東京都 イベントのよりみち案内

イベントのTOP USER
平岩蘭さん
90f799c2 68be 4938 9ef4 1542a9df0c99

日付指定

日付を指定する
8c437da1 4843 4dda 853a d66f0d4c84ce
E86847c3 8fba 4cfc 8896 6917c233ce40
Cec019fa 7be9 4a0a 94b4 4418259b9ead
洗足池公園は都内でも屈指の大きさを誇る洗足池を持っている公園で、区指定文化財である勝海舟夫妻の墓があり歴史と自然が一体となっています。池の周囲を囲むようにソメイヨシノなど約200本の桜が植えられています。大きな池と桜のコントラストのある景色は、散策で岸から眺めるのも綺麗です。また、ボートに乗って花びらが浮かんでいる池、あるいは池月橋から綺麗な桜を眺めるのおすすめです。お花見期間は約20の屋台が並び、お花見客で賑わいます。

E1797fff 9d8a 4e7f 8977 8244e739fc16
D74b0c4e cab3 442f b472 5209e90ce663
7ac39db5 0b25 47c5 8ebe f3c11558ff1f
江戸時代の代表的な大名庭園。ここに屋敷を建てたのは、四代将軍家綱の弟で甲府宰相の松平綱重。その後、綱重の子供の綱豊(家宣)が六代将軍になったのを契機に、この屋敷は将軍家の別邸となり、名称も浜御殿と改められた。十一代将軍家斉のときにほぼ現在の姿の庭園が完成。明治維新ののちは皇室の離宮となり、名前も浜離宮となったが昭和20年に東京都に下賜され、整備のうえ昭和21年4月から公開。園内の大手門近くにはお花畑があり、内堀広場前のお花畑3,000㎡には、春のおとずれとともに約30万本の菜の花が咲き乱れ、周辺は黄色い絨毯で彩られ、高層ビルを背景に美しく咲き誇る。
A50ce9d3 83bb 478d a20c 344b534618de
菜の花の香りにつられて 菜の花の香りにつられてミツバチもたくさん働いてました!
4.0
by ほののん
2019年3月9日
浜離宮恩賜庭園
東京都中央区浜離宮庭園1−1 都立浜離宮恩賜庭園
江戸時代には江戸城の出城としての機能を果たしていた徳川将軍家の庭園、浜離宮恩賜庭園。海水を引き入れ、潮の干満によって池の趣を変える様式で、都内にある江戸の庭園では唯一現存する海水の池(潮入の池)があります。 浜離宮恩賜庭園は徳川三代将軍の徳川家光の三男であり、甲斐甲府藩主の松平綱重が海を埋め立て甲府浜屋敷と呼ばれる別邸を建てたことがはじまりです。その後、綱重の子、松平綱豊(後の徳川六代将軍 徳川 家宣)が将軍になったのを機に、甲府浜屋敷は徳川将軍家の別邸となり「浜御殿」と呼ばれるようになりました。明治維新によって徳川政権が崩壊すると、皇室の離宮となり「浜離宮」と名称を変更し、現在に至ります。昭和27年(1952年)には旧浜離宮庭園として国の特別名称、特別史跡に指定されてています。   【庭園内の見所】 中島の御茶屋 宝永4年(1707年)に造られて以来、徳川将軍、奥方、公家たちが利用した休憩所。昭和58年(1983年)に再建。現在でも中島の御茶屋では、抹茶、和菓子セットなどを供していて、浜離宮恩賜庭園を訪れた人の休憩所となっています。   松の御茶屋・燕の御茶屋 徳川11代将軍 徳川家斉の時代に造られましたが、戦災で焼失。その後平成22年(2010年)に松の御茶屋が、平成27年(2015年)に燕の御茶屋が復元されました。   お伝い橋 汐入の池の岸から小の字島と中島を結ぶ延長118メートルの総ヒノキ造りの橋。平成24年(2012年)に改修されました。   新樋の口山 浜離宮恩賜庭園の大手門入口を入り左手の東京湾に面した水門近くの山。レンボーブリッジやお台場などを一望できるスポットです。   水上バス発着場 浅草、両国、お台場海浜公園、葛西臨海公園などへの水上バス発着場。浅草方面に上って行くと、隅田川に架かる沢山の橋を水上から見上げることができます。
Ae8cd576 347b 43ec a64b 3edbbe8acdd3
関連記事あり
【関東 菜の花】おすすめスポット18選!
34741481 417b 498b b791 075e80be92cc

03fe541c ecb8 4d69 8e47 63d89c3cb02f
8c59c94c 55d4 41cd ac26 e39c05ce41a6
C2f135bb b4ee 4a79 96d0 3318e2961760
春の風物詩として親しまれている、高さ15m・幅20mの大きなしだれ桜は滝のように流れ落ちる花の様子が圧巻です。開園時間を21時まで延長し、しだれ桜はもちろんのこと、松の迫力ある枝振りや石組をライトアップします。幽玄で幻想的な景色が皆様をお迎えします。
User default image
都会の一本桜 一本桜を見に多くの人が訪れていました。 散り始めで残念でしたが立派な枝垂れ桜でした。
5.0
by わっきー
2019年3月29日
六義園
東京都文京区本駒込6丁目16−3 六義園
江戸時代に造られた大名庭園の中でも代表的な庭園とされる六義園。徳川五代将軍 徳川綱吉の信任が厚かった川越藩主 柳沢吉保が元禄15年(1702年)が築園。和歌の趣味を基調とした「回遊式築山泉水」の庭園となっています。六義園は、明治時代に入り、土佐藩出身の三菱財閥創始者である岩崎彌太郎の別邸となり、その後、昭和13年(1938年)に岩崎家より東京に寄付されました。昭和28年(1953年)には国の特別名勝に指定されています。 園内の中央に大泉水を設け、その中央の中の島には妹山、背山の築山が設けられています。また、大泉水を見下ろす形の標高35mの藤代峠、周囲の新緑や秋の紅葉との一体感が美しい渡月橋など、見所が沢山あるのも六義園の特徴のひとつです。 【庭園内の見所】 つつじ茶屋 明治年間、つつじの古木材を用いて建てられたつつじ茶屋が現存しています。秋には周辺のモミジとの景色が大変美しい場所です。 滝見茶屋 滝や石組みなどで作られた渓流があります。日本の和を感じられる景観や渓流の水の音を楽しめます。 石柱 庭園内の88ヶ所に景勝地(六義園八十八境)が設けられており、各景勝地には石柱が建てられています。残念ながら現存している石柱の数は32ヶ所となっていますが、庭園内で見つけてみましょう。 蓬莱島 大泉水の中に浮かぶ蓬莱島。中国の神仙思想を主題とした石組みの一種で、洞窟石組みの島となっています。 藤代峠 紀州にある同名の峠から名付けられました。園内で一番高い築山で標高は35メートルあります。頂上は富士見山と呼ばれ、園内を一望できるスポットです。 妹の山・背山 中の島にある築山。古くは女性のことを妹(いも)、男性のことを背(せ)と呼びました。六義園の中の島は男女の間柄を表現しています。 出汐湊 大泉水の池畔の名のひとつ。右手に中の島、左手に蓬莱島、対岸に吹上浜が望めます。 内庭大門 六義園の正門を入ってすぐの場所にある内庭大門。周辺に満開の時期は大変綺麗な枝垂れ桜の大木が植えられています。
4320a5fc 5c7c 42e6 ba4f 7b047f02c678
関連記事あり
【2019年 東京】桜・お花見 おすすめ30選!名所と穴場をまとめて紹介!
9f2b0922 03da 4e99 8493 c58de1e0256c
関連記事あり
【文京区・中央区】桜・お花見 おすすめ11選!日本橋、六義園など
33807bf7 3e42 46f9 be12 c0e0dd031c5c
関連記事あり
【東京】夜桜・ライトアップ おすすめの桜の名所11選!
F053fddd 8da2 4fba a908 3173f2c12e8c