Eb156d0f 1a21 4d0b 8b35 3e37f7f5e33a

伊豆のよりみち案内【観光・名所】

~恋するように歩こう~ 大切な人とキラキラしたオフの日を、伊豆市で過ごすのはどうでしょう。 修善寺温泉で、浴衣や着物に着替えて、ノスタルジックロマンに浸ってほしい。 天城湯ヶ島温泉で、森林のエネルギーに、たっぷりと癒されてほしい。 中伊豆温泉で、豊かな大地に育てられた、伊豆市の旨いに出会ってほしい。 土肥温泉で、海原に沈む燃えるような夕陽に、そっと涙してほしい。 ~なんかいいね、伊豆市~ ほっとしたそんな気分になっていただけたら、うれしいです。
57440d0e a830 4694 873c a1a53e58a003
464b39bf 93af 4d31 9991 b6b90eb45828
3610e519 4962 4771 ba47 670966061cd1
浄蓮の滝は伊豆最大級の名瀑で、玄武岩の岩肌を幅7m高さ25mに渡り流れ落 ち、「日本の滝100選」にもその名を列ねています。滝には女郎蜘蛛伝説が残り、滝の周囲に生い茂る深い森が醸し 出す静寂な雰囲気の中、激しい音を立てて流れ落ちる姿はとても迫力があり、この滝をよりいっそう神秘的にしています。 滝への道は明治末期に開かれ、昔は人も近づかぬ神秘的な場所であったといわれ ています。周辺は夏でも涼しく、滝の周りや滝壺の岩肌には、県指定天然記念物 のジョウレンシダ(別名ハイコモチシダ)が群生しています。 【女郎蜘蛛伝説】 その昔、湯ヶ島に住む与市という農夫が、野良仕事の帰りに浄蓮の滝の横を通り過ぎようとした時、足に蜘蛛の糸が幾重にも絡みつき、身動きがとれなくなってしまう。その糸を近くにあった切り株に巻きつけ立ち去ろうとすると、切り株が空中に舞い上がり滝壺へと吸い込まれていった。その時、滝壺から「今日あった出来事は一切他人に話してはならぬ!」と轟音と共に怪しい女性の声が聞こえてきたという。与一はその言葉に従い、その時のことを他人には話さず、真面目に働くことで名主にまで上り詰めた。さらに滝周辺の樹木の伐採を禁止することで、平穏な暮らしを送ったという。それから時は経ち、数十代のちの後裔与左衛門の時代、彼は部落の掟を 破り滝上の木を切ろうとした際、手を滑らせ大切な斧を滝壺に落としてしまう。斧を探そうと滝壺へ飛び込むと、この世のものとは思えないほどの美女が姿を現し、「斧はお返ししますので、今日のことは絶対に他人に話してはなりませぬ!」と言い残し姿を消してしまった。与左衛門は、その美女は滝の主である女郎蜘蛛にちがいないと恐怖し、それからというものは、恐怖から逃れるように酒に溺れる人生を送ることになった。突然雷鳴が轟き白い火柱が家を真二つに引き裂いて、中から目をらんらんと輝かせている不気味な大蜘蛛が姿を現したという。与左衛門は、後日冷たい屍となって滝壺から浮かび上がってしまったと伝えられています。 以上、浄蓮の滝入口説明看板を参考にさせていただきました。
浄蓮の滝 ドライブで天城越えをする途中に立ち寄りました。 釣り竿を借りて、滝のすぐ下流の清流で虹マスやアマゴを釣ることができます。家族連れやカップルが楽しんでおり、15センチ前後の魚をみんな釣っていました!
by カメたろ
2018年8月17日
783b37ea 4e90 439a 9eed 8d9020d6bfeb
D297c2ef 6213 455d b499 800aca373547
Spot noimage
この道はその昔、村人が共同湯に通う為の道でした。当時の村人が使ってきた「湯道」という美しい呼び名をそのままに残し、その雰囲気をこわさぬように道を整備して散策道「湯道」ができました。この湯道沿いに流れる清流は本谷川と 猫越川で、男性的な表情の本谷川、女性的な表情の猫越川その二つの川が落ち合って、ひとつの川となって流れ出すこの地は、出会いのパワーに満ちた三角州です。その合流点にかかる二つの橋を男橋・女橋と呼び二つの橋を合わせて「出会い橋」と呼びます。男性は「男橋」 を、女性は「女橋」を渡って、そこで出会った男女は幸福になれるといういわれもあります。そんな素敵ないわれも残る湯道を清流の川音に包まれて歩けば、水のせせらぎ、涼しい風、木々の間からこぼれてくる光、森林の香り、などいろいろなものに出会えるはずです。 また、湯道周辺は文学の道でもあり、川端康成、与謝野晶子、井上靖、梶井基次郎、若山牧水など、多くの歌人、文人の歌碑を見ることができ、訪れる人々を文学のロマンへと誘ってくれます。 また、湯道の周囲には安価で入れる共同浴場もあり、その中でもペット専用露天風呂の「犬猫温泉」はペットをお連れの方におすすめです。
1e7878f1 9026 4916 8c5d 011b8719d43f
Fddf64f2 2005 4629 a3fa 6a16fbca65ff
Spot noimage
伊豆半島の中央部を横断するように広がる「天城山」。万三郎岳、万二郎岳、遠笠山といった山々で構成された連山で、日本百名山のひとつにも数えられています。自然豊かな深緑の中にあるのが「旧天城トンネル」です。明治38年(1905年)に造られた、歴史的価値の高いトンネルとして有名です。手作業で石を積み上げる「切り石巻き工法」で築かれ、明治時代の職人技が随所に光ります。1986年には日本の道100選、1998年には登録有形文化財、2001年には国の重要文化財に指定。川端康成の短編小説「伊豆踊り子」の舞台としても登場しています。もともと、周辺地域に住む人々にとってのライフラインとして活用されていた旧天城トンネル。1970年に「新天城トンネル」が完成したあとはお役御免となったものの、現在も一般公開されており、トンネル内を歩くことができます(暗いので懐中電灯は必携、山の奥深くにあるので夜間に訪れるのはおすすめしません)。また、深緑に包まれているため真夏でも涼しく、晩秋には紅葉のスポットとしても有名です。毎年11月上旬〜下旬にかけて「天城越え紅葉まつり」が開催され、トンネル内に提灯なども飾られます。
Gurume meisho banner