ロコナビ花の名所【2022年】

コスモスの名所・見頃情報

ファーム富田

北海道中富良野町基線北15号
テレビドラマ「北の国から」で知られるのが富良野のラベンダー畑。60年代から北海道のラベンダーは、一時は富良野地に適した花として次々と農家が生計の為に植えていた。だが、時代と共に値段の安い化学香料に押され、ほとんどの農家が作物栽培へと転換して姿を消してしまう。そんな中で、今では富良野の代表的な花畑として知られる『ファ−ム富田』の富田忠雄氏は、こんな状況の中でも孤軍奮闘して栽培を続けていた。だが、「もう来年はラベンダー畑をやめて整地しよう」と、思ったが、妻の助言もあり、1年だけ延期した。そして翌年の75年6月、ラベンダー畑がたまたま当時の国鉄のカレンダーに載り、その光景の美しさは魅せられ全国の人々が訪れ始めた。 そんな人たちが感動する姿に、富田氏は励まされて再度、栽培に打ち込んだ。そして何とかラベンダーを生かそうと家族総出で作ったラベンダーの匂い袋や香水が富良野のお土産として評判になり、植物性香料の優秀性が見直された。一度は、あきらめようと思ったラベンダー畑には、遠くアジアなど海外からも含めて年間100万人以上の人々が訪れている。ラベンダーに打ち込んだ富田氏の熱意が生んだ、美しい花畑の風景に多くの人々は魅了されている。また、ファーム富田ラベンダー栽培50周年の2008年に「ラベンダーイースト」がオープン。ファーム富田より東へ約4キロメートルの場所にある。東には十勝岳連峰、南には夕張山地がそびえ立ち目の前には一面のラベンダー畑が広がり、ここでしか見られない贅沢な眺めが楽しめる。
C57e3986 e5d7 4fbd a384 ba9aa5d2308d

野田町コスモス畑

滋賀県近江八幡市野田町565番地 野田町コスモス畑
6890b8cb d054 4a89 943d 6f05b7ec3c98

となみ夢の平のコスモス

富山県砺波市五谷字源谷22
春は20万本の美しいスイセン、秋は約100万本のコスモスを見ることができる場所として知られているのがとなみ夢の平スキー場のゲレンデである。開催時期は開花状況によって毎年異なるが、コスモスが満開になると『となみ夢の平コスモスウォッチング』が開催される。会場では各種コンサートをはじめ工作教室、五谷そばや山菜など地元食材の販売などが行われる他、リフトも運行される。また、イベント時には、砺波駅や庄川水記念公園から無料シャトルバスも運行される。ちなみに、通常期間は無料の駐車場もイベント時の土日と休日は有料(500円)。また、イベントやリフトの運行は天候などにより予告なく変更、中止されることもあるので事前確認は必須。また、近くには散居村展望台と展望広場があるので帰りに立ち寄れば見晴らしのよい景観を楽しむこともできる。
D24ebc95 8fae 447f 9531 cdd51df030e0

とよのコスモスの里

大阪府豊能郡豊能町牧
今では全国的にも知られるコスモスの名所のひとつ「とよのコスモスの里」は、豊能町で29年前に花の愛好家が始めたコスモス園である。総面積約1haの園内には、およそ数百万本の淡ピンクや白のコスモスが咲き乱れ秋風の中で揺れる。コスモスは大人の背丈ほどあり、まるで迷路のような遊歩道になっている。各所にはベンチもあり、散策に疲れたら一休みすることもできる。また、ユニークな姿の案山子と一緒にコスモスを背景に写真を撮影したり、入り口横の売店でコスモスの切り花や野菜、果物などをお土産に買い求めることもできる。コスモスの里の奥には、松林の空き地が広がっているのでピクニック気分でお弁当を食べるのもよいだろう。
884b3fd1 6f08 4f89 bd3f a0a70d2e97c1

三光コスモス園

大分県中津市三光 三光コスモス園
中津市の秋の風物詩tとも言われるほどのコスモス園は、三光原口・成恒地区の転作田、約17haに3000万本が咲き誇る。まさに国内有数のコスモス畑は、八面山の麓に広がる広大な敷地に広がり、その光景は圧巻。また、2015年は県内外より15万6千人以上の方が来園したほどの人気ぶり。ちなみに、このコスモス畑は、豊かで潤いのある農業集落づくりを目指し、三光地域の集落営農組合11団体で組織する「日本一のコスモス園をつくらんかい・エーノーグループ・下田口営農組合」が栽培に取り組んでいるもの。花の盛りの時期には実行委員会が中心となって『三光コスモス祭り』も開催される。祭り期間中には、コスモス園や特設ステージで、結婚や記念日などのお祝いをしたい方などのステージを使っての感謝の気持ちを伝えるイベントの他に、歌やダンスが披露され、コスモス園内を走るミニSLや人力車やコスモスの切り花体験なども行われる。
95762b1b dcde 4314 8b0c 7a12b46f7b4f

武庫川コスモス園

兵庫県尼崎市常松2丁目及び西昆陽4丁目(武庫川河川敷)
コスモス園は、阪神間で最大規模の尼崎の花の名所のひとつ。武庫川コスモス園が生まれたキッカケは、ゴミの不法投棄などで荒れ果ててしまったこの場所を地元住民が中心となる市民グループ「髭の渡し花咲き会」のメンバーや多くの市民ボランティアの力により、見事なコスモス園になった。例年、9月の始めに約550万本分のコスモスの種をまき、その後も雑草抜きや肥料やりなどの管理を行い、10月下旬から11月中旬にかけてコスモスでいっぱいになる。現在、コスモス園は7区画のコスモス畑になり年々拡大しつつ、阪神間の花の名所としてすっかり定着。毎年たくさんの見物客が訪れる。また、西宮北口駅前でレンタサイクを借りれば、全長8.4キロ河川敷のサイクリングロード走れば、武庫川コスモス園までは約30分で到着する。ちなみにこの場所は「髭の渡し」とも呼ばれており、この名称は、かつて武庫川の渡し場があり、近くにある茶屋の主人にちなんでつけられたのだという。
686fc8ab 180c 47de 8d63 a88479292340

太陽の丘えんがる公園コスモス園

北海道紋別郡遠軽町丸大70−1
オホーツク西部にある遠軽町(えんがるちょう)の町名の由来は、アイヌ語「インガルシ(見晴らしの良いところ)」からきている。そんな町内にある「太陽の丘えんがる公園」は、春はシバザクラ、つつじにはじまり、四季を通してさまざまな草花が楽しめる、秋には日本最大級の10ヘクタールの畑に、ピンク、赤、白、黄色など1千万本のコスモスが咲き誇る。8月中旬~9月下旬にかけて黄花コスモスが咲き、9月上旬~10月中旬には混合コスモスが咲き、「虹のひろば」はピンク、赤、白、黄色に染め上げられ秋を魅了する。また、コスモスの時期にはコスモス園になり、入口にある管理棟の売店ではコスモスグッズをはじめとした様々な商品が並び、休憩ロビーからもコスモスも眺めることができる。期間中には「コスモスフェスタ」も開催され、コスモス園入口には色とりどりのヒャクニチソウも楽しめる。
5e8cca35 c06c 4124 8725 0362a273081f

黒姫高原コスモス園のコスモス

長野県上水内郡信濃町大字野尻3807
黒姫山麓のスキーゲレンデを利用し、スキー場である「黒姫高原スノーパーク」の総面積3万8000平方mの園内には、夏から秋にかけて世界中のコスモス50品種、100万本咲き乱れる。また、世界のダリア50品種も見ることができる。コスモスを上から眺められるパノラマリフトは、片道8分の空中散歩が楽しめる。ここでは通常のコスモス園のようにタネを直まきせず、育苗したコスモスを一本一本手で植えている。海抜900mの高冷地でコスモスに適した気候のせいもあり、花色が鮮やかで開花期間も長いが、コスモスが満開で見ごろになるのは9月頃、やはり秋を満喫しに出かけたい。
Dfb5312c b9dc 4d5d bfad 4b1c0733b649

あけぼの山農業公園のコスモス

千葉県柏市布施2005-2
毎年秋になると、園内の2.2haの畑は白、黄、ピンク、赤のコスモスの花で一面に埋め尽くされる。その様子はまるで、夢の中の花畑を彷彿させる。コスモスの見頃の時期の10月中旬には『コスモスウィーク』開催され各種のイベントが催される。もちろん、園内にはコスモスだけではなく、四季を通じて様々な植物に触れることができる。なかでも春は約15万本ものチューリップが風車とコラボしオランダを思わせる。また、ウメ、サクラ、ポピー、あじさい、ヒマワリ、彼岸花、ビオラなども数多く見ることができる。その他、あけぼの山農業公園には、加工実習体験や農業体験、バーベキューなどのレジャー施設もあるので、手打ちそばや豆腐作りなどを楽しむこともできる。
91f1ee37 c5ee 4fb3 9a98 fb511f22c7b6

見奈良コスモス畑

愛媛県東温市見奈良1125
広大な約1.8haの敷地に毎年9月上旬~10月上旬にかけて、約100万本のコスモスが咲く。色鮮やかなコスモスの花が、ノスタルジックで幻想的な秋の世界に訪れる人をいざなう。雄大な皿ヶ峰連峰の山々を背景にできるので絶好の撮影スポット。すぐ近くには、養鶏場の移転跡地に開発された複合商業施設レスパス・シティがある。シティ内には、レストラン、ショッピングモールをはじめ温泉、宿泊施設、坊っちゃん劇場などもある市民憩いの場となっている。コスモスの盛りの時期には『コスモスまつり』、また、3月上旬から4月上旬には畑一面にナノハナが咲くと『菜の花まつり』がレスパス・シティで開催される。
3471c947 a437 4738 8990 634f50acff2d

コスモスの里 穂谷

大阪府枚方市穂谷4丁目 コスモスの里 穂谷
Caaaf54f f561 4382 abef a9fbb2e0d0b2

般若寺

奈良県奈良市般若寺町221
地元ではコスモス寺とも呼ばれている般若寺。毎年約15万本30品種のピンク、赤、白、黄色のコスモスが咲き乱れる。ちなみに、般若寺は飛鳥時代に創建され、天平のころ平城京の鬼門を鎮護する寺。寺では、コスモスだけでなく、冬は一重咲きの日本水仙と、八重咲きのチャフルネス、約300本のスイセン、春は一重ヤマブキ、八重ヤマブキが約200株、夏にはあじさいとヤマあじさい200株と初夏咲コスモス約3万本が訪れる人の目を楽しませる。また、御志納金は、先の国宝楼門修理、寺院の維持管理、花の育成の費用としているコスモス守りなどもある。なお駐車料金は、通常は無料だがコスモスの満開期となる10月の土日のみ駐車料金は有料(500円)となる。
559c2572 d569 4926 a837 6e29bfe6f7fb

鼻高展望花の丘

群馬県高崎市鼻高町1400
市街地の西部に位置し、高崎市を見下ろせる鼻高町の丘の上にあり年間を通して色とりどりの花が咲くことから、鼻高展望花の丘と呼ばれる。上毛三山を見渡せるほどの展望の良さで、春のナノハナに始まり、夏はヒマワリ、秋はコスモスを楽しむことができる。なかでも、9月中旬~10月中旬に見頃となるコスモスは『コスモス祭り』も開催され、農産物の直売などもあり遠方からも多くの観光客が訪れる。ちなみに、コスモスはキバナコスモスなど4種40万本あり、同時期にソバの花、マリーゴールド、ヒャクニチソウ、ラベンダーセージ、トトロアオイなども花を見ることもできるのでコスモスとのコントラストを楽しむことができる。また、ヒマワリの開花シーズンにはヒマワリの花迷路を楽しむことができる。心癒されたいときに、ふらりと出かけるにもよい場所である。
0e3bca00 f495 45b4 8931 2e763da0091b

内山牧場大コスモス園

長野県佐久市内山 内山牧場大コスモス園
国道254号線で軽井沢方面から来ると内 山トンネルを抜けると長野県佐久市に入る。 ここから道路の両側にはコスモスが咲き『コスモス街道』と呼ばれている。さらに内山トンネルから標高1200mの内山牧場の『山荘あらふね』を目指す。山荘あらふねの駐車場に車を置いて、さらに徒歩で約10分ほど歩くと標高1200 mの高原には秋のやわらかな日差しに輝く一 面のコスモスが圧巻。約3haの高原に咲く10万株コスモス畑は永遠と続き、空が低く見えるほどに遠くまで花畑が続く。オ-トキャ ンプ場や公共の宿でもある山荘あらふねもあるので、ゆっくり泊まりながら楽しんで見るのもいい。標高が高い高原なので霧も発生して、幻想的なコスモス畑の光景も楽しめる時もある。
Ba8457c7 a366 44b8 aa1d 185a2132132f

翠波高原のコスモス

愛媛県四国中央市金砂町平野山
翠波高原は、翠波峰一帯の標高760mに広がる高原で、花の名所として知られる。眺望がすばらしく、高原からは北は市内の平野部全域や瀬戸内の島々、南は金砂湖や四国山脈など360度のパノラマで楽しむことができる。元々は昭和48年頃まで乳牛の放牧地として利用されていたが、昭和58年に再開発が行われ、現在の公園施設になった。3ヘクタールほどの花畑で毎年8月上旬から9月上旬にかけて、翠波高原はコスモスが満開になる。第一花園が一番大きく、2ヘクタールに20万本の咲き誇る。開花時期にはコスモス祭りも開催され、高原一面に咲き乱れる可憐なコスモスを背景に各種イベントも催される。また、春はナノハナ、それにサクラが知られるが米国からの里帰りのサクラのある「ワシントン桜の園」もある。
Bd60269b d488 4139 a465 e2a66d88242f

益子町コスモス祭り

栃木県芳賀郡益子町生田目地区
夏が終わり、空が高くなる頃益子町生田目地区には13ha(東京ドーム約3個分)の壮大なコスモス畑が出現する。このコスモスの畑は、毎年ましこ花のまちづくり実行委員会たちが協力しメンテナンスを行っている。コスモスの花が咲きそろう頃『益子町コスモス祭り』が開催される。このイベント中は、コスモス畑の眺望を無料で楽しめる展望台が設置される他、農産物などの直売も行われる。会場には『益子町コスモス祭り』の期間に臨時の無料駐車場が設置されるが、雨天をはじめ天候がすぐれない場合には、会場駐車場がご利用できないこともある。そのため、天候状況によっては一度問い合わせをするほうが良いだろう。ちなみに、『益子町コスモス祭り』は例年10月中旬~10月下旬頃開催される。また、益子町はその名の通り益子焼の名産地。帰りにお気に入りの陶器を見つけるのもよいだろう。
A192aad0 d0ea 4047 bf31 c46277954636

松山御本丸公園コスモス園

宮城県大崎市松山千石本丸6
松山御本丸公園は、中世松山の中心的な城だった千石城跡。園内は、本丸、二ノ丸、三ノ丸に分かれ、空壕で区切られている。なかでも、三ノ丸は明治百年を記念し「コスモス園」として整備された。このコスモス園では、毎年22品種の約20万本のコスモスが花盛りとなる。色あざやかなコスモスが咲き揃う見頃の時期に合わせ『コスモス祭り』も開催される。各種イベントが行われるなか、『コスモス祭り』期間限定で人車(200円)が復活。のんびりと公園内の景色を眺めることもできる。また、大崎市ふるさと納税は、お酒などの特産品をはじめ宿泊券などの送付を受け取ることができる。宿泊券を利用して松山御本丸公園で開催される『コスモス祭り』に訪れるのもよいだろう。
D4a75b0a 3991 426f 9221 dfdd989c1d2b

キリン花園のコスモス

福岡県朝倉市馬田3601 キリン花園
九州で飲まれているキリンビールを生産している大規模なビール工場が「キリンビール福岡工場」。その敷地内にある「キリン花園」は、約7haのビール麦の試験圃場跡地を利用して作られたもの。丁寧に手入れされた花畑には春にはポピー、秋にはコスモスが約1,000万本が咲き乱れ圧巻される。開花期間中には『コスモスフェスタ』が行われ、物産展などが開催されたり、福岡工場限定醸造のビールが紹介されたりする。もちろん、キリンビール福岡工場では、ビールが出来上がるまでの過程を見学することもできる。ただし、見学には事前の申し込みが必要(見学予約(0946)23-2132)また、キリン花園の正面に位置するキリンビアファームでは、出来立てのビールも楽しめる。
B3fbc162 f4d4 4962 8431 53570835ab1b

上場高原コスモス園のコスモス

鹿児島県出水市上大川内2648-4
熊本県との境にある標高500mの上場高原にあるのが、上場高原コスモス園。園内の広さは、約3haで四季の花々を楽しむことができる場として親しまれている。秋には25万本のコスモスが咲き、その景観は丘の上から見渡せて、息をのむほどに美しい。もちろん、コスモスだけではなく、10万本のナノハナをはじめ、ボタン、あじさいも県内の花の名所のひとつにされるほどである。また、花だけでなく出水産の牛乳を使ったアイスクリームや石釜で焼くピザづくりなどの食育体験ができるスペースや地元の高原野菜などを販売する古代マーケット“天の市”や、竪穴式の特産品販売店などもある。開園期間中は、3日間限定で肥薩おれんじ鉄道他「出水駅」から上場高原行きコスモスシャトルバスも運行される。
A376debd 0483 42f4 8bb7 426d072f3dbb

清住コスモス畑

兵庫県丹波市氷上町清住 清住コスモス畑
コスモスが見頃になると、約500万本のコスモスが、清住の里に甲子園球場の約1.8倍、約7haの休耕田を埋め尽くすように咲き乱れる。色とりどりの花を咲かせるセンセーション種を中心に、キバナコスモス種など年毎に様々なコスモスの花が咲く。満開の頃になると『コスモスまつり』を開催し、まつり当日はJR「石生駅」西口より無料シャトルバスなども運行される。また、近くにはカタクリの花群生地や丹波の正倉院と呼ばれる宝物館に、国の重要文化財12体を含む80体以上の木造古仏が安置されている達身寺などある。ちなみに、清住コスモス園と達身寺拝観料をセット割も行っているので足を伸ばして見るのもよいだろう。
4e6e00fd 2045 4ede 8b11 28ba7b82ba4f