葛飾のよりみち案内【歴史】

映画「男はつらいよ」シリーズ、漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」でも有名な、東京都葛飾区。 国内外から高い評価を受ける庭園「山本亭庭園」、風情あふれる「柴又帝釈天」や都内最大の水郷公園「水元公園」など、歴史や自然に恵まれた街としても知られます。 昔ながらの雰囲気を感じながら楽しく散策を楽しんで見てはいかがでしょうか。
118ef6ec 8b4d 4aed 828d db30f114ae64by MAさん
29eaef1e 6dd9 4258 a46a b17294070068
Ca8ae61d 07a0 490c 94cc d90c348e54d7
Abfea603 4efc 47c4 a47c d058b8c5a4fe
葛飾区柴又にある日蓮宗の寺院、経栄山題経寺は「柴又帝釈天」と呼ばれて親しまれています。題経寺の歴史は江戸時代初期の寛永6年(1629年)に遡り、下総中山法華経寺・第19世禅那院日中(ぜんないんにっちゅう)上人と、その弟子である第2代題経院日栄(だいきょういんにちえい)上人の二人の僧によって開基されたと言われています。帝釈天はインド最古の聖典である「リグ・ヴェーダ」の中で最も多くの賛歌を捧げられている軍神・武勇神インドラと呼ばれる重要な神さまです。神様としての帝釈天の姿は「右手に剣を持ち、左手を開いた忿怒の相をあらわした悪魔降伏の尊形」として表現され、「仏の教えを信仰し、従う者には、もし病難や火難、 その他一切の災難に遇えば、帝釈天が必ず守護し、この悪魔を除き退散させてくれる」として厄除け、病気平癒のご利益があると言われています。境内は、左手に鐘楼堂、正面には帝釈堂、本堂となっています。履物を脱いで帝釈堂に上がると彫刻ギャラリー(有料)があり、すばらしい彫刻を間近に見ることができます。裏手にある回廊式の「邃渓園(すいけいえん)」も有料ですが、風情あふれる見事な庭園で、柴又帝釈天を訪れたらぜひ見ておきたいところ。彫刻ギャラリーと邃渓園の共通拝観料は大人400円です。
801428b1 3038 4abc 8a6e f07e1a0b0aed
葛飾区の柴又帝釈天。正式名称は経栄山題経寺というそうです。柴又を代表する観光スポットで、柴又帝釈天までの参道の商店街や柴又帝釈天内にある庭園など見所が沢山あります。
3.0
by ちぇりTop user体験
2018年8月6日

6aeccf03 284f 4b78 b140 e8aefbadc9dc
1e227b2b 71c4 44a2 be7a 1edb33a50885
118aecae 4bf2 4656 9df8 7ec9760cf44a
葛飾 柴又 寅さん記念館の裏にある山本亭は、趣ある書院造に西洋建築を取り入れた、和洋折衷の建築が特徴の大正末期の建造物です。この建物は、地元ゆかりの山本工場(カメラ部品製造)の創立者である山本栄之助氏の自宅でした。当時は洋風建築を取り入れることが富裕層の間で流行しており、その佇まいを今に残す貴重な建築として、葛飾区が登録有形文化財に指定。昭和63年に買い取り、平成3年4月から一般公開されています。 木造2階建ての建物には、明り取りの窓、違い棚など、書院造の特徴が随所に見られます。1階は120坪の広さがあり、2階が15坪、地下防空壕や土蔵、長屋門で構成されています。土蔵は山本栄之助氏が屋敷跡を取得した当時からあり、正確な築造年は判明していませんが、山本亭内に現存する中で最も古い建造物とされています。 風情ある和洋折衷の建造物で見どころ満載の山本亭ですが、中でも必見は書院造の庭園です。国内外から高い評価を得ており、米国の日本庭園専門誌「Sukiya Living〜ランキング調査(2016年)で、第3位に評価されたほど。縁先に池を配し、背景には広がる常緑樹。耳をすませば、築山から落ちる滝の音が心癒してくれます。
801428b1 3038 4abc 8a6e f07e1a0b0aed
葛飾区の山本亭。寅さん記念館のすぐ側にあります。山本亭は和洋折衷の大正末期の貴重な建築物。庭園も素晴らしく、柴又のおすすめスポットです。
3.0
by ちぇりTop user体験
2018年8月6日

Ad90e8df d4f2 481b 950b 57672aa442d7
824e2749 a1a3 4718 a349 43798394e2a5
C8bfb954 aae7 4007 a1d6 cdef98ce2740
東京都葛飾区にある天台宗の寺院、南蔵院は、伊勢物語で知られる平安時代の歌人・在原業平氏ゆかりの寺院です。業平が隅田川で舟遊びをした時、船が転覆して多くの人が亡くなり、業平はその人々を弔い、像を刻み村人に与え、法華経を写経して塚に納めました(業平塚)。その傍らに創建されたのが、南蔵院です。また、そこに架けられた橋は業平橋と名付けられ、南蔵院の境内はその隅田川の様子を表しています。白御影の砂利は隅田川、参道は業平橋、右手の石は業平の舟石です。南蔵院の最大の見どころは、縄でぐるぐるに縛られた、「しばられ地蔵」と呼ばれる高さ1メートルほどの石の地蔵尊です。元禄14年(西暦1701年)の造立と伝えられ、「文政寺社書上」によると、この地蔵尊は諸願成就、殊に難病平癒に霊験があり、信心の者が祈願するときは地蔵尊を縄で縛り、成就したときには縄を解くことから、しばられ地蔵と称したと記されています。また、年に一度、大晦日の夜には、南蔵院住職による「願かけしばられ地蔵尊」の縄解き供養が行われ、新年の訪れと共に地蔵尊に新年の一番縄が結ばれます。この時を狙って、縄のまかれていない貴重な姿を拝みに行くのもおすすめです。
801428b1 3038 4abc 8a6e f07e1a0b0aed
葛飾区のしばられ地蔵で有名な南蔵院。水元公園の近くにあります。南蔵院のしばられ地蔵は、大岡政談で語られているそうで、そこから、今でも、南蔵院の地蔵様を縄でしばると、盗まれたものがでてくると言われているそうです。なお、しばられ地蔵の願掛け縄は、地蔵の横にあり、1本100円です。
3.0
by ちぇりTop user体験
2018年8月6日

Gurume meisho banner