8ffa9d82 8272 4027 abc6 191751f59990

鎌倉のよりみち案内【イベント】

神奈川県の中心部にあり、自然豊かで見所の多い古都「鎌倉市」。王道の「鎌倉大仏」に、あじさいや紅葉で有名な「長谷寺」。スイーツ、カフェなど最新のトレンドを追った街歩きも楽しめます。
写真提供:鎌倉市観光協会、長谷寺
Dce12a61 b845 4dbd 880d 607c289ac5eb
55dd1a22 1fe7 47cc 9f23 1ae94f31e0cc
59c9746f b745 4433 9b6b ff9a6c105046
鎌倉観光において、鎌倉の大仏と並ぶ有名な観光スポットでもある「長谷寺」。長谷寺の創建は8世紀、中臣鎌足の孫の藤原房前によって、十一面観音像を本尊として創建されたといわれています。長谷寺は四季を通じて様々な花が見られることから「鎌倉の西方極楽浄土」と称されます。 境内には、鎌倉の海と街並みが一望できる「見晴台」、傾斜地を利用した「眺望散策路」があり、鎌倉でも有数の景勝地です。最奥にある「見晴台」と「眺望散策路」の周辺、長谷寺の経蔵(輪蔵)の背後にある斜面に植えられたあじさいは、40種以上約2,500株の多様な品種のあじさいが群生しており、「アジサイの小径(こみち)」として散策も楽しめます。あじさいの時期は休日だけでなく平日も込み合うのが長谷寺ですが、鎌倉を訪れた際にはぜひよりたい必須の名所です。
User default image
鎌倉の長谷寺のあじさいは印象的でした。
4.0
by おとのすけ
2018年7月22日

Gurume meisho banner