東京都小金井市のよりみち案内

日付指定

日付を指定する
B2c8e417 54b0 4658 90e5 407ae5585e9e
46d79de6 49d4 4646 a676 9464147fb79d
C472983c 45dd 44ac bd1b 7b0b79641f48
都立小金井公園内にある江戸東京たてもの園は、平成5年(1993年)に江戸東京博物館の分館として設立されました。江戸東京たてもの園では都内に存在した江戸時代前期から戦後までの文化的価値の高い建造物を復元・展示すると共に、建物の内部では当時の暮らしや商売の道具・商品などを展示し、それぞれの時代の生活の様子を再現しています。 園内は3つのゾーンに分けられ、西ゾーンは武蔵野の農家と山の手の住宅、センターゾーンは格式ある歴史的建造物が並び、東ゾーンは下町の町並みが再現されています。約7haの広大な敷地内には魅力的な展示がたくさんあります。見どころをあげればキリがありませんが、東ゾーンの「子宝湯」は、人気スポットの一つ。「千と千尋の神隠し」に出てくる銭湯のモデルとなっていて、街並みを歩くだけでタイムスリップした様な気分を味わえます。 園内をあちこち歩いて疲れたら、カフェやお食事で休憩しましょう。東ゾーンの下町中通りには店蔵型休憩棟があり、2階はお食事処になっています。また、西ゾーンにある復元建造物「デ・ラランデ邸」の邸内とテラスではカフェの利用や食事ができるようになっています。
A70c45f7 42cd 4d52 a4f2 77b951d9b0f5
あの時代へ 真冬の江戸東京たてもの園 鉄分たっぷりのほうじ茶です。 囲炉裏への温まりと空間が、 昔の雰囲気を漂わせてました。
3.0
by 磯野宏樹
2019年1月27日

A92c7218 e6ab 4942 9c5f a397eca06dc6
7e7baa5a 7cc5 41d2 8bae 1c9cf85ae019
86592b1e 841a 470a ba65 e1bf176b0547
東京都小金井市、小平市、西東京市、武蔵野市にまたがる、都立小金井公園。敷地面積は約80haと都立公園の中でも最大規模で、日比谷公園の4.9倍、上野公園の1.5倍にあたります。公園内には6箇所の広い芝生広場、コナラ、クヌギ、アカマツなどで構成された16haの雑木林、桜の園、子どもの広場、SL(C57)展示、16面のテニスコートなどがあり、誰もが楽しめるお出かけスポットになっています。 小金井公園は「日本さくら名所100選」にも選ばれた、お花見の名所としても有名です。園内には、ヤマザクラ、サトザクラ、ソメイヨシノなどのサクラが約1,700本植えられ、そのうち「桜の園」(2.9ha)では430本が一か月にわたり春を彩ります。また、隣接する玉川上水の堤のサクラ並木はヤマザクラが中心で、当初は元文~寛保年間(1736~1744年)八代将軍徳川吉宗の時代に植えられました。大正13年(1924年)、小金井の桜は国の名勝に指定されています。 その他、園内には広々としたバーベキュー広場やドッグラン、弓道場などもあり、また雑木林を中心に、四季を通じ多くの野鳥が飛来するためバードウォッチングにも最適です。四季折々の草花を鑑賞したり、スポーツで体を動かしたり、バーベキューを楽しんだりと様々な楽しみ方ができます。
638bdfdf d481 4ff4 bfb8 534f8ec86393
梅まつり 小金井公園では毎年初春、たくさんの梅の木の花が咲くころ梅まつりがあります。
4.5
by きーやんBronze公園
2019年5月13日