千葉県のよりみち案内

日付指定

日付を指定する
390c7e06 2f89 4a8a bd53 9c67625e9d46
8d640899 20e8 42e4 b275 296c2e09e543
Bc40dcfc 0bcf 4008 9f81 17fd147cddcf
京成線中山駅から徒歩5分ほどのところにある、日蓮宗大本山「法華経寺」。鎌倉時代に創建され、日蓮聖人に関係した遺品が日本でもっとも多く保存されている古刹です。 境内にある「聖教殿(しょうぎょうでん)」には、「立正安国論」と「観心本尊抄」という2つの国宝をはじめ、日蓮聖人の遺文が大切に保管されています。通常は内部非公開の聖教殿ですが、その設計は「築地本願寺」などでも有名な建築家、伊東忠太の手によるもの。インド風の独特の外観も、一見の価値があります。 法華経寺には、国の重要文化財に指定された建築も多数。中でも、日蓮聖人像を安置する「祖師堂」と加賀前田家寄進の「五重塔」は、大きな見どころです。 祖師堂は、屋根を二つ並べたような比翼入母屋(ひよくいりもや)造という大変珍しい様式で造られています。比翼入母屋造の屋根を持つ建物は、全国でも岡山県にある吉備津神社本殿とこの祖師堂だけ。貴重な建築を間近で見られるスポットです。 たくさんの文化財が残る法華経寺。広い境内を歴史を感じながら散策してみてはいかがでしょうか。