東京都 アート・カルチャーのよりみち案内

アート・カルチャーのTOP USER
ゆーたさん
827b3d4e fa75 43b9 b93f 856996c94543

日付指定

日付を指定する
Fd516932 34bd 4417 ab2a aeefde247033
40965501 fdb6 4b33 b544 d1e9a5e7c630
3d23c021 ad3d 4138 b77c 7190c3a2fd41
アートは、部屋から出て移動し始め、他の作品とコミュニケーションし、他の作品と境界がなく、時には混ざり合う。そのような作品群による、境界のない1つの世界、「チームラボボーダレス」。 境界のないアートに自らの身体を没入させ、作品群からできた世界を自らの身体で探索し、他者と共に新しい体験を創り出していきます。520台のコンピューター、470台のプロジェクター、10,000平方メートルの圧倒的なスケール感と、複雑で立体的な空間が特徴の世界に類を見ない全く新しい世界です。
Be5c88b6 a2fe 4f35 baf4 e6ed5b594a5d
大人も子どもも楽しい 広くて回り切れなかったので、また行きたいスポット。家族でもデートでも楽します
5.0
by ポムポム
2018年7月16日
季節とともに移ろう、【春】にだけ見られる作品群が登場!(森ビル デジタルアートミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス)
2019年3月1日(金)〜2019年5月31日(金)
森ビルとチームラボが共同で運営する常設ミュージアム「森ビルデジタルアートミュージアム:エプソン チームラボボーダレス」に、春の季節にだけ見られる作品群が加わります。境界なくつながっていく世界は一年を通して移ろい、3月からは、季節とともに変化した春の作品を体験することができます。 春の季節のあいだ、作品「花の精霊」には沈丁花(3月)や蓮華草(4月)、「積層された空間に咲く花々」には梅(2月~3月)や牡丹(4月~5月)、「地形の記憶」には春の景色(3月~5月)が広がります。 また、3月から4月にかけて「呼応するランプの森」には、桜(さくら)の1色でランプが輝く「呼応するランプの森 - ワンストローク、桜」が。更に、山吹(やまぶき)、裏山吹(うらやまぶき)、青山吹(あおやまぶき)、花山吹(はなやまぶき)、桃(もも)の、5色の春の野山の色で輝く「呼応するランプの森 - ワンストローク、春の野山」が登場。 いずれも体験できるのは、春の季節のみ、3月から5月まで。 ※期間中でも、時期によって見られる花の種類・作品が異なります。
05a30946 d7f2 44a5 b0a9 112e15be9bea
関連記事あり
2018年行ってよかったベスト5スポット!歴史・アートを巡る
1b83549b 0561 41f6 a675 b63e235d3ef6
関連記事あり
東京・お台場「チームラボ ボーダレス」でクリスマスや冬限定の作品群を展示
F55c23da 8198 4cdc b3c5 3c8457ce6988

61895802 f393 4145 8e51 61c63405b3d2
6b85fe4b f493 486b b4aa d54a461e6110
B6f568c8 feb1 4d48 878d 664b2a992d69
様々なイベントやセミナーなどが開催される大型の総合文化施設。 巨大スクリーンや音響設備を完備し、コンサートや演劇などの公演も行われます。
User default image
東京国際フォーラムの虹 新しいポイントを発見した。 反射を探すのは楽しい。
4.0
by 千の守人
2019年3月3日
「かぞくみらいフェス2019 Powered by フレテミーナ」が東京国際フォーラムで開催!
2019年3月27日(水)〜2019年3月28日(木)
2020年、すぐ目の前にせまった私たちのみらい。2021年から始まる、まだ想像もつかない新しいみらい。たくさんのみらいを生きるため、【これからのかぞくが体験する、ちょっとみらいのカタチ】をテーマに、様々な企画を実施。ステージショーやワークショップなどの“体験”、日々の生活に役立つサービスや商材が体験できるブース、プロの指導によるスポーツが経験できるエリアなど、さまざまな“ちょっとみらいのカタチ”をご準備してお待ちしております。 なお今回は、次世代を担う子どもたちに向け「鉄道の旅」+「旅を通じたさまざまなホンモノ体験」をお届けすることで、子どもたちの成長とご家族の思い出づくりを応援するJR東日本の取組み「フレテミーナ」を特別パートナーにお迎えしています。 【実施概要】 ■名称:かぞくみらいフェス2019 Powered by フレテミーナ(JR東日本) ■日時:2019年3月27日(水)・3月28日(木)10:00~17:00 ■場所:東京国際フォーラム ホールE2 ※東京メトロ有楽町線「有楽町」駅 D5出口より徒歩約1分 ■ゾーニング:みらいのくらし/みらいのしごと・おかね/みらいのあそび・まなび/ステージ/スポーツエリア/ワークショップエリア ■入場料:無料 ■来場者数:23,397人(2018年度実績) ■主催:かぞくみらいフェス実行委員会(マムズラボ株式会社/一般社団法人JAPAN FAMILY PROJECT) ■特別協賛:フレテミーナ(JR東日本) ■公式HP:https://kazokumiraifes.jp/ ■公式SNS: 【Facebook】https://www.facebook.com/kazokumiraifes/ 【Instagram】https://www.instagram.com/kazokumiraifes/ 【Twitter】https://twitter.com/kazokumiraifes
Cefac7f6 512f 48f5 a535 c1d86291db00
クリスマス・スペシャル・クラシックス (東京国際フォーラム) 2018
12月下旬
名曲勢揃い、聖夜を彩る特別なコンサート! 名門歌劇場のオーケストラが贈るスペシャルプログラムにステージが熱い音で満たされます。 会場を歓喜と熱狂に包み込むクリスマス・シーンを満喫できる特別なコンサート開催です。
246fec9f 6a3d 4377 a2b2 f32cefe2ff49
関連記事あり
世界初の『ONE PIECE』ブラス・エンターテインメント!「ワンピース音宴」が8月から
Ce8a495e d4e4 4e81 8963 f420f841115f
関連記事あり
有楽町駅発、重厚な建物を見歩きながら公園まで巡る歴史散歩
6c6bd3ff 71b4 4e8a 8093 ee649c40c5c2

B2c8e417 54b0 4658 90e5 407ae5585e9e
46d79de6 49d4 4646 a676 9464147fb79d
C472983c 45dd 44ac bd1b 7b0b79641f48
都立小金井公園内にある江戸東京たてもの園は、平成5年(1993年)に江戸東京博物館の分館として設立されました。江戸東京たてもの園では都内に存在した江戸時代前期から戦後までの文化的価値の高い建造物を復元・展示すると共に、建物の内部では当時の暮らしや商売の道具・商品などを展示し、それぞれの時代の生活の様子を再現しています。 園内は3つのゾーンに分けられ、西ゾーンは武蔵野の農家と山の手の住宅、センターゾーンは格式ある歴史的建造物が並び、東ゾーンは下町の町並みが再現されています。約7haの広大な敷地内には魅力的な展示がたくさんあります。見どころをあげればキリがありませんが、東ゾーンの「子宝湯」は、人気スポットの一つ。「千と千尋の神隠し」に出てくる銭湯のモデルとなっていて、街並みを歩くだけでタイムスリップした様な気分を味わえます。 園内をあちこち歩いて疲れたら、カフェやお食事で休憩しましょう。東ゾーンの下町中通りには店蔵型休憩棟があり、2階はお食事処になっています。また、西ゾーンにある復元建造物「デ・ラランデ邸」の邸内とテラスではカフェの利用や食事ができるようになっています。
094c3a4f 0863 4f44 8800 d7e6022a3b9d
武蔵小金井駅からバスで行きました。入場料400円で、土曜でしたが比較的空いていました。広くて結構歩きます。レトロで、雰囲気のいい写真が撮れるので、浴衣とか着物で遊びに行ってもいいかも。タイル貼の銭湯が人気!
4.0
by シャルルTop userバレンタイン
2018年6月23日
イベント盛りだくさん「たてもの園フェスティバル」(江戸東京たてもの園)
2019年3月21日(木)〜2019年3月28日(木)
春分の日から8日間、たてもの園では大人も子供も一緒に楽しめる事業を行います。身体を使って建築を表現する「けんちく体操」や、園内の建造物に関するクイズを解きながら巡るスタンプラリー、多摩産のヒノキを使ったクラフトワークショップ、銭湯内での音の響きを生かしたコンサート、ヘブンアーティストによるパフォーマンスなど、日替わりでみんなで参加・体験できるイベントが盛りだくさん!最終日の3月28日(木)は開園記念日につき入園料無料です。 ◇開催予定のイベント◇ ■クイズ&スタンプラリー「たてものなぞ解きラリー」 3月21日(木・祝)~28日(木)11:00〜16:00(受付は15:30まで) たてもの園に潜んでいるなぞに挑戦!クイズを解きながら園内をめぐり、エコバッグにたてもの園スタンプを押そう!※各日エコバッグは数量限定(先着順) ■法政大学協力企画 自然素材で「始原の小屋」をつくる 3月21日(木・祝)〜28日(木)11:00〜16:00 制作:法政大学デザイン工学部建築学科のみなさん 木や草、土、石など自然素材を使って、学生たちが8日間かけて、チームそれぞれの「始原の小屋」を公開制作。最終日には審査と講評を行います。優勝はどのチーム? ■たてもの園復元建造物記録映像上映 3月21日(木・祝)〜28日(木)11:00〜16:00 復元建造物の貴重な記録映像や、ウォークスルー映像を、それぞれの復元建造物内で連日上映。園内をめぐりながら、お楽しみください。 ■東京農工大学協力企画「絹のひみつをみてみよう」 3月21日(木・祝)11:00〜16:00 解説:東京農工大学科学博物館支援学生団体musset 顕微鏡で見てみると絹って実は何角形に見えるのかな?蚕(かいこ)の繭(まゆ)から取り出された絹はそのままでは洋服に使えないの?絹の不思議に迫ってみよう! ■パフォーマンス「平成の大道芸」 3月22日(金)、27日(水)、28日(木) 出演:ヘブンアーティスト 22日(金)ハッピィ吉沢、エキセントリック吉田 /27日(水)EPPAI、マサトモジャ/28日(木)Shiva、CLOWN HIRO 東京のストリートを飛び出して、選りすぐりのパフォーマーたちが来園します。フェスティバルを盛り上げてくれること受けあい! ■けんちく体操~平成編 3月23日(土)13:00~ 出演:チームけんちく体操 平成時代に生まれた建築物を身体で表現。けんちく体操マン&ウーマン、けんちく体操はかせと勝負しよう! ■スペシャルミュージアムトーク「たてものとお風呂」 3月23日(土)14:30~ 出演:新田太郎(江戸東京たてもの園園長) 園内各所のたてもののお風呂をご覧いただきます。西ゾーンから東ゾーンまで、2時間程度、園内をめぐります(途中の出入りは自由です)。 ■クラフトワークショップ「たてもの園わくわくマスコット」 3月23日(土)、24日(日)11:00〜16:00(受付は15:30まで) 多摩産材のヒノキのこっぱに好きな絵や模様を描いて、自分だけのオリジナルマスコットをつくろう!※各日定員あり(先着順) ■対談と音楽「銭湯から響き続ける音楽への想い」 3月24日(日)13:00~ 定員:50名、当日整理券配布 出演:古部賢一(新日本フィルハーモニー交響楽団首席オーボエ奏者、日本銭湯文化協会銭湯大使)、米山勇(江戸東京たてもの園研究員) 「銭湯大使」としても活躍する一流の音楽家と銭湯に魅せられた研究員が、東京の代表的な銭湯建築を舞台に、語り合い奏でます。 ■子宝湯コンサート「銭湯で楽しむ音楽会」 3月25日(月)、26日(火)(1)13:00〜 (2)15:00〜(各回20分程)定員:50名、当日整理券配布 出演:25日(月)【木管三重奏】柿沼麻美(ファゴット)第13回東京音楽コンクール木管部門第3位、阿部友紀(オーボエ)、須東裕基(クラリネット)/26日(火)【弦楽二重奏】鈴村大樹(ヴィオラ)第9回東京音楽コンクール弦楽部門第3位、須山暢大(ヴァイオリン) 東京音楽コンクール入賞者ら新鋭アーティストたちがペンキ絵の富士山をバックに演奏します。コンサートホールとはまた一味違う空間と音響の妙をお楽しみください。
F7d523af 32d1 4b84 b7da ceb6fb12d251
関連記事あり
【東京 小金井市 観光】おすすめ5選!江戸東京たてもの園に小金井公園
8bd0489b 8e5d 4d65 a5db 30a5ba57e1e3

1ea632f5 7161 484f 8726 5f1f3b7df234
8970ec1c be1f 4f72 8047 de5fe3a2eaad
5552b0f2 7bdf 4cc5 a522 03bdef6021a9
2016年に東京・お台場で開催し、6時間以上待ちのまま47日間で幕を閉じた「DMM.プラネッツ Art by teamLab」を進化させた、チームラボの超巨大没入空間「チームラボ プラネッツ TOKYO DMM.com」が、東京・豊洲に、2018年7月7日から2020年秋まで2年間限定でオープン。総敷地面積10,000平米の空間内に、超巨大な没入型作品群を展示します。
季節とともに変化した春の作品を体験(チームラボ プラネッツ TOKYO DMM.com)
2019年3月1日(金)〜2019年5月31日(金)
2018年7月に豊洲にオープンした超巨大な作品空間に身体ごと没入する、水に入るミュージアム「チームラボ プラネッツ TOKYO DMM.com」では、3月から、季節とともに変化した春の作品を体験することができます。 ■春の季節とともに変化する作品 「人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング - Infinity」 Drawing on the Water Surface Created by the Dance of Koi and People - Infinity teamLab, 2016-2018, Interactive Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi 裸足になって水に入る作品「人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング - Infinity」の花々が、3月から5月31日(金)までの期間限定で、移ろいゆく季節とともに春の装いに変化します。無限に広がる水面を泳ぐ鯉は、水の中の人々の存在に影響を受け、また他の鯉の影響を受けながら泳ぎ、人々にぶつかると、カキツバタやつつじ、沈丁花など、春の花々に変化し散っていきます。一年を通して、咲いていく花々は季節とともに移り変わります。
0bb6d62c 93f3 4629 95e2 82ef654cbdf2
関連記事あり
【最新版】まだ間に合う!関東 イルミネーション おすすめ18選!
2c01e976 1758 413c 8606 d894af950a1b
関連記事あり
【東京 イルミネーション】おすすめ18選!
0f30e5bb bde1 4ca5 97f5 4f300926347a
関連記事あり
【東京】雨の日・寒い日でもOK!室内おでかけスポット15選
C81cc9b1 b572 4729 a341 06bc5581ff4e
関連記事あり
【関東 イルミネーション】おすすめ34選!
9ebbdc5f e67a 41ac b682 0a7ca7c47013
関連記事あり
豊洲「チームラボ プラネッツ」来場者50万人突破!クリスマスイルミも開始
Acdc87fd b661 4208 80b9 7d1a7bb3a125
関連記事あり
雨が降っても大丈夫!東京の室内デート・おでかけスポット8選
C622eb75 cd40 41a4 a99a f1ca38c21ded

89685cd9 0b35 46b2 ac5a 97a87a6f0033
2ca93ead 0dc2 4ab9 9553 c824fec6dfae
Eb235c20 fbd7 4a4e b2ff a6386ed6299e
「世田谷美術館」は、豊かな緑あふれる世田谷区の砧公園内に位置する美術館です。 アンリ・ルソーを代表とする素朴派や区ゆかりの美術家の作品、北大路魯山人の作品など1万6千点を越える美術作品を収蔵しています。また国宝などの文化財から現代美術まで、幅広い内容の展覧会を開催しています。 その他にもコンサートやワークショップなど様々なプログラムを実施。来館者の生活とアートの結びつきを大切にしている為、館内には、砧公園を一望できるレストランやカフェ、オリジナルグッズを扱うミュージアムショップなどもあります。 建築そのものの美しさや、窓の向こうに見える砧公園の四季折々の光景、館内随所に座り心地の良いベンチが設置されています。アートに触れながらのんびりとした1日を過ごせる都会のオアシスです。
Ef510d1c 1584 4dbc 8a0f 3c67fc666728
砧公園北部にある区立美術館です 世田谷美術館は砧公園の北部にある区立美術館です。展示会は「今一つ」なものが多いと思っていますが、無料の屋外展示や美術図書室もあるので天気の良い日の散策ついでにはおススメの場所です。(駐輪場無料、駐車場有料)
4.0
by まんでがんTop user花・自然
2018年10月21日

F3e3bf81 627c 4574 8173 5651d3683a53
D43e87da 07c7 4e97 9cb3 7db0ee9fb105
853e63e5 0b62 47c6 baf7 bac59357cbaa
約6万坪もの広大な緑地が広がる「国立科学博物館付属自然教育園」。江戸時代には大名庭園、明治時代は陸・海軍の火薬庫、大正時代には皇室の所有地となり、長期にわたり一般人が立ち入れなかったため、東京の都心、港区とは思えないほど豊かな自然が残ります。
0a5c575e 21cb 402e 865a 3516fd18ca8f
国立科学博物館附属 自然教育園 4月頃 東京とは思えない風景 自然は大切だね
3.0
by 煉華レン
2018年4月7日