7814da71 645f 4d1b ab39 1557d3d9088e

横須賀のよりみち案内【イベント】

神奈川県南東部、三浦半島に位置する横須賀市。 江戸時代末期に黒船が現れた開国の地である横須賀は、現在、アメリカと日本が融合した独特の雰囲気を持つ観光地でもあります。 開国・軍港の歴史を感じるスポットや、三浦半島の自然を楽しめるスポットなど、見どころ満載です。
房総半島と三浦半島を結ぶ東京湾フェリーの発着地といえば、久里浜。海をはさみ、房総に負けずと懸命に花を咲かせている。花を咲かせている場所は久里浜緑地で、咲いているのは赤と黄色の可憐なポピー。それに、ポピーより早く咲く、ブルーのネモフィラ、ヤグルマギクなど。潮風も爽やかな初夏、100万株ものポピーが緑地すぐ入口にある「ポピー広場」で満開(4月中旬にアイスランドポピー、4月下旬からカリフォルニアポピー、5月上旬からシャーレーポピーが順次開花)となる。海の波のように、風に揺られて花の波をつくるポピー畑は、見ているだけで何となく幸せな気持ちにしてくれる。 また緑地には自然の地形をいかした緑地には、山頂部に久里浜港を見渡すことができる展望台があり、それを囲むようにハーブ園や足湯、芝生広場がゆったりと広がっている。 毎年4月上旬から6月上旬にかけて「くりはま花の国ポピーまつり」が開催。最終日には「無料花摘み大会」が行われ、ハサミを持参すれば、ポピーやコスモスの花を持ち帰ることも可能となっている。

東京湾に突き出た観音崎全域が公園になっている。園内のいたるところで約1万株のあじさいが咲いているが、歩道が設けられた渚沿いのあじさいは大海原や灯台とのコントラストが素晴らしい。

Gurume meisho banner