To top

わかはく講座「古文書の花押と家印」

ワカハクコウザコモンジョノカオウトイエジルシ
2月18日(日) 13:30〜15:00

福井県小浜市遠敷2丁目104 福井県立若狭歴史博物館

イベントセミナー・講演シニア
このイベントは終了しました

古文書にみえる花押と家印、その意味とは?

近年の調査成果をもとに、古文書に記された花押(サイン)と家印について解説する。講師:大河内勇介氏(福井県文化振興課学芸員)※申込不要

施設・イベント主催者さまへ

ロコナビに投稿して情報を充実させませんか?

まだ「みんなの投稿」はありません。
初投稿者はこのページに記録が残ります
投稿する

イベント情報

開催場所

〒917-0241 福井県小浜市遠敷2丁目104 福井県立若狭歴史博物館

開催時間

2月18日(日) 13:30〜15:00

利用料金

無料
聴講無料 ※当日は家庭の日のため、常設展・企画展・テーマ展の見学も無料

アクセス

車:
舞鶴若狭自動車道 小浜ICより約2km(約5分)

公共交通:
JR小浜線東小浜下車徒歩7分

駐車場

あり
60台

無料

ウェブサイト

http://wakahaku.pref.fukui.lg.jp/

その他

この講座は、福井ライフアカデミー連携事業

お問い合わせ

0770-56-0525
※この施設情報に誤りがある場合はこちらよりご連絡下さい。

わかはく講座「古文書の花押と家印」に関連するテーマ