千葉県 花の名所のよりみち案内

花の名所のTOP USER
平岩蘭さん
90f799c2 68be 4938 9ef4 1542a9df0c99

日付指定

日付を指定する
070fc4d3 e663 466e bb7b 5a99e4ab77a8
Eb648f68 dc97 4f2c 8362 bfce90c6796d
35a2c849 5665 4108 adbf 493e575f6d8e
千葉県市川市の里見公園。北原白秋の旧居「紫烟草舎」、羅漢の井、里見軍戦死者の慰霊碑などがある公園として知られています。また、3月下旬から4月上旬は、約260本のソメイヨシノが咲き誇るお花見のスポットとして、5月中旬頃からは里見公園内のバラ園で約112種、700株の色鮮やかなバラが咲き誇るスポットとして、四季を通じて楽しめる公園です。
User default image
世界一と日本一 世界一の東京スカイツリーと日本一の富士山のシルエットがとてもきれいな夕焼けでした。
3.0
by 3GO
2017年12月30日

E40f12b2 31de 43a5 8439 68def0b96ed2
マザー牧場は、房総半島の山々や、東京湾や富士山の雄大な景色が見渡せる鹿野山(かのうざん)にあり、豊かな自然とふれあうことができる国内有数の観光牧場施設。 季節の花々も楽しめる花の名所としても有名なスポットです。毎年5月中旬〜9月中旬になると、広大な花畑にピンク色のペチュニアが咲き誇ります。 ペチュニアはアクシラリス種やビオラケア種などを親にして誕生した園芸品種。原産地は、ブラジル南部、アルゼンチン、ウルグアイなどの南米で、小輪の花を多数つける品種と大輪の花を咲かせる品種があります。マザー牧場のペチュニアは、千葉県で品種改良した「桃色吐息」という品種。青空の下、約25,000株ものペチュニアが作り出すピンク色の絨毯は絶景です。