00712a18 3589 4e03 9885 32bb1700ffaf

甲府のよりみち案内【観光・名所】

山梨の県庁所在地「甲府市」は、戦国時代を代表する武将、武田信玄ゆかりの街。市内には武田家ゆかりの名所が点在しているほか、日本一の渓谷美と称される「御岳昇仙峡」、甲府盆地や富士山が眺望できる絶景スポットなど、たくさんの見どころがあります。 そんな山梨県甲府市の観光名所をご紹介します。
写真提供:PIXTA
Cc80efd5 2512 4b75 9a4b c38713c192f7
F8b43dd5 df30 44ed a8b8 3f1ec5ff1720
Fb3a72de 72f8 4d86 8c2c b4324e139b41
大正8年(1919年)、信虎、信玄、勝頼の武田三代が国政を執ったつつじが崎館跡(武田氏館跡)に創建され、甲斐の名将武田信玄公をまつってあります。この館は永正16年(1519年)信玄の父、信虎が造ったもので、信虎、信玄、勝頼三代が63年間にわたって住んでいました。現在では、この館跡は国の史跡に指定されています。
山梨甲府の武田神社。戦国時代の武将 武田信玄の一族や家臣が暮らした躑躅ヶ崎館の跡地に大正8年、武田信玄を祭神とし創建された神社です。躑躅ヶ崎館には信虎、信玄、勝頼の武田三代が60年余りに渡って居住していました。また、武田神社の周囲には武田家を支えた板垣信方、穴山信君、高坂昌信、真田幸隆などの屋敷跡(屋敷跡と言っても現在は説明文の入った看板のみ)がありました。織田信長も恐れたと言われる戦上手の武田信玄を祀っているので勝運のご利益があるそうです。なお、甲府駅から歩いて行くと20分〜30分程度かかります。
by ちぇりTop user
2018年8月30日
Ced47a99 130d 4ee0 8a2d ac69403a4597
0cf0738f e5cc 4244 837c 7656e0fbc7c0
Spot noimage
山梨県甲府市の昇仙峡。 甲府市北部に位置した渓谷で「日本一の渓谷美」と言われています。 長い歳月をかけて削り取られた花崗岩の断崖や清流を横目に遊歩道を歩くハイキングコースは人気スポットです。中でも見所は水面からほぼ垂直に屹立する高さ約180mの巨岩「覚円峰」、30mの落差のある「仙蛾滝」は必見。
山梨県の昇仙峡。日本一の渓谷美とも言われていて岩肌と森林のコンストラクトが綺麗な渓谷です。名水百選にも選ばれている澄んだ水が渓谷を流れていて、その横の遊歩道をゆっくり歩いていきます。 今日は甲府駅からバスで30分、昇仙峡入口で下車し長潭橋から遊歩道を歩き円覚峰、愛のかけ橋、羅漢寺、仙娥滝を順に観て、最後にロープウェイで山頂に登るというコースを歩きました。長潭橋からロープウェイまでは大凡1.5時間から2時間ぐらいです。 紅葉が本格化するとまた違った見え方をすると思うのでまた期待です👍
by ちぇりTop user
2017年10月7日
Gurume meisho banner