Green banner
素敵に、よりみち

東京都武蔵野市の観光・お出かけ

日付指定

日付を指定する
42b3ac4e b686 4960 908e 5f742401fe37
96e5151c feed 4e7d abed b7397ff43166
5c757d4a 40ba 4384 a9e9 bb585802e4a7
東京都武蔵野市の人気カフェ「HATTIFNATT -吉祥寺のおうち-」。お店の名前の由来は、「ムーミン」に出て来るキャラクター「ニョロニョロ」のスウェーデン語、HATTIFNATT(ハティフナット)からきているとか。かわいらしいおうちの小さな扉の中は、まるで絵本の世界。壁一面にキュートな動物たちが描かれており、その可愛らしい内装には思わずときめいてしまいます。 外装や内装だけでなく、カフェメニューもメルヘンなHATTFNATT。「しろくまくん」を始め「ほんわかカフェラテ」、「プラリネ・ラテ」など愛らしいラテアートが施されています。また、最高級のベルギー産チョコレートを使用して、生チョコをじっくり焼き上げた「ぜいたく生チョコ焼き」は味はもちろん見た目もメルヘンな可愛らしいデザイン。思わず写真に残したくなるかわいらしさです。 お食事メニューも充実しています。カレードリアやタコライスなどのほか、ぜひ味わいたいのがピザメニュー。注文を受けてから、あらかじめ仕込んであるピザ生地を伸ばしはじめ、320度のオーブンのオーブンで焼き上げます。
吉祥寺でcuteなカフェとして人気のHATTIFNATT。中に入ると壁一面に動物たちの絵が描かれていて、童話の世界のようでした💕ふんわりカフェラテはラテアートがとてもかわいかったです!
by みっきーTop user
2017年9月19日
40686d0b fbfc 442b ba9e 218693577b8e
68c5f202 c33f 47a0 b887 7d23d0495cc6
Spot noimage
おしゃれで個性的なカフェが多い、吉祥寺。駅から線路沿いに歩いて約5分、武蔵野市吉祥寺南町にあるCAFE ZENONはマンガ×アートをコンセプトにしたおしゃれカフェです。「ふとしたいつもの時間に、漫画のある風景を感じてほしい」という思いを元に、広い店内には漫画をモチーフにした様々なアートクリエイターの作品が並んでいます。 CAFE ZENONの人気メニューは、カフェラテやティーラテなどのラテアートのあるドリンク。熟練のバリスタがそれぞれ得意なデザインを施していて、クマやウサギなどの動物からリーフやハート、またイベント期間中などの限定デザインまであり、運ばれて来るまでデザインがわからないのも楽しみの一つ。もちろんかわいいだけでなく、味も本格派です! カフェというとこじんまりしたお店が多いですが、CAFE ZENONの店内は吉祥寺随一の広さ。ペット同伴OKのテラス席やパソコンが設置された席など、様々なタイプの座席があり、ゆとりのある客席でのんびりくつろぐことができます。最大120名の貸切パーティーも可能で、多彩なフード・アルコールメニューを楽しめます。11:00~24:00まで営業していて、ランチ・ティータイム・ディナーといった様々なシーンで利用できるのも魅力です。
46303fed 9ab5 4c0c 9f69 5bbc4751856a
5c07fe1a cd0f 42ff a926 5fb7a7fa2b63
Spot noimage
東京都、武蔵野市。吉祥寺駅北口を出てすぐの細い路地にある商店街はハーモニカ横丁(通称ハモニカ横丁)と呼ばれています。変わった名前の由来は、狭い間口の商店が並ぶ様子がハーモニカの吹き口に似ていることから名付けられたとのこと。1945年(昭和20年)に駅前マーケットが出現したのが始まりで、いわゆる戦後の「闇市」と言われたものがハーモニカ横丁のルーツとされています。 横丁に並ぶ約100件の店は小さな古い店が多く、飲食店、居酒屋、和菓子屋、洋服屋、魚屋など様々なジャンルのお店が軒を連ねています。昼間のお散歩でぜひ訪れたいのは、「たいかしの天音」。ここではカリッとした羽根つきのたい焼きを味わうことができます。たい焼きの他にもわらび餅やお団子も人気です。手土産に買っていってもいいですし、たい焼きを頬張りながら街歩きするのも楽しそうです。 ハモニカ横丁には立ち飲み屋も多く、一人でも立ち寄りやすい場所です。夜はもちろん、昼飲みができるお店もたくさん!庶民的な焼き鳥屋さんからオシャレなバルまで、幅広いジャンルのお店があります。
マンガのワカコ酒っぽい、落ち着くお店が並ぶ横町です✨🍶
by ずんだもちTop user
2017年9月7日