神奈川県川崎市川崎区のよりみち案内

日付指定

日付を指定する
8ce21633 2799 4cc5 bfbd 0fbe2e198a7e
E75b59d5 8623 40c8 a63a 0551952925aa
D0d89a72 9726 495e 897b 34a5f21bc98a
大治3年(1128年)に建立された、真言宗智山派の大本山である川崎大師は、もろもろの災厄を消除する厄除大師として「厄除けのお大師様」として親しまれています。川崎大師は初詣の参拝者数が全国3位という人気の寺院で、年間を通しても多くの参拝客や観光客が訪れます。 広い敷地内にはメインとなる大本堂の他にも見どころがたくさん。同じ敷地内には、中心地点に大きくそびえ立つ「八角五重塔」や大晦日には除夜の鐘が鳴らされる「鐘楼堂」、大きな「つるの池」に架かる「やすらぎ橋」や、神々しく輝く「降魔成道釈迦如来像」などがあります。また、初詣の時期以外にも年間を通して行事がおこなわれ、なかでも7月に開催される風鈴市では47都道府県から900種類、3万個の風鈴が集められ、夏の風物詩として親しまれています。 また、川崎大師の手前にある約150m続く仲見世通りには、名物の久寿餅(くずもち)のほか、ご利益にちなんだ和菓子や唐揚げ、お土産などが売られています。
User default image
新年入口はこちら(1月中旬でもOK!) ちょっと遅めの初詣で川崎大師へ。駅から参道、そして境内への道は1月中旬と言えどまだまだとても賑やかで、晴れ晴れとした気持ちで新年のお参りをすることができました。
5.0
by ポソ
2019年1月19日