Banner
To top

冬の企画展「昔の大牟田は海だった」

フユノキカクテンムカシノオオムタハウミダッタ
2018年1月23日(火)〜2018年3月4日(日) 09:30〜17:00

福岡県大牟田市岬町6-23 大牟田市石炭産業科学館 企画展示室

子供イベント展示シニア
このイベントは終了しました

化石を通じて読み解く4千万年前の大牟田

今から約4千万年前は、現在の日本列島が陸化し始めながらも浅い海が広がっていた。また、三池炭田のもととなった植物がしげっていた時代でもあった。その時代の環境を(化石収集家であった)野田栄さんから寄贈された化石コレクションを通じて紹介する。

施設・イベント主催者さまへ

ロコナビに投稿して情報を充実させませんか?

まだ「みんなの投稿」はありません。
初投稿者はこのページに記録が残ります

イベント情報

開催場所

〒836-0037 福岡県大牟田市岬町6-23 大牟田市石炭産業科学館 企画展示室

開催時間

2018年1月23日(火)〜2018年3月4日(日) 09:30〜17:00

開催日時詳細

休館日:毎月最終月曜日(1/29、2/26)

利用料金

無料
作品展示してある企画展示室のみの観覧は無料。別に常設展示室見学のときは有料 ※通常営業日入館料(常設展示室入場):大人410円 こども(4歳~中学生)200円

アクセス

車:
九州自動車道「南関」ICから約25分

公共交通:
大牟田駅西口より、イオンモール行バス乗車、終点下車徒歩8分

駐車場

あり
30台

駐車無料

ウェブサイト

http://www.sekitan-omuta.jp/topic/index.html

お問い合わせ

0944-53-2377
※この施設情報に誤りがある場合はこちらよりご連絡下さい。

冬の企画展「昔の大牟田は海だった」に関連するテーマ