千葉県 子供・キッズのよりみち案内

子供・キッズのTOP USER
ちぇりさん
801428b1 3038 4abc 8a6e f07e1a0b0aed

日付指定

日付を指定する
392cbd97 86e5 4832 894e e97b6cb49b40
Ff812c2b e722 4d1f b9c4 f8bd4cd68132
150f370e 673f 4797 b1bb 1c9a9da0eb24
千葉県袖ケ浦市の東京ドイツ村。 敷地面積27万坪、東京ドームの約19倍と広大な敷地に様々な施設が設置されている複合型テーマパークです。 観覧車やバイキング、釣り堀、パターゴルフなど約20種類の有料アトラクションのアミューズメントエリア、約6.7haの広大な芝生の広場、すべり台、ブランコ、ターザンロープ、砂場などが設置されているわんぱく広場、ボルダリング場、バスケット・サッカー・ストラックアウトなど、人気のスポーツを楽しめるスポーツランド、ミニブタをはじめ、モルモット・ヤギ・ヒツジ達と触れ合えるこども動物園、野菜・果物の収穫体験、約200種5,000株のローズガーデンや、芝桜、あじさい、コスモス、コキアなど四季折々の花が美しいフラワーガーデンなど見所が満載です。
57937e3b 6551 4144 9e57 cc17d3c410f4
グラデーションが素晴らしい こちらチャイナランタンフェスティバルですがグラデーションが素晴らしかった!
4.0
by かもしか
2019年3月14日
東京ドイツ村ウインターイルミネーション 2018-2019
2018年11月1日(木)〜2019年4月7日(日)
今回で13回目を迎える「東京ドイツ村」のウィンターイルミネーション。今回は「願い」をキーワードに、不死鳥、パワーストーン、魔女など不思議な力を持つとされるスポットがちりばめられたイルミネーションを展開。恒例の光と音のショー、虹のトンネル、3Dイルミネーションに加え、過去開催で好評を博した電動カートでのイルミネーション回遊も再登場!2019年1月3日(木)からは「第1回チャイナランタンフェスティバルIN東京ドイツ村」と称し、中国の伝統的なランタンの展示を実施します。イルミネーションとはひと味違った迫力と色彩豊かな輝きを楽しんで。
F6ebbeb7 a1f7 40fe 8b61 ae1a6f9896f6
東京ドイツ村の芝桜
3月下旬〜4月下旬
千葉県袖ケ浦市の東京ドイツ村。 敷地面積27万坪、東京ドームの約19倍と広大な敷地に様々な施設が設置されている複合型テーマパークです。 観覧車やバイキング、釣り堀、パターゴルフなど約20種類の有料アトラクションのアミューズメントエリア、約6.7haの広大な芝生の広場、すべり台、ブランコ、ターザンロープ、砂場などが設置されているわんぱく広場、ボルダリング場、バスケット・サッカー・ストラックアウトなど、人気のスポーツを楽しめるスポーツランド、ミニブタをはじめ、モルモット・ヤギ・ヒツジ達と触れ合えるこども動物園、野菜・果物の収穫体験、約200種5,000株のローズガーデン、あじさい、コスモス、コキアなど四季折々の花が美しいフラワーガーデンなど見所が満載です。 3月下旬から4月下旬にかけて、広大な5万㎡の丘を約25万株の芝桜が鮮やかに埋め尽くします。芝桜の周辺は約1.1kmの散策コースになっているので、ゆっくりと歩きながら観賞できます。ピンクと紫の鮮やかなコントラストを存分に味わいながらゆっくり散歩したい。
7646a622 1591 49ea 81d0 6c559ca500fe
東京ドイツ村のバラ
5月中旬~6月中旬
千葉県袖ケ浦市の東京ドイツ村。 敷地面積27万坪、東京ドームの約19倍と広大な敷地に様々な施設が設置されている複合型テーマパークです。 観覧車やバイキング、釣り堀、パターゴルフなど約20種類の有料アトラクションのアミューズメントエリア、約6.7haの広大な芝生の広場、すべり台、ブランコ、ターザンロープ、砂場などが設置されているわんぱく広場、ボルダリング場、バスケット・サッカー・ストラックアウトなど、人気のスポーツを楽しめるスポーツランド、ミニブタをはじめ、モルモット・ヤギ・ヒツジ達と触れ合えるこども動物園、野菜・果物の収穫体験、約25万株の芝桜、あじさい、コスモス、コキアなど四季折々の花が美しいフラワーガーデンなど見所が満載です。 毎年5月中旬から6月中旬になると入場ゲートを入ってすぐの左側にあるローズガーデンで約200種5,000株のバラを堪能できます。ドイツ原産のバラ80種類が並ぶ「ドイツのバラコーナー」や多様な種類のバラをゆっくりと観賞できるスポットです。
E482fc05 d483 471d bc0c c22144ffb2d9
東京ドイツ村のあじさい
6月中旬~7月上旬
千葉県袖ケ浦市の東京ドイツ村。 敷地面積27万坪、東京ドームの約19倍と広大な敷地に様々な施設が設置されている複合型テーマパークです。 観覧車やバイキング、釣り堀、パターゴルフなど約20種類の有料アトラクションのアミューズメントエリア、約6.7haの広大な芝生の広場、すべり台、ブランコ、ターザンロープ、砂場などが設置されているわんぱく広場、ボルダリング場、バスケット・サッカー・ストラックアウトなど、人気のスポーツを楽しめるスポーツランド、ミニブタをはじめ、モルモット・ヤギ・ヒツジ達と触れ合えるこども動物園、野菜・果物の収穫体験、約200種5,000株のローズガーデン、約25万株の芝桜、コスモス、コキアなど四季折々の花が美しいフラワーガーデンなど見所が満載です。 6月中旬から7月上旬にかけて、広大な5万㎡の敷地「あじさいの森」に約3万株のあじさいが咲き誇ります。東京ドイツ村のあじさいは関東最大級のスケール。あじさいの品種も中心の花を飾る額縁のように花が咲く「ガクアジサイガクアジサイ(額紫陽花)」、花火のような星形の花が美しい「墨田の花火」など様々な品種があります。また、「あじさいの森」は徒歩で約20分の「墨田の花火コース」、約30分の「楽々コース」、約40分の「見所コース」、約70分の「全周コース」があり、その日の体調や気分で周遊できるコースを選びましょう。
東京ドイツ村のコキア
9月上旬~10月下旬
千葉県袖ケ浦市の東京ドイツ村。 敷地面積27万坪、東京ドームの約19倍と広大な敷地に様々な施設が設置されている複合型テーマパークです。 観覧車やバイキング、釣り堀、パターゴルフなど約20種類の有料アトラクションのアミューズメントエリア、約6.7haの広大な芝生の広場、すべり台、ブランコ、ターザンロープ、砂場などが設置されているわんぱく広場、ボルダリング場、バスケット・サッカー・ストラックアウトなど、人気のスポーツを楽しめるスポーツランド、ミニブタをはじめ、モルモット・ヤギ・ヒツジ達と触れ合えるこども動物園、野菜・果物の収穫体験、約200種5,000株のローズガーデン、約25万株の芝桜、コスモス、コキアなど四季折々の花が美しいフラワーガーデンなど見所が満載です。 9月上旬から10月下旬にかけて「コキアの谷」の約2万株のコキアが見頃を迎えます。場所は、東京ドイツ村のパターゴルフ場の裏の斜面。9月中は緑色の爽やかなコキア、10月中旬頃になると真っ赤な色に染まった美しいコキアを目にすることができます。
関連記事あり
【千葉】アスレチックおすすめ11選!大人も子供も楽しめる
59afef8a 0647 444e 8424 de2de6c1e9e3

3f5704bb f8b8 44aa 9f7a e494a56ecdac
1b5029a5 56e3 4433 9760 b8d954c82df8
2c25b407 9d87 4551 ba72 9208db60c2b7
世界でも珍しいシャチのショーは必見です。海の王者、シャチの豪快なジャンプは圧巻で、夏にはシャチが水しぶきを客席にかけるパフォーマンスがみられることもあります。他にもイルカ、ベルーガ、アシカなど人気者が集結していて、直接触れ合えるイベントも充実しています。
海の生き物教室「謎多きメガマウスザメ」開催(鴨川シーワールド)
開催日:2019年3月9日(土)・10日(日)・16日(土)・17日(日)・21日(木・祝)・25日(月)~29日(金)
世界にも珍しい大型のサメである「メガマウスザメ」は、2017年5月22日に房総半島の南に位置する館山市洲崎(すのさき)定置網に入網し、2018年2月24日に「さめ先生」の愛称で知られる仲谷 一宏(なかや かずひろ)北海道大学名誉教授らとともに公開解剖されました。その骨格は、このような大型ザメでは世界初となるプラスティネーション加工(含浸加工)という工法が施され、昨年12月より鴨川シーワールドにて一般公開しています。  海の生き物教室「謎多きメガマウスザメ」では、謎の多いメガマウスザメについて飼育員が映像を交えながら解説を行うほか、実際にメガマウスザメの全身骨格にふれて、その質感や、大きさを体感できる貴重な時間を設けております。世界でも非常に希少なため、生態は未だ不明とされている、最大で全長710センチメートルほどに成長する幻のサメを、この機会に是非近くで見て、触って、感じてみませんか?
634e16cc 3d04 476f 9f72 dd87a94d939a
謎多きクラゲが春の訪れを告げる「カミクラゲ」を展示開始!(鴨川シーワールド)
4月上旬ごろまで展示予定
鴨川シーワールドでは、エコアクアローム内「Kurage Life(クラゲライフ)」にて、春の訪れを告げる神秘的な「カミクラゲ」の展示を4月上旬まで公開いたします。 「カミクラゲ」は冬から春にかけて日本の太平洋沿岸に現われるクラゲです。カサの大きさは6㎝ほどに成長し、髪の毛のような触手をなびかせて浮遊する姿が名前の由来で、房総半島では東京湾内の漁港などに姿を現わします。生態には不明な点が多く、出現する春以外の生活は未だ謎につつまれている神秘的なクラゲで、桜の花が散る4月頃には姿を消してしまいます。  鴨川シーワールドでは、今年は1月3日(木)から「カミクラゲ」を求めて東京湾内の漁港を調査しはじめ、1月19日(土)に富津市大貫の漁港で、カサの大きさが1~3㎝ほどの個体の採集に成功し、展示公開の運びとなりました。 期間限定でしか見ることができない神秘的なクラゲを、この機会にぜひご覧ください。 ※生物の状況により、展示期間が変更となる場合があります。ご了承ください。
64c8d3de 7426 46e8 89ce aa68b12d879d
関連記事あり
【関東 菜の花】おすすめスポット16選!
4e197958 6937 444d 9733 27be7e51f337
関連記事あり
めったに見られない!鴨川シーワールドで11月3日特別イベント「海の動物 公開体重測定」開催!
E178af6c a9d1 4ebd 9fbc 9aeb949dd7df