神奈川県相模原市中央区のよりみち案内

日付指定

日付を指定する
29d05069 d0a1 4644 9dbd 609ab633498c
D8d1d259 76e4 4977 9fec 816b083e39e4
33cb4e6d 1b6b 43b3 88f6 f2ac1d3962d4
鹿沼公園はテニスコート・野球場がある西側のスポーツ施設エリアと東側の交通公園エリアに分かれています。公園内にはアジサイや桜に囲まれた白鳥池があり、四季折々の景観がとても綺麗です。 交通公園エリアは無料でレンタルできるゴーカート、ミニカート、自転車、豆自動車に乗って、信号機のついた道路を走れます。遊びながら交通ルールを身につけることができる貴重なスポットです。
72dd0df0 4d21 49e0 b508 bb97bc92a961
「俺のフェアレディZで風を感じてみないかい?」 「じゃぁそこの綱ひっぱてぇ~」(笑) ※※※※※※※※※※ 公道を再現した交通公園です。時間交代制で乗り物に乗れます。 私も子供の頃、運転席からの景色が「お父さん(ほんとに運転してる)みたい♪」ってわくわく嬉しかったぁ。 そして、うちの子は「自転車に乗れるようになったら鹿沼公園に行こうね♪」と言って自転車練習してました。 自転車の乗り方を教えるだけで終わってしまうのではなく、道路にはルールがあることを楽しく体験させてやれる公園…貴重です。それが相模原にあることが嬉しい。
3.0
by アップルヘッドTop userパン
2017年12月13日

B10b0e14 70a6 4b75 a446 d3b1d568c8a0
373fb406 bdfe 46ed b40d cb5ea6de7afb
08418f7d 8cf6 4c7e b235 a1921adfdd3c
平成26年(2014年)3月26日にリニューアルオープンした「相模川ふれあい科学館 アクアリウムさがみはら」は、淡水魚や両生類・水生昆虫等の飼育展示のほか、人と川とのつながりや環境保護、人々の交流の促進を目的とした施設です。水上に浮かんでいるような特徴的なデザインの建物は、かながわの建築物100選のひとつにも選ばれています。館内には、相模川の生き物や流域の魅力を映像と長さ40mの巨大水槽で紹介する「川ゾーン」、360度から生態観察ができるドーナツ型水槽のある「生命ゾーン」、水田の役割や魚道の種類、魚を守るための取り組みなどをパネルやクイズで紹介する「人ゾーン」などがあり、そのほかイベントやミニトークなどが行われています。人気のアクティビティは、1日400人限定の川魚への「餌付け体験」。直接水槽に手を入れて餌やりができ、ふだん警戒心が強く近くに寄ってこない川魚が集まってきて、エサをねだる様子を観察できます。 そのほか「相模川ふれあい科学館 アクアリウムさがみはら」では期間限定のワークショップや、最新のトピックスや旬のネタをテーマとする特別企画展を開催しており、何度行っても楽しめるイベントが盛りだくさんのスポットです。
72dd0df0 4d21 49e0 b508 bb97bc92a961
ここから歩いてすぐに相模川があります。その相模川の上流、中流、下流の様子表現した水槽展示で川や淡水魚のことを学べる小さな小さな水族館です。 お出掛けはイベント開催日に合わせると良いですよ。
3.0
by アップルヘッドTop userパン
2017年12月26日