千葉県 キャンプ場のよりみち案内

キャンプ場のTOP USER
れこばさん
765fcacd 8ce5 4920 8caa 246a895ea43c

日付指定

日付を指定する
F5b6f317 0ddf 4d0b a204 5281c6372a5c
3abc9a09 44cd 4ac5 bab5 691e7b62c3cf
Spot noimage
マザー牧場は、房総半島の山々や東京湾が見渡せる250ヘクタールという広大な敷地にあります。四季の花、愛らしい動物たちとのふれあいを楽しめるほか、いちご狩りもすることができる、ファミリーでも楽しめるレジャースポットです。 マザー牧場のいちご園は、「立体型7段式水耕栽培」を採用しており、背の高い人から低い人まで、自分にあった高さのいちごを摘み取ることができます。イチゴの品種は、「紅ほっぺ」、「あきひめ」、「もういっこ」、「やよいひめ」の4種類があります。予約不可で、受付先着順で熟した実が無くなり次第終了となるので、いちご狩りにマザー牧場に出かける際は時間に余裕を持って到着することをオススメします。
マザー牧場のあじさい
6月中旬〜7月中旬
マザー牧場は、房総半島の山々や、東京湾や富士山の雄大な景色が見渡せる鹿野山(かのうざん)にあり、豊かな自然とふれあうことができる国内有数の観光牧場施設。季節の花々も楽しめ、秋に真っ赤なじゅうたんを作り出すサルビアの「花の大斜面・東」と春にダイナミックに咲く菜の花畑の「花の大斜面・西」のほか、初夏の季節になると「花の大斜面・西」から「フルーツ農園(イースト農園)」までの遊歩道沿や「あじさい園」で約2,000株のあじさいが様々な色の花を咲かせます。
9c715919 0f7e 4e3e a0bf 5ef9d1d97e97
マザー牧場の桃色吐息(ペチュニア)
5月中旬〜9月中旬
マザー牧場は、房総半島の山々や、東京湾や富士山の雄大な景色が見渡せる鹿野山(かのうざん)にあり、豊かな自然とふれあうことができる国内有数の観光牧場施設。 季節の花々も楽しめる花の名所としても有名なスポットです。毎年5月中旬〜9月中旬になると、広大な花畑にピンク色のペチュニアが咲き誇ります。 ペチュニアはアクシラリス種やビオラケア種などを親にして誕生した園芸品種。原産地は、ブラジル南部、アルゼンチン、ウルグアイなどの南米で、小輪の花を多数つける品種と大輪の花を咲かせる品種があります。マザー牧場のペチュニアは、千葉県で品種改良した「桃色吐息」という品種。青空の下、約25,000株ものペチュニアが作り出すピンク色の絨毯は絶景です。
E40f12b2 31de 43a5 8439 68def0b96ed2
マザー牧場のサルビア
9月上旬〜10月中旬
マザー牧場は、房総半島の山々や、東京湾や富士山の雄大な景色が見渡せる鹿野山(かのうざん)にあり、豊かな自然とふれあうことができる国内有数の観光牧場施設。季節の花々も楽しめ「花の大斜面・西」と「東」に真っ赤なじゅうたんのように咲くサルビアは、まさに牧場の秋の風物詩。1970年代からサルビアを栽培し、毎年いろいろな品種の組み合わせを試しているというサルビアは、現在では約30万本にもなりました。
000b59b8 2615 40d1 9230 3cb48483d9ef
マザー牧場のコスモス
10月上旬〜10月下旬
マザー牧場は、房総半島の山々や、東京湾や富士山の雄大な景色が見渡せる鹿野山(かのうざん)にあり、豊かな自然とふれあうことができる国内有数の観光牧場施設。季節の花々も楽しめ、秋になると、真っ赤なじゅうたんを作り出すサルビアの「花の大斜面・東」と約1万㎡の敷地に約200万本ものコスモスのピンク色の花が咲き誇る「花の大斜面・西」の景色は壮観です。
906440a6 8647 4f15 960a 28bd0cf4aaee
関連記事あり
【富津市 観光】おすすめ10選!千葉のラピュタからマザー牧場まで
00d5abda 561d 44c1 85f0 2674cdeb2822