To top

ルーヴル美術館展 肖像芸術-人は人をどう表現してきたか

ルーヴルビジュツカンテンショウゾウゲイジュツヒトハヒトヲドウヒョウゲンシテキタカ
5月30日(水)〜9月3日(月) 10:00〜18:00

東京都港区六本木7-22-2 国立新美術館(東京・六本木)企画展示室1E

イベント展覧会 女子デートシニア

肖像の傑作が集結。ルーヴルの顔が来日。

人の似姿を描出する肖像芸術は、古代以来の長い歴史をもつ芸術ジャンル。今回は、肖像芸術の社会的役割や表現上の様々な特質を、ルーヴル美術館の全8部門の代表的作例を通じて浮き彫りにする。3000年以上も前のエジプトの棺用マスクから、ルイ14世やナポレオンなどの君主像、華麗な女性や愛らしい子どもたちの肖像まで、肖像芸術の魅力を堪能しよう。

施設・イベント主催者さまへ

ロコナビに投稿して情報を充実させませんか?

まだ「みんなの投稿」はありません。
初投稿者はこのページに記録が残ります
投稿する

イベント情報

開催場所

〒106-0032 東京都港区六本木7-22-2 国立新美術館(東京・六本木)企画展示室1E

開催時間

5月30日(水)〜9月3日(月) 10:00〜18:00

開催日時詳細

金・土曜日は、5・6月は20:00まで、7・8・9月は21:00まで。入場は閉館時間の30分前まで。毎週火曜日は休館のため開催なし(8/14は開館)。

利用料金

有料
早割チケット(2/8~3/9):1,000円/前売券(3/10~5/29)一般:1,400円、大学生:1,000円、高校生:600円、中学生以下:無料

アクセス

公共交通:
都営大江戸線六本木駅7出口から徒歩約4分

駐車場

周辺に有料駐車場あり

ウェブサイト

http://www.ntv.co.jp/louvre2018/

お問い合わせ

03-5777-8600
※この施設情報に誤りがある場合はこちらよりご連絡下さい。

ルーヴル美術館展 肖像芸術-人は人をどう表現してきたかに関連するテーマ