Banner
To top

企画展「魂のモノ語り シベリア抑留展」

キカクテンタマシイノモノガタリシベリアヨクリュウテン
3月3日(土)〜6月3日(日) 09:30〜17:30

東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル33F 平和祈念展示資料館 企画展示コーナー

イベント展示

生きるために何でも作った

敗戦後にシベリアに抑留された日本人は、飢えと寒さと過酷な労働と闘いながら、日本に帰るのだという希望をつなぐために食器や衣類、パイプ、娯楽用品などさまざまなモノを作った。今回の企画展では、生きて日本に帰るという強い意志のもとで、抑留者たちがいかに多くの物を作ったか、それらを一堂に集めて紹介する。シベリアの極限状態の中で抑留者たちが作り上げた生きるための作品の数々を見ることができる。

施設・イベント主催者さまへ

ロコナビに投稿して情報を充実させませんか?

まだ「みんなの投稿」はありません。
初投稿者はこのページに記録が残ります

イベント情報

開催場所

〒160-0023 東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル33F 平和祈念展示資料館 企画展示コーナー

開催時間

3月3日(土)〜6月3日(日) 09:30〜17:30

開催日時詳細

休館日は毎週月曜日(ただし3月5日、4月30日は開館、5月1日が休館)

利用料金

無料

アクセス

公共交通:
「都庁前」駅より徒歩 約3分、「西新宿」駅より徒歩 約7分、「新宿」駅西口より徒歩 約10分

ウェブサイト

http://www.heiwakinen.jp/event_insite/20180118-2152.html

お問い合わせ

03-5323-8709
※この施設情報に誤りがある場合はこちらよりご連絡下さい。

企画展「魂のモノ語り シベリア抑留展」に関連するテーマ