松ケ池公園(白つつじ公園)

明治17、18年頃(1884・1885)公園を整備造成した時に池を掘り花の町長井をPR、松などを移植し公園が作られたため「松ケ池」の名がついた。※(後に長井市が花作町の「七兵衛つつじ」をもらいうけ「つつじ公園」の名を用いるようになった。)
公園には市の天然記念物、樹齢750年以上の古樹「七兵衛つつじ」と約3,000株の琉球種の白つつじ(白いつつじだけ植えている。)があります。
園内には図書館や噴水、子供向け遊具があり市民の 憩いの場となっています。

3.9
2019/5/25