To top

明治150年関連施策特別展 日本近代紙幣の礎となった男たち-明治150年 印刷局はじまりの物語-

メイジ150ネンカンレンシサクトクベツテンニホンキンダイシヘイノイシズエトナッタオトコタチメイジ150ネンインサツキョクハジマリノモノガタリ
2017年12月19日(火)〜2018年3月4日(日) 09:30〜17:00

東京都北区王子1-6-1 お札と切手の博物館

子供体験イベント展示女子デートシニア

印刷局の歴史の1ページを紐解く

国立印刷局は、明治4(1871)年の創設以来、日本のお札づくりに携わってきた。その立役者となったのが「日本近代紙幣の父」と称されたお雇い外国人キヨッソーネと初代印刷局長得能良介。この二人の事績を中心に、印刷局における当時の業務について紹介する。また、関連イベントとして、お札の印刷方式「凹版印刷」を体験する期間限定のコーナーや明治時代をイメージした記念撮影コーナー等を設置する。

施設・イベント主催者さまへ

ロコナビに投稿して情報を充実させませんか?

まだ「みんなの投稿」はありません。
初投稿者はこのページに記録が残ります
投稿する

イベント情報

開催場所

〒114-0002 東京都北区王子1-6-1 お札と切手の博物館

開催時間

2017年12月19日(火)〜2018年3月4日(日) 09:30〜17:00

開催日時詳細

月曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始(12/29~1/3)、1月14日(日)、2月11日(日)

利用料金

無料

アクセス

公共交通:
JR京浜東北線王子駅より徒歩3分

ウェブサイト

http://www.npb.go.jp/ja/museum/

その他

「凹版印刷」体験は、会期中の金・土・日・祝日 (休館日を除く)、混雑時は早めに受付終了の場合あり

お問い合わせ

03-5390-5194
※この施設情報に誤りがある場合はこちらよりご連絡下さい。

明治150年関連施策特別展 日本近代紙幣の礎となった男たち-明治150年 印刷局はじまりの物語-に関連するテーマ