東京都 花の名所のよりみち案内

花の名所のTOP USER
平岩蘭さん
90f799c2 68be 4938 9ef4 1542a9df0c99

日付指定

日付を指定する
C80e0e83 9bc8 4233 8a7b 310e140e316b
7cd0f728 d6c5 4dc2 a251 db1d41c68da3
1967fe9a 0b25 4346 8146 c7e51f545d3c
全国的にも有名な桜の名所、皇居西側の千鳥ヶ淵沿い(全長約700メートル)の遊歩道「千鳥ヶ淵緑道」では、毎年桜が見ごろを迎える3月下旬~4月上旬に「千代田のさくらまつり」が開催されます。期間中は、ソメイヨシノやオオシマザクラなど約260本の桜がライトアップされるほか、「千鳥ヶ淵ボート場」が夜間特別営業され、千鳥ヶ淵の水上から幻想的な夜桜を堪能できます。
User default image
花筏とハンター 千鳥ヶ淵 花筏の中の白鷺 
3.0
by TKIO
2020年4月3日

F574915c b8da 483e 9a2f bf5ab4257973
Afd3787d ed43 4996 94ec b8ddf631e4b8
Db417452 e595 4573 9cdd 4fabe1a12b53
池尻大橋から東急目黒線下の亀の甲橋(品川区)までの約3.8kmの川沿では約800本のソメイヨシノが咲き乱れます。目黒川沿いに続く桜を散歩しながら楽しめる人気の高いスポットです。中目黒駅近くでは屋台も出ていて、多くの人々で賑わっています。また、18:00~21:00にはライトアップが行われるので夜桜を楽しむことができます。写真撮影におすすめしたいスポットは山手通りの手前にある「中の橋」です。ここはドラマの撮影でもよく使われる人気スポットです。目黒川では、桜が散り始めても「桜吹雪」と川面をしきつめて流れる「花筏(はないかだ)」を楽しむことができます。花筏を楽しむ際は、目黒駅・不動前駅からのアクセスがおすすめです。
User default image
桜の名所といったらここでしょう 夜は特にきれいでした。
5.0
by fannrei
2019年3月28日

Dc8b7482 8b7c 42bb a7e9 7f19e73d8e52
Bb901520 9870 463b a1e4 4040edc190c6
6769dc10 ae86 402b aa83 404c1d21ee2e
新宿御苑は例年約100万人もの人出で賑わう定番お花見スポットです。東京ドーム約12個分の敷地に約1,000本の桜があり、天正18年からある古き良き桜の名所。酒類の持ち込みが禁止されているため、小さいお子さま連れでも安心してお花見が楽しめます。2月中旬~3月中旬は早咲きの「寒桜」や「河津桜」が見頃を迎えます。この時期は花見客も少なく、花の撮影・お散歩には特におすすめです。3月下旬にはヤマザクラなどの一重咲き桜、4月上旬にはソメイヨシノ、イチヨウやカンザンなどの八重咲き桜が次々とつぼみを開き、園内を鮮やかに彩ります。
A9fdf7ad 97a7 46e4 9383 3906c9d1c707
新宿御苑にて 池にうつった桜も趣きがあってきれいでした。
4.0
by zona
2019年3月21日

Cca7c9eb b3af 4d48 bb59 3765676c2703
06d8f7aa ec75 45a8 a674 e449c3e5560c
4b091ec6 e206 44bf b34b d35a06346da9
東京スカイツリーの展望デッキ フロア350の窓ガラス横幅約110メートル、高さ約2メートルの巨大スクリーンに仕立てた「SKYTREE ROUND THEATER」では、春の花で演出されたスポットや、春らしいフレームでの景色の撮影ができるフォトスポットなど、春限定の特別映像が上映されます。東京スカイツリータウンや地元の桜の名所を中心にめぐりながら、全7ヶ所のうち4ヶ所以上のスタンプポイントを集めると、特製レジャーシートがもらえるスタンプラリーイベントなど、子供でも楽しめるイベントも開催されます。
57e2a2f4 16d0 492f 94fd 5ff6da508ad8
隠れた桜名所 スカイツリーの下に河津桜が数本植えられています。
3.0
by Shusei Itagaki
2019年3月14日

729088db 8835 4d21 bec6 f09c09e597d4
384a5c77 65f3 44e4 a933 c67518838f6e
8cea7164 b5b8 4364 aad6 9e097ede81a7
皇居東外苑の広々とした敷地では、桜や梅、ツツジや水仙など四季折々の花々を鑑賞することができます。ソメイヨシノ、サトザクラ、河津桜、カンヒザクラなど約280本があり、早咲きで知られる河津桜が3月上旬に見頃を迎えるのを皮切りに、次々に華やかに花を咲かせ、訪れる多くの人々を魅了します。 スポーツや飲酒が禁止されているので、都心ながら混雑もそれほどすることなく、純粋にゆっくりとお花見を楽しむことができる穴場スポットです。
User default image
お堀と桜 皇居の中で、お堀と古いさくらは長く続いてきた歴史を感じました。
4.5
by jake55
2019年3月31日

98f393e6 c047 4973 89eb 6a180eb7ee67
E516a3dd 04d1 421d ad1d 98e2232be629
A76c3106 1524 4117 a27c 540f5ca08aba
江戸時代に江戸城北の丸があった場所にある、北の丸公園。昭和30年代に桜が植栽され、現在では都心でも有数のお花見の名所として知られています。池や芝生の美しい緑あふれる園内に、ソメイヨシノなど約330本植えられています。北の丸公園で見逃せないのが、千鳥ヶ淵側土手沿いの散歩道です。上から見下す桜は、タブノキやミズキを従えて咲き誇り、水面にまで枝を垂らします。お濠の水面に向かって咲き誇る桜の枝ぶりの素晴らしさには息をのむこと間違いなしです。
User default image
共演 さくらと若葉の共演。春の日を浴びて、コロナを忘れそうです。
3.0
by TKIO
2020年3月26日

93d9f9f5 a1a6 4973 a480 4ec9f4f139bb
Aaf36c41 2f76 4b59 b559 de3f7b890001
2d728057 0847 4527 b859 dca6a9458e4f
昔は、根津権現と呼ばれていた神社で祭神はスサノオノミコト、オオクニヌシノミコト、菅原道真など数神。社伝によればヤマノタケルノミコトが創建したというから、その歴史はかなり古い。 現在の社殿は、宝永3年(1706年)に五代将軍綱吉が諸大名に命じて造営したもので、戦火をまぬがれた江戸の名建築がそっくりそのまま楽しめる。境内はつつじの名所だが、綱吉の父で甲府宰相・徳川綱重の下屋敷が、ここにあった時に造られた庭園がすでに「つつじヶ岡」と呼ばれていたというから、花の名所としても300年以上の歴史を持つ。園内には、珍しい品種も含めて、約100種3,000株のツツジが咲き誇る。いつもは境内の丘に並んだ赤い鳥居が目立つのだが、花どきはつつじの華やかさが勝り、景色の中に静かに溶け込んでいる。また、祭り期間中には骨董市、植木市、露天が並び、土日祭日には箏曲、和太鼓、奉納演芸等、各種行事がが行われる。
User default image
根津神社の鳥居付近のつつじの様子です。 鳥居の傍から見ていると神聖さを感じました。
4.0
by ソラジロー
2018年6月26日