神奈川県小田原市のよりみち案内

日付指定

日付を指定する
7bba6294 9e33 4eed 87cd 26a50af55477
78da46cf cbd8 4ebe 9b4b c5d72fbc27fc
87d0a6cb dc60 4e0b 9d03 73b910c8f488
戦国時代北条氏の居城であった小田原城。戦上手と言われた上杉謙信や武田信玄の攻撃にも耐えた難攻不落の堅城として知られています。しかし、天正18年(1590)、石垣山一夜城の築城をはじめとする豊臣秀吉の小田原攻めにより小田原城は落城。領土は徳川家康に与えられ、徳川家家臣の大久保忠世が城主として統治することになります。その後、お城は稲葉氏の大改修よって近世城郭に生まれ変わります。 大手門跡(三の丸。現在は鐘楼がある)から復元された馬出門、馬屋曲輪、銅門、二の丸、常盤木門、本丸を歩いてみると近世小田原城の全容を知ることができます。 小田原城は、豊臣秀吉の小田原攻めからの防衛として八幡山から海側まで小田原の町全体を約9kmの土塁と空堀で取り囲んだ広大な総構えを築いていましたが、現在でも八幡山古郭東曲輪、小峯御鐘ノ台の大堀切、土塁などが残っています。
User default image
ふたつの小田原城 小田原城は色々なイベントがあり楽しめます
5.0
by Meg38Top userチューリップ
2018年6月17日

C5f76908 437f 4df7 b617 1e5d25c4d1c0
D7720dd8 cc96 4ce9 891f 886b68b0c312
8f075aab dc67 43a4 a8a9 d30ffca59c04
小田原こどもの森公園わんぱくらんどは、遊びに熱中できる感動と発見の公園です。公園内には、子どもたちに大人気の大型遊具が多数あり、動物たちと身近に触れ合えるふれあい広場や、スリル満点の長さ67mの吊り橋など魅力的な遊び場が満載です。また、見晴らしの丘からは、小田原市を見下ろす美しい景色が望めます。 「ターザン広場」では小学生くらいの子どもたちを対象としたアスレチックが楽しめます。高さが10メートルにもなる「木登りネット」は別名「スパイダーネット」と呼ばれ、登りきった頂上からの眺めはバツグン。ほかにも全長44メートルの「ローラー滑り台」や長さ20メートルの「ターザンロープ」はスリル満点です。 ふれあい広場ではヤギ・ヒツジへのえさやりを体験できたり、芝滑りなどもあるので大人も子供も全力で遊ぶことができます。入場料も無料で利用したいところだけ必要な料金を払えばいいので、気軽に訪れることができますよね。また、夏には「うなぎ沢」自然の沢水を利用した水遊び場もあるので、子供たちの水遊びにおすすめ。 夏におすすめな期間限定のイベントが、大きな虫かごのような「カブトムシハウス」です。このカブトムシハウスの中に入って、カブトムシとの触れ合いを楽しめる他であまり見ないおもしろい企画です。

68184a29 2d43 4f28 826b 62bd3432bf5d
C915a91c d7d9 4a62 a8b0 260cc5d88251
Spot noimage
「豊かなライフスタイルを築く楽しい花園づくり」を目指し、「花と緑の生活文化の創造」をメインテーマに平成7年にオープンしたのが小田原フラワーガーデン。約2haの敷地がある渓流の梅園は、約200品種480本の早咲きから遅咲きまでの紅梅、白梅が植栽されている。梅林に築山式園地となっているので、天気の良い日には丹沢の山並みも望むこともできる。芝生地になっているので、シートを敷いて横になって観梅することもできる。また、メイン施設である「トロピカルドーム温室」は、各種の熱帯植物を楽しめるほか、花菖蒲、約145品種345本のバラ、あじさいなど季節を通して花と緑に親しむことができる。花の開花に合わせ各種のイベントも開催される。