感染予防対策を行い、入場しました。 秋のコレクション展は、彫刻作品の展示でした。 画家の横田尚さんの立体作品は、絵画でのモチーフと同様に、のびやかな少女の姿が魅力でした。 三沢厚彦さんの木彫作品「アニマル」は、ユーモアに満ち、生命の息吹を感じます。 松本涼さんの初期立像作品は、衣が繊細な線条の刻みに被われ、半獣神の様に覚えます。 天明里奈さんの乾漆技法の作品は、端正な面立ちから異界へと誘い、漆の美しい特質を感じました。 写真提供©島田画廊

3.7
2021/11/8