7814da71 645f 4d1b ab39 1557d3d9088e

横須賀のよりみち案内【イベント】

神奈川県南東部、三浦半島に位置する横須賀市。 江戸時代末期に黒船が現れた開国の地である横須賀は、現在、アメリカと日本が融合した独特の雰囲気を持つ観光地でもあります。 開国・軍港の歴史を感じるスポットや、三浦半島の自然を楽しめるスポットなど、見どころ満載です。
412d3d65 2936 4da6 b7a1 4d83ba829044
横須賀市久里浜にある陸上自衛隊久里浜駐屯地は、創立68周年を迎える最古の駐屯地です。これを記念して駐屯地内を一般公開し、各種イベントが開催されます。 普段は見られないイベント イベント内容は、記念式典(観閲式・観閲行進)、訓練展示、装備品展示、自衛隊車両の体験乗車、制服試着などです。歴史館・駐屯地模型展示室が解放され見学も出来ます。 旧軍時代の通信器材等を展示している「歴史館」や警察予備隊発足時の昭和25年と60年後の平成22年の駐屯地ジオラマを対比展示している「駐屯地模型展示室」も見どころのひとつ。 レアグッズ販売も また、駐屯地内でしか購入することの出来ないグッズ、おみやげ等を揃えた売店も営業します。どの内容も日頃はなかなか見ることの出来ないものばかりですので、是非、行ってみませんか? (注意事項) ・ペット同伴不可(ゲージなどに入れても不可) ・駐車場がありませんので、公共交通機関をご利用下さい。(駐屯地周辺の商業施設への駐車等もご遠慮くださ い) ・開放地区が決められておりますので、標識又は係員の指示に従って下さい。 ・ゴミは各自お持ち帰り下さい。
9e047cfa 6f7c 4a63 88aa 1eb7fe59639a
Ce3a71c6 c885 4c32 9627 15376e43fc46
Spot noimage
モダンアートの名品67点~福岡市美術館コレクション展より~ 横須賀美術館で9月15日から11月4日まで「モダンアート再訪」をテーマに、福岡市美術館所蔵1,600点に及ぶコレクションからモダンアートの名品67点が展示されます。 シュルレアリスム(20世紀を代表する芸術思潮の一つでミロやダリなどが代表)、抽象表現主義からポップ・アートまで、欧米を中心に展開した20世紀美術の一連の流れはモダンアート(現代美術)と呼ばれています。 今回はその歴史を改めてたどるもので、ミロ、ダリ、ウォーホル、草間彌生など20世紀美術を語るうえで欠かせない重要作家の作品を展示。日本を代表する近代作家、三岸好太郎、海老原喜之助など1930年代~2000年初頭の名品も紹介されます。また、期間中はさまざまなイベントも開催されます。詳細はHPでご確認ください。 秋の気配を感じる9月中旬から11月までの長い期間の展示です。本物の芸術作品を鑑賞する秋の一日を予定してみるのも良いのではないでしょうか?なお、11月3日は文化の日のため無料観覧日となります。 講習会「福岡市美術館コレクション形成史ー最強コレクションの作り方」 日時:9月30日(日)14時~15時30分 講師:山口洋三(福岡市美術館学芸係長) 定員:40名(申込不要・当日先着順) ワークショップ「ハーバリウムで表現する私だけのモダンアート」 日時:10月14日(日)  10時30分~12時・14時~15時30分(2回とも同じ内容) 講師:小野光里(HAP Cafe & Bar 主宰/日本ハーバリウム協会認定講師) 参加費:1,000円 (観覧料別途) 参加方法:事前申込(締切9/30必着) 対象:中学生以上 定員:各回抽選20名 学芸員によるギャラリートーク 1.大人向け 日時:10月20日(土)14時  ※申込み不要、直接会場へ(要観覧券) 2.親子向け 日時:10月20日(土)11時  5歳から小学生とその保護者 ※事前申込み:10/6必着
Gurume meisho banner