も湧き出ており、遊園地で遊んで疲れた体を癒すことができます。保湿成分のある軟水で、お肌に優しい泉質。1,200坪の日本庭園を眺めながら、ゆっくりと過ごせます。入園料も大人1,000円とお手ごろなので、隙間時間を埋めるのにもぴったりですよ。
User default image
土砂降りのとしまえんで撮影しました。幸か不幸か、他のカメラマンの姿もなく、独占状態でした。
5.0
by nyuhara
2018年6月11日
としまえんの桜
3月下旬~4月中旬
としまえんでは、ソメイヨシノや八重桜など約500本の桜が楽しめます。園内各所で咲き誇り、長期間にわたってお花見が楽しめるのも特徴です。「サイクロン」に乗って、桜のトンネルを抜けたり、「イーグル」に乗って地上35m上空からの展望など遊園地ならではの楽しみ方もできます。また、全席お座敷&こたつ付きの宴会場でゆったりとお花見を満喫できる「お花見宴会プラン」は毎年好評です。日中は宴会で盛り上がり、夜はライトアップされた幻想的な桜とイルミネーションのコラボに酔いしれます。15時から入園料が500円になるお得な「サクラナイト」も実施されているので、会社帰りに桜を楽しめるおすすめのスポットです。
C1e43a4f cb31 41b3 b176 f16e1ca64a5d
としまえんのあじさい
5月下旬〜6月下旬
西武線「豊島園駅」から徒歩1分で正門に到着。1929年にスタートした「としまえん」は、豊富なアトラクションやプール等で人気の遊園地ですが、実は“あじさいの名所”としても知られています。毎年6月に「あじさい祭り」が開催され、多くの来場者を魅了しています。としまえんの「あじさい」の見頃は、例年5月下旬〜6月下旬にかけて。初夏を彩る約150品種1万株のあじさいが咲き誇る姿はまさに圧巻!「あじさい祭り」開催中は、ライトアップの美しい「あじさいナイト」だけではなく、造園スタッフと巡るガイドツアーや写真コンテストなどのイベントも充実しています。
34d17dc1 783d 4bdc a2d6 4fed457c18ee
関連記事あり
【東京 遊園地】おすすめ23選!
06efcc76 29c7 4539 88b1 be05a7f207a7