神奈川県 花の名所のよりみち案内

花の名所のTOP USER
平岩蘭さん
90f799c2 68be 4938 9ef4 1542a9df0c99

日付指定

日付を指定する
91d6ec48 6c5a 4446 ad15 d5d50ec45681
7b26dfd1 2774 4916 9c0b 542c1269b50f
985c0cd7 1b00 4c14 b8da 8f59686427db
小田原城址公園は1960年に復興された小田原城天守閣が中心にある公園です。天守閣やお堀を囲むように約300本の桜が咲き誇り「日本さくら名所100選」に選ばれている桜の名所です。天守閣やお堀との桜のコントラストは写真を撮りたくなる景色です。毎年「小田原桜まつり」が開催され、「小田原かまぼこ桜まつり」や「小田原おでんサミット」など様々なイベントが催されます。また、夜はぼんぼり点灯によるライトアップがされるので、日中とは違う天守閣と夜桜の幻想的な景色を楽しむことができます。
606dbd0c e8a5 4bff 9860 cb3e64f4ba1f
夜に咲く 夜桜は、妖しい魅力があります。
5.0
by 選択希望選手
2016年4月4日

78c92084 dae5 4a80 bf1e 4848c22957b2
E40bb48d 5c93 43bd 96e8 129ae17700a3
8c41ebd2 8885 4e0d 9f06 84b3a6e72aee
二ヶ領用水は江戸時代に造られたという歴史のある用水路です。水辺の散策路として多くの人に親しまれています。JR南武線「宿河原駅」付近の用水沿道には約400本の桜並木が約2kmに渡って続き、桜の名所としても知られています。例年3月下旬から4月上旬にかけて、宿河原堤桜並木に並ぶソメイヨシノが見頃を迎えます。水辺を散策しながらお花見を楽しんだり、芝生広場にレジャーシートを敷いてのんびりとお花見を楽しんだりすることができます。夜になると、北村橋から東名下の約1.5kmに渡って提灯によって桜がライトアップされ夜桜も楽しむことができます。
90f799c2 68be 4938 9ef4 1542a9df0c99
桜と番傘の競演 川崎市幸区から多摩区の間を流れる人工の用水路・二ヶ領用水。 その歴史は江戸時代から続き、全長は約32kmにも及ぶ。 宿河原駅から2分の宿河原橋~川崎市緑化センターが見どころです。 約400本の桜並木が2kmに渡って両岸に続き、美しいピンク色の景色とゆるやかな水の流れが風情たっぷり。け
5.0
by 平岩蘭Top user
2019年3月31日

993d0829 a192 489c 8960 b9c46701a908
E07113e3 a9fc 4149 9f33 f9065c01a5b1
7828bd6d b20e 48db a676 f2318c01f89d
横浜市青葉区と東京都町田市にまたがる多摩丘陵の自然を生かした100万平方メートルの広大な遊び場。さまざまな遊具を配した広場の他、動物園や牧場があり、乳しぼりなどの体験イベントが好評。ファミリーはもちろん、オトナのカップルも楽しめるスポットだ。春にはソメイヨシノをはじめシダレザクラ、ギョイコウなど約40種約1,000本の桜が咲き競うが、なかでも中央広場のシダレザクラが圧巻。また、白鳥湖西側の山全体が桜で、開花期には一面がピンク色に染まる。桜の木の下にシートを広げてお弁当を食べるもよし、2人乗りのサイクルボートや3人乗りのローボートで水面に枝を伸ばすシダレザクラを間近に鑑賞するもよし。広々とした空間で思い思いの花見が楽しめる。
319c7bdd 0211 4c49 bdba e65b7d9861ba
春の訪れ 鳥が飛ぶたびに散る桜
3.0
by りー
2019年4月1日

9dee0563 a303 4aee 9b98 364c44c9c523
45ed710a bf31 4c5c 98f9 a67d1d457956
Ed1e050c 0210 48e4 8d36 74d2cc2c60f3
鎌倉時代の建造物が建ち並ぶ桜の名所「三渓園」では、ソメイヨシノ・ヤマザクラ・オオシマザクラ・シダレザクラのほかに、淡墨桜(うすずみざくら)2世・荘川桜(しょうかわざくら)2世・高桑星桜(たかくわほしざくら)など約300本の桜が咲き誇ります。約175,000㎡の広大な園内には、三重塔など京都や鎌倉などから集められた古建築17棟が点在しています。桜と調和した景観は、関東に居ながら古都京都を思わせてくれます。桜の開花にあわせて開園時間を21:00まで延長し「観桜の夕べ」が開催されます。日が落ちると桜や古建築がライトアップされ、昼間とはまた違った趣の桜の風景が楽しめます。また、本牧界隈の道路は桜が街路樹として植栽されており、園外の風景も見事です。本牧通りから三溪園正門までの約500mほどの道は「桜道」と呼ばれ、両側の並木が花のトンネルを演出します。最寄のJR「根岸駅」からバスを利用すれば比較的混雑も少なく、桜道を通って入園できるので桜をたっぷり楽しむのにおすすめのコースです。園内の茶店のひとつ「三溪園茶寮(さんけいえんさりょう)」では、さくらアイスが販売され、こちらもおすすめです。細かく刻んだ桜の葉が入ったアイスクリームで、桜餅のような香りが漂います。
User default image
ここに来ると「和」を感じ、日本人で良かったと思う時間を過ごせます。
5.0
by 巴
2018年6月19日

6e8ee3e1 6466 4668 b04e 7034d5679068
3c16c68c a92a 4e29 a00b 1c8fe0db2249
0287275c 3b3f 4acd b646 8221516a3f3e
津久井湖の近郊にある城山町の“カタクリの里”は、30万株と南関東随一のかたくりの自生地。株と株の間隔が狭く、花が密生して咲くことから人気がある。北海道から本州まで、カタクリの名所は数々あるが、紅紫色の花を一塊に寄せ集めたようなこの里の群落美はとりわけ美しい。30年以上前には、ただの雑木林だったという。それをこの土地の所有者が親子2代にわたって生育に努め、町を代表する観光地にまで仕上げた。花の開花は、毎年3月頃から4月頃。もちろんその年の季候によって左右されるが、曇った寒い日や雨の日には開花しない。また。山頂付近は花桃にかこまれた広場となっており、ベンチもあるのでお弁当を持参してランチするのもいい。
Ed00a428 3cc2 47e2 9e93 369baa672969
30万株のカタクリ ほぼ毎年行っていますが今年が一番! 前日に雨が降り、当日は朝から快晴になったので元気に可憐に咲くカタクリを見ることができました。 紫が終わる頃には黄色のカタクリも見ることができます。 突然変異で白いカタクリも数株あるので探すのも楽しいですよ。
5.0
by やの きさらぎ
2019年3月24日

C5fbd016 63b8 41b8 8da2 32e4cace0558
4de5e260 9fb4 4081 952c e10abd007c2e
87c65488 8f1a 4022 8fe9 a58e0d98494a
国の史跡に指定されている鶴岡八幡宮。鎌倉八幡宮とも呼ばれ、境内にはソメイヨシノ、ヤエザクラなどの「源平池」の桜が植えられています。「源氏池」の周りを囲むように咲く桜が水面に映り、美しさを一層引き立てます。明治時代まで何も植えられていませんでしたが、現在は「日本の桜名所100」にも選ばれている桜の参道があるのも特徴的です。参道の「段葛」を通り境内に入ったら、ぜひ「源平池」に足を運んでみて下さい。薄ピンク色の桜と朱色の橋のコントラストが美しく、まるで日本画を見ているかのような気持ちになれますよ。また、「白旗神社」や「旗上弁財天社」からは大島桜などが咲き誇る桜景色が楽しめるそうです。
A9f7fcf5 7225 46df 9304 d78fdab42917
春の光 鶴岡八幡宮で咲き始めの桜を撮りました。 春風にゆられて気持ちよさそうでした。
5.0
by 白猫Bronze名所
2019年3月11日