埼玉県 百合のよりみち案内

百合のTOP USER
リフトマンの休日写真さん
3f447e15 f206 41c9 b756 200c1211b04f
B6096df0 0ba5 43a2 ac86 844cfc890d7d

純潔さと妖艶さを併せ持つユリ。キリスト教において、聖母マリアに捧げられた花と言われており、花言葉は「純潔」。また、葉や球根がたくさん寄り重なっているところが「百合」の語源になったとも言われます。花期は5月~8月で、白やピンク、黄色などの香りの強い大ぶりの花を咲かせます。さらに、全国にはユリに関連したスポットが目白押し。例えばユリばたけの中を走り抜ける「ユリトレイン」や、涼しい風を受けながら空中散歩が楽しめる「ユリペアリフト」など。また、中には「ユリ根の天ぷら」や「ユリソフトクリーム」といったユリを使った食事を楽しめるのも魅力の一つ。五感でユリを堪能する、新しいお花見に出かけましょう!

エリア

全国

日付指定

日付を指定する
B1db82d9 65a1 4bf6 9ddd ab94206257f1
西武プリンスドームとなり西武池袋線「西武球場前」駅から徒歩3分の近さにあるゆり園は、狭山丘陵の地形を生かした約3万平方メートルの自然林に50種・約45万株のゆりが咲き誇り、花と森林浴の散策が楽しめます。園内は、早咲きのすかしゆり種と遅咲きのハイブリッド種がカラフルな色と優雅な香りに満ちあふれた癒しの空間を演出。早咲きのすかしゆり種は香りが無く、目で楽しむユリです。対象的に、遅咲きのハイブリッド種は甘い香りを漂わせます。この「ところざわのゆり園」は、2005年6月4日『ユネスコ村自然散策園・ゆり園』としてオープン。当時はユネスコ村大恐竜探検館との並行営業だったため、ユネスコ村の名前を冠していた。2006年9月30日にユネスコ村大恐竜探検館が閉館になるとともに、2007年よりユネスコ村の冠名称がとれ「ところざわのゆり園」としてオープン。園内は、「自然散策コース」(約1,000m)と、気軽な「らくらく観賞コース」(約100m)、混色のユリを見ることのできる回遊エリア(約200m)に分かれてみることができ、園内3か所に休憩所が設置してあります。毎年営業期間中は、ユリの販売も行っています。