To top

明治時代の大相撲

メイジジダイノオオズモウ
1月4日(木)〜2月16日(金) 10:00〜16:30

東京都墨田区横網1-3-28 国技館1F 相撲博物館

イベント展覧会
このイベントは終了しました

明治時代の相撲について振り返ろう

明治維新によって新しい時代を迎える中、前代の遺物とされた大相撲に対する視線は、厳しいものだった。そんななか人気を回復していくきっかけとなったのが、明治天皇による天覧相撲であり、大相撲を支えた名力士たちだった。今回は、梅ケ谷(初代)や常陸山など、明治時代を代表する名力士に関する資料が並ぶ。江戸時代に興行として確立した大相撲は、明治になると制度が整備されていく。明治時代の大相撲について知る機会となる。

施設・イベント主催者さまへ

ロコナビに投稿して情報を充実させませんか?

まだ「みんなの投稿」はありません。
初投稿者はこのページに記録が残ります
投稿する

イベント情報

開催場所

〒130-0015 東京都墨田区横網1-3-28 国技館1F 相撲博物館

開催時間

1月4日(木)〜2月16日(金) 10:00〜16:30

開催日時詳細

会期中の休館日は1月6日(土)・7日(日)・8日(月・祝)、2月3日(土)・12日(月・祝)

利用料金

無料
1月14日(日)~28日(日)は大相撲一月場所、2月4日(日)は朝赤龍引退相撲、2月10日(土)はNHK福祉大相撲、2月11日(日・祝)は日本大相撲トーナメントの観覧券が必要

アクセス

公共交通:
JR総武線「両国」駅西口より徒歩1分

ウェブサイト

http://www.sumo.or.jp/KokugikanSumoMuseum

その他

1月13日(土)の14時から展示解説あり

お問い合わせ

03-3622-0366
※この施設情報に誤りがある場合はこちらよりご連絡下さい。

明治時代の大相撲に関連するテーマ