Abbf158b ca0d 44b4 a814 b1562d759029

西伊豆のよりみち案内【観光・名所】

自然が生み出した雄大な景色を楽しめる「日本一の夕陽が見られるまち 西伊豆町」。その中心地である「堂ヶ島」には、リアス式海岸が生み出す奇跡とも呼べる自然芸術が点在。潮が引いたときにだけ道ができ歩いて渡ることができる「堂ヶ島のトンボロ」や、断崖絶壁にある「沢田公園露天風呂」、黄金色に輝く「黄金崎」もおすすめで、夕暮れどきには一生忘れることのない絶景と出会えますよ。そんな静岡県西伊豆町の観光名所をご紹介します!
写真提供:PIXTA
1bf5a873 84be 4d6f 8a34 70e83374b44e
7ff6dbf0 72a6 4c7a a03c eac2af6e810a
74d6947b eab7 4002 bbef 49d339870e1a
堂ヶ島の海岸線から望める4つの島。それぞれ「伝兵衛島」「中ノ島」「沖ノ瀬島」「高島」という名前で、総称して「三四郎島」と呼ばれています。島が4つなのに三四郎島と称される理由は、角度によって島が3つや4つに観えることに由来するのだとか。また、三四郎島にはある伝説が残っています。その昔、三四郎という源氏の若武者が、平家の追求から逃れるために中ノ島に隠れ住んでいました。その折に小雪という女性に恋をし、数時間の引き潮の時だけ二人のひと時を過ごしていたと伝えられています。 三四郎島の特徴は「トンボロ現象」と呼ばれる引き潮。干潮時になると約30mの浜が浮かび上がり、伝兵衛島まで歩いて渡ることができます。全国的にも珍しい現象として、昭和58年には静岡県の天然記念物にも指定されました。浜辺を歩くのはもちろん、磯遊びスポットとしても楽しめます。潮が引くと至る所に水溜まりが出来上がり、普段はあまり見られない海洋生物をじっくりと観察できますよ。潮の満ち引きの時間は季節によって異なるので、訪れる前にチェックしておきましょう!
User default image
天草漁の海 協力して天草を集めます。
3.0
by コロやんBronzeイベント
2019年2月3日

576bd190 69be 4e7a ad5d 4b983b7e7d4e
Dd1d2920 d589 47df 9e23 b9fc613d21f4
4a14c00e 3170 469f 8242 0fcb2d9f1a89
堂ヶ島から北へ走った場所にある「黄金崎」。 国内有数の絶景夕日スポットとして有名な場所です。昭和63年(1988)、静岡県の天然記念物に指定されている黄金崎。その秘密は、駿河湾に面した岩肌が「安山岩(プロピライト)」で形成されていることにあります。潮風にさらされて黄褐色に変色した安山岩が夕日に照らされることで、黄金色に輝くのです。夕日が沈むことで現れる絶景は素晴らしく、「日本の奇岩百景」にも認定されました。また、美しい景色が観られるのは夕暮れ時だけではありません。昼間には眼下に大きく広がる駿河湾があり、遠くには富士山を望むこともできますよ。 そのほか、黄金崎は周辺が公園として整備されています。桜、菜の花、ポピー、メロカリスなど、四季折々の花々を愛でられることでも有名。コテージ付きのキャンプ場もあるので、堂ヶ島と合わせて、拠点のひとつに考えてみてはいかがでしょうか。
Ae0b3f15 3843 4b65 a73e f2efd9f86ffa
黄金崎 黄金崎だけあって海が黄金色にキラキラと輝いていました。
4.0
by sakikazuki
2019年3月11日
黄金崎公園の桜
3月下旬~4月上旬
黄金崎は、静岡県賀茂郡西伊豆町にある岬。駿河湾に面した伊豆半島西海岸随一の景勝地として、ドラマやCMのロケなどでもよく使われる。どこまでも広がるコバルトブルーの海と、その遥か沖合いに浮かぶ世界遺産・富士山、よく手入れされた「コレクションガーデン」に咲く四季折々の可憐な花々、そして地名の由来ともなった、夕陽を受けて黄金色に染まる美しい崖の岩肌などの景観が年間を通じて楽しめる。春、「早咲き桜の丘」のカワヅザクラ、大寒桜、修善寺寒桜、そしてソメイヨシノ、オオシマザクラなど約15種類、500本が次々と咲くさまは実に素晴らしく、見頃の時期には連日多くの花見客でにぎわう。開花期の毎日、日没から午後9時まではライトアップされた桜が楽しめる他、毎年4月の第1日曜日に開催される「黄金崎さくらまつり」では、地場産品の販売や琴の演奏、野点、餅投げなど、さまざまな催しも行われる。
166ba624 2db5 43dc 986a bd52df9f08c1
黄金崎沿道沿いの桜
3月下旬〜4月上旬
黄金崎の岬へ伸びる沿道沿いに、毎年3月中旬から4月上旬にかけてソメイヨシノやオオシマザクラが咲き始誇ります。黄金崎から望む駿河湾の青い海、富士山と桜のコントラストは、ため息がでるほどの絶景です。
A07ab7f6 9ba4 454a 87f0 6e885cab9cba

Gurume meisho banner