群馬県 テーマパーク・遊園地のよりみち案内

日付指定

日付を指定する
赤城山の裾野に広がる群馬県を代表する植物園のぐんまフラワーパーク。 標高約300メートルに位置する「ぐんまフラワーパーク」は、広さ約184,000平方メートル(東京ドーム約4個分)もの広さがあり、フラトピア大花壇、庭園エリア、ガーデンエリアなどの屋外花壇のほか、5棟の温室で、年間を通じて花が咲いています。園内中央の、高さ18mの展望台は、晴れた日には北側に赤城山、南側に富士山や東京スカイツリーを見渡せます。 また、年間を通じて花のイベントを開催。ハナモモフェスタ(毎年1月下旬から3月中旬)、ツツジフェスタ(毎年4月下旬から5月中旬)、クリンソウフェスタ(毎年5月中旬から6月上旬)、バラフェスタ(毎年5月中旬から6月上旬)、ダリアフェスタ(毎年7月上旬から7月下旬、9月下旬から10月下旬)、秋バラフェスタ(毎年9月下旬から10月中旬)、イルミネーションフェスタ(毎年10月下旬から1月上旬)、アザレアフェスタ(毎年1月上旬から2月上旬)、サザンカフェスタ(毎年11月中旬から12月中旬)などのイベントが開催されています。このほか、キッズ向けのイベントや花火大会も開催されるので、いつ訪れても飽きないフラワーパークです。
魅惑のアザレア展 【ぐんまフラワーパーク】
2019年1月1日(火)~2月17日(日)
ぐんまフラワーパーク(群馬県前橋市)では、色鮮やかな花を咲かせるアザレアが楽しめる「魅惑のアザレア展」を2月17日(日)まで開催いたします。   アザレアとは、19世紀にヨーロッパで品種改良された温室栽培の花鉢のツツジで、日本や中国のツツジに対して西洋ツツジと呼ばれています。花は薔薇のような八重咲きで、色も白やピンク、赤など大変色鮮やかな花を咲かせます。そのようなアザレアを当園では約160品種2,000株保有し、その貴重なアザレアコレクションのうち特に花付きの良いものを選び、約400鉢を展示いたします。 中でも、世界的にも例を見ない樹高約2mの背の高い「朝日」や樹齢約100年の「清朗」は必見。さらに、淡いピンク色が愛らしい「ハルナギ」のほか、複輪、絞りなどさまざまな種類が色鮮やかに咲き競います。また、盆栽仕立てやスタンダード仕立て、玉作り仕立てなど、仕立て方にも工夫を凝らし、世界に誇るアザレアコレクションが爛漫の春を演出する様は、まさに圧巻です。また、期間中には即売会も開催いたしますので、ご自宅でもアザレアの花容をお楽しみいただけます。   <注目の品種> ・世界一長寿と云われる約100歳のアザレア「晴朗」「落陽」 ・世界一大きいと云われる約2mのアザレア「朝日」     ■「魅惑のアザレア展」開催概要 ・日時:2019年1月1日(火・祝)~2019年2月17日(日) ・営業時間: 1月1日~1月14日 9:00~21:00 ※最終入場は20:30まで 1月15日~2月17日 9:00~17:00 ※最終入場は16:30まで   ・会場:カネコ種苗 ぐんまフラワーパーク ・所在地:群馬県前橋市柏倉町2471-7 ・入場料: 大人(高校生以上)600円 小人(中学生以下)無料   障がい者料金:本人と介添人1名まで無料(要障がい者手帳) イベントURL:http://www.flower-park.jp/event/article/no/118 公式サイト:http://www.flower-park.jp/   <無料アザレアガイド> 日時:1月14日(月・祝)・20日(日)・27日(日) 10:00~15:00 当園のアザレアコレクションをスタッフが解説いたします。   <アザレア販売> 日時:期間中の土日祝日 10:00~15:00 手頃な価格でご用意しています。 ※数に限りがございます。
60155de6 9b92 437b a0af da33a84621c6
ぐんまフラワーパークのチューリップ
4月上旬〜4月下旬
赤城山の裾野に広がる群馬県を代表する植物園のぐんまフラワーパーク。 標高約300メートルに位置する「ぐんまフラワーパーク」は、広さ約184,000平方メートル(東京ドーム約4個分)もの広さがあり、フラトピア大花壇、庭園エリア、ガーデンエリアなどの屋外花壇のほか、5棟の温室で、年間を通じて花が咲いています。園内中央の、高さ18mの展望台は、晴れた日には北側に赤城山、南側に富士山や東京スカイツリーを見渡せます。 また、年間を通じて花のイベントを開催。ハナモモフェスタ(毎年1月下旬から3月中旬)、チューリップフェスタ(毎年4月上旬から4月下旬)、ツツジフェスタ(毎年4月下旬から5月中旬)、クリンソウフェスタ(毎年5月中旬から6月上旬)、バラフェスタ(毎年5月中旬から6月上旬)、ダリアフェスタ(毎年7月上旬から7月下旬、9月下旬から10月下旬)、秋バラフェスタ(毎年9月下旬から10月中旬)、イルミネーションフェスタ(毎年10月下旬から1月上旬)、アザレアフェスタ(毎年1月上旬から2月上旬)、サザンカフェスタ(毎年11月中旬から12月中旬)などのイベントが開催されています。このほか、キッズ向けのイベントや花火大会も開催されるので、いつ訪れても飽きないフラワーパークです。 毎年4月上旬頃になると、ぐんまフラワーパークのチューリップは早咲きから遅咲きまで約50種19万球のチューリップが楽しめます。フラトピア大花壇を筆頭に園内の様々な場所で色とりどりのチューリップが花を咲かせます。展望台から眼下に広がるチューリップを観賞すると、いつもとは違った圧巻の光景に出会えるので、訪れた際にはぜひ展望台に登りたい。
A797fafb d092 417d a1da 5fa3ce3a3c63
ぐんまフラワーパークのつつじ
4月下旬〜5月中旬
赤城山の裾野に広がる群馬県を代表する植物園のぐんまフラワーパーク。 標高約300メートルに位置する「ぐんまフラワーパーク」は、広さ約184,000平方メートル(東京ドーム約4個分)もの広さがあり、フラトピア大花壇、庭園エリア、ガーデンエリアなどの屋外花壇のほか、5棟の温室で、年間を通じて花が咲いています。園内中央の、高さ18mの展望台は、晴れた日には北側に赤城山、南側に富士山や東京スカイツリーを見渡せます。 また、年間を通じて花のイベントを開催。ハナモモフェスタ(毎年1月下旬から3月中旬)、チューリップフェスタ(毎年4月上旬から4月下旬)、ツツジフェスタ(毎年4月下旬から5月中旬)、クリンソウフェスタ(毎年5月中旬から6月上旬)、バラフェスタ(毎年5月中旬から6月上旬)、ダリアフェスタ(毎年7月上旬から7月下旬、9月下旬から10月下旬)、秋バラフェスタ(毎年9月下旬から10月中旬)、イルミネーションフェスタ(毎年10月下旬から1月上旬)、アザレアフェスタ(毎年1月上旬から2月上旬)、サザンカフェスタ(毎年11月中旬から12月中旬)などのイベントが開催されています。このほか、キッズ向けのイベントや花火大会も開催されるので、いつ訪れても飽きないフラワーパークです。 ぐんまフラワパークのツツジは「虹色の小径」と呼ばれる「つつじヶ丘」で約50種約350株、「わんぱく広場」で約20品種224株を観賞できます。ヒラドツツジ、キリシマツツジ、ヤマツツジなど色鮮やかなツツジを十分に満喫したい。
E5a0e577 0b9e 4dad a406 b00ec5a1d7bb
ぐんまフラワーパークのバラ
5月中旬〜6月上旬
赤城山の裾野に広がる群馬県を代表する植物園のぐんまフラワーパーク。 標高約300メートルに位置する「ぐんまフラワーパーク」は、広さ約184,000平方メートル(東京ドーム約4個分)もの広さがあり、フラトピア大花壇、庭園エリア、ガーデンエリアなどの屋外花壇のほか、5棟の温室で、年間を通じて花が咲いています。園内中央の、高さ18mの展望台は、晴れた日には北側に赤城山、南側に富士山や東京スカイツリーを見渡せます。 また、年間を通じて花のイベントを開催。ハナモモフェスタ(毎年1月下旬から3月中旬)、ツツジフェスタ(毎年4月下旬から5月中旬)、クリンソウフェスタ(毎年5月中旬から6月上旬)、バラフェスタ(毎年5月中旬から6月上旬)、ダリアフェスタ(毎年7月上旬から7月下旬、9月下旬から10月下旬)、秋バラフェスタ(毎年9月下旬から10月中旬)、イルミネーションフェスタ(毎年10月下旬から1月上旬)、アザレアフェスタ(毎年1月上旬から2月上旬)、サザンカフェスタ(毎年11月中旬から12月中旬)などのイベントが開催されています。このほか、キッズ向けのイベントや花火大会も開催されるので、いつ訪れても飽きないフラワーパークです。 ぐんまフラワーパークのバラはイギリス、フランス、ドイツ、アメリカ、日本と世界各国の香りをテーマにした約400品種1,600株。サントリーフラワーズが開発した奇跡の青いバラ「アプローズ」、ベルサイユのバラシリーズなど、様々な種類のバラもぐんまフラワーパークを訪れれば一度に観賞できる点は嬉しい。
415af47e 7575 4351 a1bc 3500863e63d9
関連記事あり
ぐんまフラワーパーク 「魅惑のアザレア展」を2月17日(日)まで開催
B59bc4c6 330e 40eb b05d b9e2e5a6e3a4
関連記事あり
一足早い春!ぐんまフラワーパークの「アザレアフェスタ」を楽しむ!
Be32368e 9342 45fd 8f0f 9fb2c2a527de