01e6c583 23fe 4057 84be 281d473f42dc

北杜のよりみち案内【観光・名所】

山梨県北西部に位置する「北杜市(ほくとし)」。北は八ヶ岳、南は南アルプスの山々に囲まれ、自然豊かな清里高原が広がります。牧場、アクティビティ、温泉、グルメ、ショッピング、アートを体験できる場所も盛りだくさん。そんな北杜市のおすすめ観光・名所をご紹介します!
488a7a69 b2fd 4988 bda6 3222aa696807
9d443d6d a17b 4c2b 9cba b125b5c03cca
949fb210 ea86 45cc 8a13 c4f5e5557098
北杜の涼やかな高原に、ハイジの世界が出現しました。まるでアルプスの村々の中に来たかのようなハイジの村の園内には、四季を通じて様々な花が咲き乱れるガーデンが広がっています。とりわけバラの季節には、日本最大級ともいわれるバラの回廊が出現します。
E1d02202 9ea3 4188 8c12 062a207d02b9
広い庭園内にはバラが咲き乱れ、カップルには最高のデートスポットです(^^♪
5.0
by Takahiro SagawaTop userニッコウキスゲ
2018年7月23日

A9fcc8a7 4f0a 4a42 91c5 5031a9a6bf15
07ba0a6b 84f2 4734 b215 c44862048523
24e3e177 ca67 453e 9f49 0f2fe39e0072
「まきば公園」は、八ヶ岳南麓に広がる県立八ヶ岳牧場の一部を開放してつくられた公園で、ヤギやヒツジ、馬などの動物との触れ合えます。雄大な自然の中、広大な緑の牧草地のなかで動物たちとの触れ合いを楽しんだら、敷地内のレストラン「まきばレストラン」へ。こだわり食材をふんだんに使用し、甲州ワインビーフ、高原野菜、牛乳、ワインなど、山梨ならではの味覚を楽しめます。名物の清里ジャンボバーガーをはじめ、特産品の甲州ワインビーフを使用したワインビーフシチュー、甲州富士桜ポークのステーキなど、絶品メニューがずらり。お値段も比較的リーズナブルなので、思わず食べ過ぎてしまいそうです。
801428b1 3038 4abc 8a6e f07e1a0b0aed
山梨県のまきば公園。県立八ヶ岳牧場の一部を開放してつくられた公園です。目の前には壮大な芝生が広がり、羊や牛などがゆっくり歩いている光景を目にできました。レストランも景色を眺めながら食べれるので最高です。牧場のアイスも濃厚ミルクで美味しかったです。
4.0
by ちぇりTop user体験
2018年10月9日

Ff125548 f9e1 40de 8ef8 63eff4825753
51002278 2b85 45cd 88cf 18547fdf66bd
B098ffa1 152b 490d 930d b78e80e452cb
山梨県北杜市と甲斐市に属する茅ヶ岳は、南の茅ヶ岳、北の金ヶ岳の2峰よりなっています。山頂からは金峰山をはじめとする奥秩父の山々や八ヶ岳、南アルプスの山々など360度のパノラマが楽しめます。八ヶ岳に似ているため「にせ八つ」との異名を持つ茅ヶ岳ですが、近年は「日本百名山」を著した作家、深田久弥氏の終焉の地として注目を集めており、また紅葉スポットとしても人気のスポットです。 初心者におすすめの登山コースは、深田久弥氏を偲んでつくられた「深田記念公園」から森林を散策するコース。巨大な岩「女岩」を迂回してゆっくり進めば茅ヶ岳山頂まで約3時間。往復で5〜6時間、合計6.4kmほどです。茅ヶ岳は春は桜、夏はひまわり、秋は紅葉と一年を通して自然の見どころが満載の場所でもあります。桜の季節におすすめなのは、「千本桜公園」。長い桜のトンネルを楽しむことができ、また展望台からは富士山をはじめとした美しい山々を眺めることができます。夏は茅ヶ岳登山口の近く「明野ひまわり畑」へ。南アルプスの山々を背景に、約60万本のひまわりが辺り一面に美しく咲き誇ります。秋には鮮やかに色づいた広葉樹の中を歩きながら、また山頂から美しい紅葉の景色を楽しむことができます。ぜひ、茅ヶ岳の美しい自然を鑑賞しながら登山を楽しんでみてはいかがでしょうか?
6ae9ffb2 5156 4c71 8aa1 7f8760877de7
標高1704メートル、日本二百名山の山。山頂からは富士山、八ヶ岳、南アルプスが望め最高でした!「日本百名山」の著者深田久弥の終焉の地としても有名です。
5.0
by みっきーTop user動物園
2017年7月2日

204eb9a6 aa38 4430 ae17 423adeaaba26
F8af7691 4409 41fe ae1a 3242b998f43d
87334d66 e4a3 4e5d adaa db01035d49c9
ノコギリのような大小様々な形の岩が切り立つ奇峰。まるでノコギリのような独特のギザギザ頭は今から2万年以上も昔の火山活動の名残で、その大小様々な形の岩が切り立つ山頂は奇峰の名にふさわしく、大小の奇岩にはヤスリ岩、弘法岩、十一面岩などの名前が付けられています。 弘法岩からもわかるように、瑞牆山は弘法大師が修行した山と伝えられ、弘法岩の基部にはカンマンポロン(不動尊大日如来)という梵字のようなものが刻まれているという。これは弘法大師が彫ったものだとも言われるが、実のところは雨による侵食というのが本当らしい。いずれにしても山岳信仰の山である。   深田久弥の名著「日本百名山」(新潮社1991年発行 ISBN4-10-318405-1)の一つにも選ばれ、北杜市のシンボルになっている。秩父連山の西端に位置する標高2,230mの花崗岩山。 【瑞牆山の名前の由来】 みずがきとは、神社の周囲に巡らす垣根のことで、もともとは「瑞垣」とも「瑞塁」とも書く。近くの金峰山と同様に蔵王権現の山岳信仰と結びつき古くから甲州修験道の中心として登拝されていた。

F79c84bc 9534 4cb2 a828 681d82638356
Dedd781b b6f2 40bf 8d02 694d0e3e76e9
A6660bf6 dc4b 40e2 b38d ee1ef972f340
川俣川渓谷にある「吐竜(どりゅう)の滝」は、落差10m、幅15m。岩間から小さな滝が幾重にもなって流れ、絹糸のように優雅な美しさをたたえています。その神秘的な佇まいから、"竜の吐く滝"と名付けられた吐竜の滝。10月下旬から11月中旬にかけて紅葉の見頃を迎えます。紅葉におおわれた岩間から絹糸のように滝が流れ落ちる様子は、自然が生み出す日本庭園のよう。マイナスイオンを体いっぱいに浴びながら、優美な滝を鑑賞しましょう。川俣川渓谷沿いは遊歩道が整備されているので、トレッキングをしながら紅葉を楽しむのもおすすめです。紅葉の季節が終わったら、ぜひ5月の新緑の季節に再訪してみてください。大河ドラマのオープニングにも使われた、美しい滝を満喫できますよ。
90f799c2 68be 4938 9ef4 1542a9df0c99
吐竜の滝 吐竜の滝へ行く途中にある橋の下から撮りました。ここから眺めも中々いい❣️
4.0
by 平岩蘭Top user写真・映像
2018年10月30日

Gurume meisho banner