7814da71 645f 4d1b ab39 1557d3d9088e

横須賀のよりみち案内【観光・名所】

神奈川県南東部、三浦半島に位置する横須賀市。 江戸時代末期に黒船が現れた開国の地である横須賀は、現在、アメリカと日本が融合した独特の雰囲気を持つ観光地でもあります。 開国・軍港の歴史を感じるスポットや、三浦半島の自然を楽しめるスポットなど、見どころ満載です。
0fb50d01 0c67 48c7 9ea2 20b758ba68ee
4b152dab d6b2 4735 aab1 bc6d694c4c34
2e57d958 93c4 4977 b8e6 56c35daf75fa
東京湾に突き出た観音崎のほぼ全域に広がる、県立観音崎公園。三浦半島の温暖な気候と豊かな海の自然に恵まれた観音崎には磯遊びができる砂浜があるほか、園内の随所から東京湾の海景色が広がり、浦賀水道を行き交う世界の船や、対岸の房総半島を一望することができます。また、日本初の洋式灯台である観音埼灯台や砲台跡などの遺構ものこる、歴史散策にもぴったりのスポットです。   園内のビュースポットは多々ありますが、なかでもおすすめは東京湾や房総半島への眺望が開けた「海岸園地」。現在3代目となる観音崎灯台と海と空を一枚におさめられる、絶景ポイントです。   また、観音崎公園は東京湾への入り口を守る要所として、古くは江戸幕府の命を受け台場が設置された場所。明治に入り、軍により各所にれんが造りの砲台が設置され、今でも明治17年に竣工した北門第一砲台、三軒家砲台などが、当時の原形に近い形で残されています。園内には戦没船員の碑などもあるので、こちらも併せて歴史散策してみてはいかがでしょうか?
観音崎 観音崎の海
by まんでがんTop user
2018年6月2日
Ed5677a7 153b 4373 8c34 ad84db9a974e
南仏プロヴァンスの香り漂う美しい街並みに野菜畑が見事に調和した癒しの公園。相模湾を一望できる小高い丘に立ち、約5,000㎡の花畑には四季折々の花が咲き乱れる。入園無料の園内には、地場産食材、園内で収穫された野菜を使った農村バイキングや地元長井漁港で水揚げされた浜焼きバーベキューができるレストランがあり、640席の芝生広場では“手ぶら”で炭火でバーベキューを行うことができる。また、ふれあい動物村に、カビバラ・カンガルーが仲間入り!直接ふれあうことができるほか、エサやり(別途100円)も行える。他にも芝そり・ゴーカートなどの遊戯施設、ピザ作りやキャンドル作りなどの体験教室、相模湾が一望できる温浴施設が利用でき、週末には野菜の収穫体験やステージイベントも開催。 毎年4月中旬頃からゴールデンウィークにかけて、船の遊具「ソレイユ・パイレーツ」前の花畑に約100万本のネモフィラが咲き誇ります。辺り一面ブルーのネモフィラに包まれる光景はまるで海の様です。
ネモフィラがたくさん咲いており、綺麗な風景が広がってます。
by ____0501____
2018年4月29日
204baef9 7fa9 4c3e b431 0c0ec8b36cc6
房総半島と三浦半島を結ぶ東京湾フェリーの発着地といえば、久里浜。海をはさみ、房総に負けずと懸命に花を咲かせている。花を咲かせている場所は久里浜緑地で、咲いているのは赤と黄色の可憐なポピー。それに、ポピーより早く咲く、ブルーのネモフィラ、ヤグルマギクなど。潮風も爽やかな初夏、100万株ものポピーが緑地すぐ入口にある「ポピー広場」で満開となる。海の波のように、風に揺られて花の波をつくるポピー畑は、見ているだけで何となく幸せな気持ちにしてくれる。また緑地には自然の地形をいかした緑地には、山頂部に久里浜港を見渡すことができる展望台があり、それを囲むようにハーブ園や足湯、芝生広場がゆったりと広がっている。
Gurume meisho banner