Green banner

東京都青梅市の観光・お出かけ

日付指定

日付を指定する
858b00ef dc96 4513 9cea 4ffd6c296b89
B7d46b23 e84f 41b0 b332 56bf05827238
884c50a3 5416 4b98 9799 73f2baf3bd6b
奥多摩クルーソーラフティングは、関東のラフティングで今一番人気な東京・奥多摩エリアでラフティングツアーを提供しています。 関東地方でラフティングをできるエリアは3エリア。群馬のみなかみ町(利根川)、埼玉の長瀞(荒川)、そして東京都の奥多摩エリア(多摩川)です。その中でも奥多摩エリアの多摩川渓谷は、夏の時期水が少ないみなかみ町などと比較しても、年間を通じて水量が安定していて、流れも適度にエキサイティングなので近年ラフティングで一番ホットなエリアです。 クルーソーはまず、アクセスの良さが自慢。当社は東京都心から電車で気軽に行けるから、朝早くから渋滞に巻き込まれて奥多摩に着いてスタートの時にはクタクタ…なんて心配はいりません。また、青梅線の駅から徒歩5分なのでガイド会社に電話して送迎してもらったりする煩わしさもナシ。ラフティング後もBBQをツアーオプションに選べるので、BBQとキンキンに冷えたビールをグイッと飲んだり、渋滞ナシでラクラク帰宅できるなど、いいこと尽くめ!しかも、クルマで10分ほどかかるBBQ会場へもクルーソー・ラフティングは無料送迎サービスを行っているので安心です。
55a35869 fedb 4a61 842a ad7cd1075b84
木々の葉が色づく頃の青梅で微生物の発酵を活用した【藍染め体験】、江戸時代と同じ天然の藍草を原料に、江戸時代と同じ方法(灰汁発酵建)でバンダナを藍染めをします。 工房長のに「色」「染め物の歴史」などの特別授業していただきます。 ★藍染め体験 http://www.kosoen-tennenai.com/藍染体験/ 青梅は昭和レトロ街、藍染めの会場まで街の散策と紅葉を観ながら【紅葉観ウォーキング】。 昭和レトロの街青梅で2つの体験をしませんか? ★昭和レトロの街青梅  http://matome.naver.jp/odai/2138742186094304801 会場  藍染工房 壺草苑     東京都青梅市長渕8-200 Web  http://www.kosoen-tennenai.com/ 電話  0428-24-8121 問合わせ 醗酵食専門カフェ 釀(かもし)カフェ     杉並区西荻北4ー35ー6 カーサ藤江1階 電 話 03-6913-5888   e-mail kamoshicafe.mail@kf7.so-net.ne.jp 開催日 2018年11月23日(金祝) 時 間 13:00〜17:00 定 員 10名位 会 費 5,000円(バンダナの藍染め体験費用、工房長の特別授業、        ウォーキング参加費用) 持ち物 動きやすい汚れても良い服装・タオル なお、工房長の特別授業は10名参加前提で開催されます。 Facebookで参加予定を押されても、正式参加にはなりませんのでご注意下さい。参加申請のコメントを投稿いただいて、こちらから承諾のご案内コメントで正式申し込み完了といたします。 まちがいが多いため、多少お手間をおかけいたしますが、承諾下さい。 【キャンセル・ポリシー】参加当日から7日前までのキャンセルと当日連絡無しでの欠席はキャンセル料として会費の全額を承ります。
787ee220 fcfc 4ff5 909f 83714bbd90c4
1300年あまりの古い歴史を誇る塩船観音寺は、茅葺き切妻造りの仁王門阿弥陀堂、観音堂などはいずれも室町時代の建造物で、国の重要文化財にも指定されている。また「花の寺」としても有名で、とくに本堂裏手の小高い丘一面に咲き乱れるつつじが素晴らしい。見られるのはミツバつつじ、オオムラサキ、クルメつつじ、キリシマつつじ、ヤマつつじなど園芸品種も含めて約10種類、約1万7千株が早咲き、中咲き、遅咲きと順に開く。朱色、紅色、薄ピンクに紫、白色など、グラデーションがかった色とりどりのつつじ山は「美しい」というより「艶やか」が相応しく、じつに壮観な眺めである。このつつじは寺役員会が、1960年代半ば、寺おこしとして「参詣と文化財、さらに観光の要素を」と花を植えることを考え、苗木を植えたのが始まり。 「塩船」の名は、天平年間(729年〜749年)に高僧の行基が諸国を巡る途中に立ち寄り、「周囲が小高い丘に囲まれて船の形に似ている」ところから、「仏があらゆる生き物を救おうとする大きな願いの船である”弘誓の船”」になぞらえて、この地を「塩船」と名付けたいう。つつじの他にも引き続きあじさい、ショウブが楽しめ、秋にはコスモスも咲く。