ロコナビ花の名所【2022年】

菖蒲の名所・見頃情報

B6a437ba ea65 4642 81f4 615474cc9002

梅雨から初夏にかけて見頃を迎える菖蒲。花言葉の「優雅」を象徴するように垂れ下がるように咲く姿はまるで絵画のよう。白・紫など上品な色味が特徴です。見頃は梅雨ですので、雨が降ってもよく映えます。中でも代表的なハナショウブは、色が多様で、紫や紅紫の花を咲かせます。関東には一箇所で150万株が一斉に咲く名所もあり、その姿は圧巻です。梅雨の時期は家に引きこもりがちになりますが、この時期しか見れない菖蒲を見にお出かけするのもいいですね。

徳川園の花菖蒲

愛知県名古屋市東区徳川町1001 菖蒲田
5月下旬〜6月上旬
7526f23a 828d 4706 b5c1 de9d74a5835e

初立池公園の菖蒲

愛知県田原市堀切町 初立池公園
5月下旬〜6月上旬
57fece1a cf84 4625 b8fc a11a5b0ec965

城北浄化センターの花菖蒲

静岡県静岡市葵区加藤島1−1 城北浄化センター
5月下旬〜6月上旬
40cfcd69 b8f9 427f 9805 e4daf311e39d

椛島菖蒲園の花菖蒲

福岡県柳川市本町74-5
5月下旬~6月上旬
福岡県柳川市の観光といえば、「掘割(ほりわり)」と呼ばれる縦横に走る水路を「どんこ舟」で巡る「川下り(お堀めぐり)」。この川下りコース沿いにあるのが「椛島菖蒲園」です。 管理をされている椛島さんが、お客様に楽しんでいただけるよう丁寧に手入れをされているそうで、椛島菖蒲園では約20種3万本の紫・白・黄色の花菖蒲が咲き乱れます。
Eb4f8432 43df 4285 844a 923316b87c6d

梅宮大社の花菖蒲

京都府京都市右京区梅津フケノ川町30 梅宮大社
5月下旬~6月上旬
京都市右京区にあり奈良時代建立の「梅宮大社(うめのみやたいしゃ)」は、隠れた花の名所としても知られ、初夏には花菖蒲・スイレン・あじさいなどが楽しめます。梅宮大社の北神苑にある勾玉池の周りで咲く鮮やかな花菖蒲の景観は見事です。
B7690c88 0f23 44c2 baf3 967332a9b1de

高瀬裏川の花菖蒲

熊本県玉名市高瀬
5月下旬~6月上旬
熊本県玉名市の「高瀬裏川」の一帯は、1980年に国土庁が行った水際緑化モデル地区としての指定を受け整備された、市民の憩いの場。 6万6,000本の花菖蒲が見頃を迎える5月下旬~6月上旬頃には「高瀬裏川しょうぶまつり」が催され、夜間にはライトアップも。シーズン中の高瀬裏川沿いの道では数十本もの矢旗が掲げられ風にはためき、情緒ある花菖蒲の名所となります。
3ca699b9 8de7 414c ac32 bcf8202b4334

城北菖蒲園

大阪府大阪市旭区生江3-29-1 城北菖蒲園
5月中旬〜6月中旬
大阪府大阪市の城北菖蒲園。毎年5月中旬から6月中旬になると、園内では、江戸系、伊勢系、肥後系の3系統、約250品種、13,000株の菖蒲が鮮やかな花を咲かせます。

九華公園の花菖蒲

三重県桑名市吉之丸5−1 九華公園
5月下旬〜6月中旬
三重県桑名市の九華公園。徳川家の徳川四天王とも言われた本多忠勝の居城であった桑名城の本丸跡と二の丸跡につくられた公園です。広さ約7.2ヘクタールの公園内には、3つの菖蒲園が設けられており、毎年5月下旬から6月中旬にかけて約4,000株の花菖蒲(伊勢系、肥後系、江戸系)が咲き誇ります。
6be320d9 febe 424e b582 cb6b20dadc60

賀茂しょうぶ園の花菖蒲

愛知県豊橋市賀茂町鎌田 賀茂しょうぶ園
5月下旬~6月中旬
愛知県豊橋市の賀茂しょうぶ園。賀茂神社の入り口にしょうぶ園が設置されています。賀茂しょうぶ園は、観光開発事業として昭和45年に開園し、昭和63年にはしょうぶ園の拡張、設備の拡充が行われました。しょうぶ園の面積は約3,700平方メートル、江戸系、伊勢系、肥後系の3系統の約300種、37,000株の花しょうぶが植えられています。毎年5月下旬から6月中旬にかけて色鮮やかな花しょうぶが辺り一面を華やかに飾ります。また、6月上旬から中旬にかけて園内では「花しょうぶまつり」が開催。毎年、多くの人で賑わいます。
50e1f884 646d 4796 99dd fc8f8279c07a

油ヶ渕 花しょうぶ園

愛知県碧南市油渕町2丁目72 油ヶ淵遊園地
5月下旬〜6月中旬
1d0562d1 bfd1 435f 907f 99aac9838b86

袖ケ浦公園の花菖蒲

千葉県袖ケ浦市飯富2360 袖ケ浦公園
5月下旬~6月中旬
千葉県袖ケ浦市の袖ケ浦公園。園内下池の一角に広がる約3,600平方メートルの菖蒲園では毎年5月下旬から6月中旬にかけて約50種、約1万5,000株の花菖蒲が見事に咲き誇ります。

住心院の花菖蒲

岡山県倉敷市木見1290
5月中旬~6月中旬
岡山県倉敷市の「住心院」は、児島霊場の51番目の札所。約700種類、1万本の花菖蒲が住心院に植えられているほか、あじさいも同時期に見頃を迎え、どちらも楽しむことができます。
C5cac9ee 7f5e 4135 b1ea 6a62f68766f3

三日月池の花菖蒲

鹿児島県姶良郡湧水町木場
5月中旬~6月中旬
鹿児島県姶良郡湧水町にある「三日月池」に咲くノハナショウブは、昭和13年に国指定の天然記念物に指定されています。ここが自生南限地であり、5月中旬から6月中旬にかけての見頃の時期には約1万株の花菖蒲が開花します。 また、この三日月池は、椋鳩十の動物物語で有名な「大造爺さんと雁」の舞台になっており、記念碑が建立されている名所でもあります。
F438ab35 4bd8 489a 86fa 4510fb483c26

油ヶ渕遊園地の花菖蒲

愛知県碧南市油渕町2丁目
5月下旬~6月中旬
愛知県碧南市にある「油ヶ渕遊園地」は、愛知県で最大規模の自然湖の北岸にある公園です。市の花でもある花菖蒲が、1万8,000平方mの敷地に80品種・1万3,000株植えられている名所です。 また、毎年5月下旬から6月中旬にかけ、市を代表するイベント「花しょうぶまつり」がこの油ヶ渕遊園地で開催されます。
0797e7a4 20e7 497c adbe 8f1cc3f1569e

物見山総合公園の花菖蒲

山口県山陽小野田市大字郡字物見山220-3
5月下旬~6月中旬
山口県山陽小野田市にある「物見山総合公園」は、花菖蒲園・キャンプ場・遊歩道・頂上広場などがありのんびりできる市民憩いの場。 物見山総合公園の中心部にある花菖蒲園では、5月下旬から6月中旬にかけての見頃では、約20種・6,000本の花菖蒲を楽しむことができます。
E1297b9f 6352 44c7 861f 6b2e1a6895ee

大和中央公園花しょうぶ園の花菖蒲

佐賀県佐賀市大和町大字川上3294
5月下旬~6月中旬
佐賀県佐賀市にある「大和中央公園花しょうぶ園」では、毎年5月下旬~6月中旬にかけて園内一面に花菖蒲が咲き誇り、その数は約100種類・約4万株にもなります。 この大和中央公園花しょうぶ園は花菖蒲の開花時期のみに開園し、町の特産品も販売されます。
B4454c66 e38f 48e6 beb3 77ec353a09b9

南楽園の花菖蒲

愛媛県宇和島市津島町近家甲1813
5月下旬~6月中旬
「南楽園」は、愛媛県宇和島市にある日本庭園。広さ15.3haは四国最大規模で、池泉の周囲を歩いて鑑賞することができます。 南楽園の園内2か所には3万株・約25万本の花菖蒲が植えられ、例年見頃の5月下旬~6月中旬に咲き競う名所になります。また、この時期には南楽園花菖蒲まつりも開催され、様々なイベントも催されます。

横須賀市立しょうぶ園

神奈川県横須賀市阿部倉18-1
5月下旬〜6月下旬
大楠山の麓、静かな山並みに囲まれた市立 のしょうぶ園。約3.8haの広大な園内には、花菖蒲田に江戸を中心に発展した江戸系、江戸系の流れをくむ肥後系、伊勢松阪を中心に改良された伊勢系など412品種、14万株が大小の田に分かれ植栽されている。また、園内には花菖蒲の他に「ふじ苑」や「しゃくなげ苑」の花が、4月上旬から5月上旬にかけて開花して楽しめる。緑豊かな環境にあるため野鳥が訪れ、さえずりも聞かれる。花期間の4月から6月までが有料で、その他の期間は無料で園内の散策が楽しめる。
A88fd04d 3d8b 46f4 806f dd3318441b67

加茂荘花鳥園の菖蒲

静岡県掛川市原里110
4月末~6月下旬
江戸時代から続く庄屋の加茂家が明治から 栽培を始め、全国から数多くの優良品種を集めて栽培して販売してきた。今では緑深い杉の山と、江戸時代に建てられた庄屋屋敷の門前に広がり1,500種と品種の多さでは国内有数の菖蒲園。5月下旬 から100万株が咲く園内には明治時代からの加茂家の庄屋宅がそのまま残っており、昔から変わらぬ山里の風景が広がり、色とりどりに咲く花菖蒲が、きわめて日本的な風情の土蔵や長屋門をバックに見る花菖蒲は情緒満点。まさに散策を楽しむだけでも心が和み風景が堪能できる。
C8b479e9 b485 46d6 9e70 c75ebed581b9

小岩菖蒲園

東京都江戸川区北小岩4丁目37−23
5月上旬〜6月下旬
江戸川河川敷に広がる約5,000平方メートルの菖蒲田には、鮮やかな花を咲かせる。この菖蒲園は、殺風景な河川敷を花のある憩いの場にしようと、地元老人から花菖蒲が寄贈されたことによるもの。今や老人の願いが叶い、京成電車の車窓からも眺められ、江戸川辺りの季節の風物詩にもなっている。 園内には江戸系を中心に、外国系 も含め、5万本のハナショウブが梅雨の晴れ間を華やかに彩る。周辺にはフジバカマなどさまざまな野草もみられる。
5ae7def8 7685 401e b452 202677de3da3