7814da71 645f 4d1b ab39 1557d3d9088e

横須賀のよりみち案内【イベント】

神奈川県南東部、三浦半島に位置する横須賀市。 江戸時代末期に黒船が現れた開国の地である横須賀は、現在、アメリカと日本が融合した独特の雰囲気を持つ観光地でもあります。 開国・軍港の歴史を感じるスポットや、三浦半島の自然を楽しめるスポットなど、見どころ満載です。
6855b9c1 b8d1 4d76 9495 31a20d50eb17
「禁じられた遊び」「第三の男」―戦前・戦後、人気を博したヨーロッパ映画。名作として現在も語り継がれるこれらの作品の日本公開時ポスターを手掛けたのは、配給会社の東和商事合資会社(のちの東宝東和)に在籍していた野口久光(1909―1994)。横須賀美術館では、同氏の生誕110年を機とした企画展「映画とジャズを愛した男 野口久光シネマ・グラフィックス」を2月9日(土)から開催する。 野口作品の特徴は、物語の世界に合わせて表現された絵と「描き文字」。映画ポスターデザインの第一人者として、約30年間で1千枚以上のポスターを手掛け、映画のシーンや出演者の表情など大胆なレイアウトと色づかいは、当時のグラフィック・デザイン界に大きな影響を与えた。 音楽評論家の顔も 企画展では、映画ポスターの代表作約160点のほか、雑誌の表紙や書籍の装丁など多彩な仕事に触れる資料を紹介する。グラフィック・デザイナーという枠を超え、ジャズやミュージカルにも造詣が深く、音楽評論家としても活動。ルイ・アームストロング、デューク・エリントンらとも親交を重ねた。会場では同氏が手掛けたレコードジャケットのほか、往年のジャズプレーヤーと収めたフォトグラフも展示する。 観覧料は一般900円、高大生・65歳以上700円、中学生以下無料。会期は3月31日(日)まで、2月17日(日)は無料観覧日。詳細は同館【電話】046・845・1211 ジャズ巨匠が特別対談  同館では企画展に関連し、ジャズをテーマにしたイベントを展開。2月19日(火)は、ジャズプレーヤーの渡辺貞夫氏とジャズ喫茶オーナーの菅原正二氏による「野口久光展スペシャル対談」が行われる。午後3時から4時半、会場は同館ワークショップ室。聴講無料(要観覧券)で事前申し込み制。メールで参加人数(4人まで)、代表者の〒・住所・電話番号、全員の氏名・年齢を明記し、表題に「野口展スペシャル対談」と記して【メール】art-event@city.yokosuka.kanagawa.jpへ。2月4日(月)必着、申し込み多数の場合は抽選。

D8090802 1ee7 4e2c 98a1 fd409b0df214
 横須賀美術館の地階展示室では年4回、同館で所蔵する日本の近現代の美術作品、横須賀にゆかりのある作家作品などを紹介している。  現在開かれている第4期所蔵品展で特集しているのは三木弘(ひろむ)(1900―1982)。和歌山県で生まれ、幼い頃に家族と共に京城(現在のソウル)の龍山へ移住した。現地の小学校を卒業後、日本に戻って農林学校に通ったが、再び朝鮮半島へ渡り、農林関係の仕事に就いていた。  独学で絵画を始めたのは1918年頃で、東京やパリで絵を学びながら京城を拠点に創作活動を展開。朝鮮美術展や二科展に出品し実績を積んだ。大戦終了後は京都に住まいを移し、自由美術協会を中心に活動した。自宅の火災によりそれまでの作品の多くを焼失したため、残っている絵画はわずか。本人は横須賀に住んだことはなかったが、所蔵する遺族が市内在住であることから、今回の特集企画が実現した。  会場では、最晩年となる1960年代後半以降の作品約20点を中心に展示。異色の経歴と絵にあるポエム・詩を大切にしていたというエピソードをもとに、展示のタイトルを「知られざる詩情の画家」と表している。 横須賀市ゆかりの作家作品  展示室6・7では、「クローズアップ/トリミング」と題し、市川美幸(写真)、広瀬美帆(絵画)による作品を特集。北側のギャラリー空間では、最上壽之(彫刻)の作品を展示している。横須賀市出身で深田台の中央公園「平和のモニュメント」や児童図書館前の「オープン ザ コスモ・ヨコスカ」を手掛けており、昨年10月に逝去。1985年作の「コンチキチノロ」を紹介している。  所蔵品展観覧料は310円。会期は4月14日(日)まで。問い合わせ、詳細は同館【電話】046・845・1211

勇気あるものだけが、 手にすることができる「無敵の剣」。 4つの公園の謎を解いて「無敵の剣」を手に入れよう。 「謎解きスタンプラリー 無敵の剣を探せ!」は、 神奈川県内の4ヶ所の県立公園(三ッ池公園、 四季の森公園、 観音崎公園、 東高根森林公園)を巡る、 スタンプラリー型のイベント企画です。 2019年1月からの新年”初公園”を謎解きをしながらお楽しみいただけます。       ①開催期間 2019年1月12日(土)から2019年5月6日(月)まで   ②参加費 無料   ③参加方法 1.各公園の管理事務所・パークセンターでリーフレットを入手します。 2.各公園を巡り、 リーフレットに記載の謎を解いて、 スタンプを押していきます。 3.謎を解いた参加者全員にオリジナルのミニ缶バッジをプレゼント。 《4つ全ての公園を巡るとオリジナルのキーホルダーをプレゼントします。 》   ④リーフレット配布・景品交換場所 神奈川県立三ツ池公園 管理事務所受付、 神奈川県立四季の森公園 管理事務所受付、 神奈川県立東高根森林公園 パークセンター受付、 神奈川県立観音崎公園 パークセンター受付   ※リーフレットはお一人につき1枚配布します。 ※巡る公園の順番は自由です。 制限時間はありません。 ※リーフレットの配布とプレゼントは当イベントの開催期間中のみ有効です。 ※リーフレット配布・景品交換は各公園の営業時間内に行います。

Gurume meisho banner