神奈川県鎌倉市のよりみち案内

日付指定

日付を指定する
80890b83 4f39 4882 b7ed 657aa22abae9
8b3201a3 3e3f 466a baaa 10ea5447baff
2b2e6316 cb38 4a1e a284 3ab32f4d350b
神奈川県鎌倉市の鶴岡八幡宮。 1063年(康平6年)源頼義が奥州平定後、源氏の氏神京都の石清水八幡宮を由比ヶ浜辺にお祀りしたのが始まりです。その後、1191年(建久2年)源頼義は鎌倉幕府の宗社にふさわしく上下両宮の現在の姿に整えたと言われています。
A9f7fcf5 7225 46df 9304 d78fdab42917
希望の花 春の始まりを見つけました。
4.0
by 白猫Bronze名所
2019年3月10日
鶴岡八幡宮の紅葉
11月下旬~12月上旬
神奈川県鎌倉市にある鶴岡八幡宮は、神奈川県鎌倉市雪ノ下にある神社で、別称として鎌倉八幡宮とも呼ばれています。武家源氏、鎌倉武士の守護神。鎌倉初代将軍源頼朝ゆかりの神社として全国の八幡社の中では関東界隈で知名度が高く、境内は国の史跡に指定されています。本宮に向かって右手にある柳原神池と、鎌倉国宝館前が紅葉の見所で、例年11月下旬から12月上旬に見頃を迎えます。
鶴岡八幡宮の冬ボタン
1月初旬〜2月下旬
康平6年(1063年)源頼義が京都の石清水八幡宮を勧請して、由比ガ浜付近に祀ったのを起源とするのが鶴岡八幡宮。治承4年(1180)鎌倉に入った源頼朝が現在の場所に移したが、建久2年(1191年)火災により焼失。翌年社殿を建て直し、現在の鶴岡八幡宮となった。境内にある源氏・平家の両池に咲く白蓮、紅蓮の美しさもさることながら、池のほとりを半周する池泉回遊式の「神苑ぼたん庭園」が春と冬、華麗な花模様を展開する。創建800年を記念して造られた庭園で、春ボタンが約20〜30種、約200〜300株、冬ボタンが約200株が植えられている。
9d01d9d5 1e11 4f4e 8408 34fd9d245a11
鶴岡八幡宮の桜
3月下旬〜4月上旬
国の史跡に指定されている鶴岡八幡宮。鎌倉八幡宮とも呼ばれ、境内にはソメイヨシノ、ヤエザクラなどの「源平池」の桜が植えられています。「源氏池」の周りを囲むように咲く桜が水面に映り、美しさを一層引き立てます。明治時代まで何も植えられていませんでしたが、現在は「日本の桜名所100」にも選ばれている桜の参道があるのも特徴的です。参道の「段葛」を通り境内に入ったら、ぜひ「源平池」に足を運んでみて下さい。薄ピンク色の桜と朱色の橋のコントラストが美しく、まるで日本画を見ているかのような気持ちになれますよ。また、「白旗神社」や「旗上弁財天社」からは大島桜などが咲き誇る桜景色が楽しめるそうです。
C5fbd016 63b8 41b8 8da2 32e4cace0558
鶴岡八幡宮の牡丹
4月中旬〜5月中旬
康平6年(1063年)源頼義が京都の石清水八幡宮を勧請して、由比ガ浜付近に祀ったのを起源とするのが鶴岡八幡宮。治承4年(1180)鎌倉に入った源頼朝が現在の場所に移したが、建久2年(1191年)火災により焼失。翌年社殿を建て直し、現在の鶴岡八幡宮となった。境内にある源氏・平家の両池に咲く白蓮、紅蓮の美しさもさることながら、池のほとりを半周する池泉回遊式の「神苑ぼたん庭園」が春と冬、華麗な花模様を展開する。創建800年を記念して造られた庭園で、春ボタンが約20〜30種、約200〜300株、冬ボタンが約200株が植えられている。
Aafb97eb 72f6 4697 97ed 45cb30c21283
関連記事あり
鎌倉七福神サイクリングツアー!ガイドと一緒に鎌倉・湘南をサイクリング♪
77bf6c79 ed9f 4e6e a23e 1348efc283c4
関連記事あり
【2019 全国 初詣ランキング】おすすめ10選
2a78e4f4 f578 46dc 978b 44469ece4f75
関連記事あり
【2019 関東 初詣ランキング】おすすめ19選
69ecc481 e9e0 4637 a03c 71da65b146a9
関連記事あり
【鎌倉 観光】おすすめ35選!長谷寺に大仏、スラムダンクの聖地まで!
5d9c8a12 02f0 4aef b01a e80872d9d82c

Dce12a61 b845 4dbd 880d 607c289ac5eb
55dd1a22 1fe7 47cc 9f23 1ae94f31e0cc
59c9746f b745 4433 9b6b ff9a6c105046
鎌倉観光において、鎌倉の大仏と並ぶ有名な観光スポットでもある「長谷寺」。長谷寺の創建は8世紀、中臣鎌足の孫の藤原房前によって、十一面観音像を本尊として創建されたといわれています。長谷寺は四季を通じて様々な花が見られることから「鎌倉の西方極楽浄土」と称されます。 境内には、鎌倉の海と街並みが一望できる「見晴台」、傾斜地を利用した「眺望散策路」があり、鎌倉でも有数の景勝地です。最奥にある「見晴台」と「眺望散策路」の周辺、長谷寺の経蔵(輪蔵)の背後にある斜面に植えられたあじさいは、40種以上約2,500株の多様な品種のあじさいが群生しており、「アジサイの小径(こみち)」として散策も楽しめます。あじさいの時期は休日だけでなく平日も込み合うのが長谷寺ですが、鎌倉を訪れた際にはぜひよりたい必須の名所です。
User default image
鎌倉の長谷寺のあじさいは印象的でした。
4.0
by おとのすけ
2018年7月22日

D43326bd c411 45cd a0be 340453e67f0e
836065c5 af27 4f13 94e0 9e0c2f4185b2
71efd9c8 9750 493f a202 b262f98d362d
神奈川県鎌倉市にある寺院。1160年創建の明月庵を起源とする寺で、境内全域が国指定の史跡となっています。鎌倉で最大級の大きさを誇るやぐらや、北条時頼の墓と伝わる宝篋印塔など、歴史的に貴重な見どころが多い寺院です。明月院は、紫陽花の名所としても有名で、「紫陽花寺」とも呼ばれて親しまれています。澄んだ青色が特徴的な日本古来の品種「ヒメアジサイ」が主に植えられ、「明月院ブルー」と称される約2,500株の紫陽花を見るために多くの人で賑わいます。開花時期は例年5月下旬〜7月上旬。6月中旬頃から下旬にかけて最盛期を迎え、参道を埋めつくすように咲き誇る様子は息を飲む美しさです。
Bee83bf9 bd65 4cf6 93b5 574490eb066c
明月院のあじさい。ステキな色でした。
5.0
by 岳人
2018年6月23日

F1fbce0e 2975 4c66 866c f97a2adaa95f
01e8b9d6 1fc9 4971 9802 dbb8b5b974e3
9b707bd9 aeb7 4fd5 a103 02e8851850c5
JR横須賀線「北鎌倉駅」を降りてすぐ、鎌倉散歩の入り口ともなっている円覚寺。広大な境内は静かで、落ち着いた雰囲気に包まれています。南北に広がる境内には、御本尊の宝冠釈迦如来像を祀る仏殿や、北条時宗の廟所でもある仏日庵などの塔頭寺院、三つの解脱の象徴とされる迫力ある三門(山門)など見どころが多くあります。円覚寺は、鎌倉時代後半、北条時宗が中国から無学祖元禅師を招いて創建したもの。時宗公は若くして執権職につき、 不安な武家政治の中で無学祖元禅師の教えを心の支えとし、深く禅宗に帰依したといいます。 円覚寺では毎週土曜日と毎月第2・第4日曜日に座禅会を開催しています。禅の思想や座禅に興味がある方は、気軽に参加してみてください。
5dd81281 6a70 4edc 9bf3 b353e84b2b55
円覚寺 佛日庵 晴れたいい1日でした。
3.0
by ピカBronze名所
2018年10月18日