神奈川県 観光・名所のよりみち案内

日付指定

日付を指定する
28e11d75 aefe 4d7e 9c74 c6e95b4a81b5
Fba2e7de 7e31 4f81 9436 c8fe8e3c6aa4
C7cc57b0 6333 4375 b62b 7587b6d38557
横浜市中区山下町にある山下公園は、昭和5年(1930年)3月、関東大震災のがれきを埋め立てて作られました。当時は、現在の沈床花壇の部分が船溜まりになっており、現在も氷川丸の横にある小さな橋がそのなごりをとどめています。 ベイブリッジや港を行き交う船の眺めがロマンチックな、デートにもおすすめの公園です。 山下公園は海への眺望はもちろん、記念碑や歌碑など、見どころが多いのが特徴です。代表的なのは、サンディエゴ市から贈られた「水の守護神」、童謡で馴染みの深い「赤い靴はいてた女の子像」、「かもめの水兵さんの歌碑」など。また、公園の西端には在日インド人協会から昭和12年(1937年)に寄贈された「インド水塔」があります。 横浜市の4代目建築課長鷲巣昌氏により設計され、細部まで緻密なデザインのこのモニュメントは、横浜の近代建築として価値の高いものです。 また、山下公園は横浜のバラの名所でもあり、毎年春と秋の時期には、沈床花壇に190種類、約2,500株のバラが咲き誇ります。園内には、水路やベンチ、花壇などが設けられ、ゆったりと散策できます。
F73aee75 3238 477a 8ab4 3e6f845059f6
いつか乗りたい外国船 ここが私たち親子の散歩道です
5.0
by コニタンTop user伝統芸能・大衆芸能
2016年10月8日

80890b83 4f39 4882 b7ed 657aa22abae9
8b3201a3 3e3f 466a baaa 10ea5447baff
2b2e6316 cb38 4a1e a284 3ab32f4d350b
神奈川県鎌倉市の鶴岡八幡宮。 1063年(康平6年)源頼義が奥州平定後、源氏の氏神京都の石清水八幡宮を由比ヶ浜辺にお祀りしたのが始まりです。その後、1191年(建久2年)源頼義は鎌倉幕府の宗社にふさわしく上下両宮の現在の姿に整えたと言われています。
C069f17b 245f 4265 a6b3 59233d16b397
希望の花 春の始まりを見つけました。
4.0
by 白猫
2019年3月10日
鶴岡八幡宮の桜
3月下旬〜4月上旬
国の史跡に指定されている鶴岡八幡宮。鎌倉八幡宮とも呼ばれ、境内にはソメイヨシノ、ヤエザクラなどの「源平池」の桜が植えられています。「源氏池」の周りを囲むように咲く桜が水面に映り、美しさを一層引き立てます。明治時代まで何も植えられていませんでしたが、現在は「日本の桜名所100」にも選ばれている桜の参道があるのも特徴的です。参道の「段葛」を通り境内に入ったら、ぜひ「源平池」に足を運んでみて下さい。薄ピンク色の桜と朱色の橋のコントラストが美しく、まるで日本画を見ているかのような気持ちになれますよ。また、「白旗神社」や「旗上弁財天社」からは大島桜などが咲き誇る桜景色が楽しめるそうです。
C5fbd016 63b8 41b8 8da2 32e4cace0558
鶴岡八幡宮の牡丹
4月中旬〜5月中旬
康平6年(1063年)源頼義が京都の石清水八幡宮を勧請して、由比ガ浜付近に祀ったのを起源とするのが鶴岡八幡宮。治承4年(1180)鎌倉に入った源頼朝が現在の場所に移したが、建久2年(1191年)火災により焼失。翌年社殿を建て直し、現在の鶴岡八幡宮となった。境内にある源氏・平家の両池に咲く白蓮、紅蓮の美しさもさることながら、池のほとりを半周する池泉回遊式の「神苑ぼたん庭園」が春と冬、華麗な花模様を展開する。創建800年を記念して造られた庭園で、春ボタンが約20〜30種、約200〜300株、冬ボタンが約200株が植えられている。
Aafb97eb 72f6 4697 97ed 45cb30c21283
鶴岡八幡宮の紅葉
11月下旬~12月上旬
神奈川県鎌倉市にある鶴岡八幡宮は、神奈川県鎌倉市雪ノ下にある神社で、別称として鎌倉八幡宮とも呼ばれています。武家源氏、鎌倉武士の守護神。鎌倉初代将軍源頼朝ゆかりの神社として全国の八幡社の中では関東界隈で知名度が高く、境内は国の史跡に指定されています。本宮に向かって右手にある柳原神池と、鎌倉国宝館前が紅葉の見所で、例年11月下旬から12月上旬に見頃を迎えます。
鶴岡八幡宮の冬ボタン
1月初旬〜2月下旬
康平6年(1063年)源頼義が京都の石清水八幡宮を勧請して、由比ガ浜付近に祀ったのを起源とするのが鶴岡八幡宮。治承4年(1180)鎌倉に入った源頼朝が現在の場所に移したが、建久2年(1191年)火災により焼失。翌年社殿を建て直し、現在の鶴岡八幡宮となった。境内にある源氏・平家の両池に咲く白蓮、紅蓮の美しさもさることながら、池のほとりを半周する池泉回遊式の「神苑ぼたん庭園」が春と冬、華麗な花模様を展開する。創建800年を記念して造られた庭園で、春ボタンが約20〜30種、約200〜300株、冬ボタンが約200株が植えられている。
9d01d9d5 1e11 4f4e 8408 34fd9d245a11
関連記事あり
【2019 全国 初詣ランキング】おすすめ10選
2a78e4f4 f578 46dc 978b 44469ece4f75
関連記事あり
【2019 関東 初詣ランキング】おすすめ19選
69ecc481 e9e0 4637 a03c 71da65b146a9

136ea0b5 faf4 4565 bc3e 10e991b1fe7d
B762b71c ffbf 45a8 8f4b 5c3f3e0a0554
5453c05a 8037 4832 9ccb ea562313db70
B5fcd777 1447 4405 8521 1c25905373d2
見晴らし最高! 港の見える丘公園、フランス山地区の展望台から。 朝早くから開演していて近所なら毎朝訪れたいくらい!
4.0
by まはTop user味覚狩り
2019年3月6日
港の見える丘公園の桜
3月下旬〜4月上旬
横浜開港当時、イギリス軍やフランス軍が駐屯していた由緒ある場所に設けられた港の見える丘公園。近くには外人墓地がひっそりとたたずみます。桜の本数は少な目ですが、ローズガーデン中央にソメイヨシノが植えられており、公園のシンボルとなっています。展望台からは港や横浜ベイブリッジの景色を楽しむことができます。
74fb50fc c985 4dd6 9d6a 7d25c888fe9e
港の見える丘公園のバラ
5月中旬〜6月中旬
港の見える丘は、イギリス軍やフランス軍が駐屯していた横浜開港当時からの由緒ある場所に設けられた公園で、近くには外人墓地がひっそりとたたずむ。接収解除後、地元の要望により公園として用地の取得が行われ、昭和36年から整備に入り、昭和37年5月に開園 。そして平成3年5月には市の花バラの制定記念としてバラ園が誕生。その時初めて日本に紹介されたホワイトデライトなどのバラが園内のローズガーデンを中心に、花の季節に多くの人々を楽しませています。イギリス館(西洋館)前の「イングリッシュローズの庭」に約150種1,200株、大佛次郎記念館前の「香りの庭・沈床花壇」に約100種500株、イギリス館後庭から111番館後庭方面の「バラとカスケードの庭」に約80種500株が植えられているので、園内をゆっくり散歩しながら観賞したいですね。また、山下公園にもバラが見られますが、量的には半分ほどで、そのぶん品種が多いのが特徴です。
1ae2e183 e22f 43b5 9e6a 0d7876aa88b5
関連記事あり
【行くならココ】横浜 観光おすすめ35選!穴場から定番も
9c3e2807 1cd1 4f59 b0b3 cf236338558d

2f0e3c9a cbb0 4353 b7fc e1b0fa6a6acd
8d896f2f 5bb0 4390 a510 72628ee1688c
E7a27228 c128 4c1f 831c cc335fb327af
E1465fdc 4e11 46fb 8e59 42b7025ba152
横浜赤レンガ倉庫 異国情緒漂う港町の横浜赤レンガ倉庫の夜景
5.0
by nanakoBronze名所
2017年3月30日
台湾祭 in 横浜赤レンガ
2019年4月11日(木)〜2019年4月14日(日)
『台湾祭 in 横浜赤レンガ』を、2019年4月11日~14日に開催いたします。日本の人々に台湾の魅力をもっと知ってもらおうと、有名なランタン祭りのランタンを装飾した会場で台湾文化を感じながら、日本ではなかなか味わえない本格グルメや家庭料理が楽しむことができます。 会場で味わえる主な台湾グルメは、台湾グルメでは外せない定番の「小籠包(ショウロンポウ)」をはじめ、味のしみた豚の大腸と柔らかな麺線を、とろみとコクのあるピリ辛スープで食べる「台湾麺線(タイワンメンセン)」、小麦粉の生地にネギの細切りを織り交ぜ、油でジュウジュウと焼いた「葱油餅(ツォンヨゥピン)」、大きく開いた鶏むね肉を地瓜粉で揚げたカリカリの唐揚げ「大鶏排(ダージーパイ)」、醤油煮した細切り豚肉をご飯にかけた台湾の家庭料理「滷肉飯(ルーローファン)」など。またスイーツも、ミルクティーに大粒のタピオカが入った「ゼンズウナイツァー」や芋の団子の九分名物デザート「芋圓(ユーユェン)」などたくさん登場します。
4bc32d6e 37bc 49ca 9c1c 541c73602372
横浜⾚レンガ倉庫『フラワーガーデン 2019(FLOWER GARDEN)』開催
2019年3月29日(金)〜2019年4月21日(日)
横浜⾚レンガ倉庫は、3⽉29⽇(金)から4⽉21⽇(⽇)までの計24⽇間、約8,000株の草花で港町横浜に春の訪れを演出する『FLOWER GARDEN 2019』を開催します。  今年で13回目となる『FLOWER GARDEN』は、4月に開館17周年を迎える横浜赤レンガ倉庫のリニューアルアニバーサリーとして、色とりどりの花でお祝いする春の恒例イベントです。毎年テーマを設け、春らしい草花を用いて演出する本イベントは、横浜の春の⾵物詩として多くのお客様から好評を博しています。 ●視覚だけでなく五感を使って春を楽しむ 昨年に引き続き、花を視覚だけでなく五感を使って楽しめるよう、“花と食”の文化が融合した日本初のドライフラワーカフェ&バー「HANABAR」を会場内に併設。食べられる花「エディブルフラワー」を用いて見た目も華やかなフード・ドリンクを提供する他、花を用いたワークショップも実施します。 ◇『FLOWER GARDEN 2019』開催概要 ■期  間:2019年3⽉29⽇(金)〜4⽉21⽇(⽇) 計24⽇間       ライトアップ 18:00〜23:00 ※3⽉29⽇(⾦)にはプレスプレビューを実施予定 ■場  所:横浜⾚レンガ倉庫 イベント広場A、赤レンガパーク ■設置面積:約355平⽅メートル ■植  栽:マーガレット、デイジー、ネメシア、ラナンキュラス、ラベンダーなど約8,000株の花木を使用予定 ■入 場 料 :無料(飲食、物販、ワークショップ代は別途) ■主  催:横浜⾚レンガ倉庫(株式会社横浜⾚レンガ/公益財団法⼈横浜市芸術⽂化振興財団) ■協  力:NPO法人横浜シティガイド協会
579adde8 adbe 4f6f aa3c a68b56a60d6d
関連記事あり
【横浜】雨の日・寒い日でもOK!室内おでかけスポット18選
A00b2b85 5ef7 4c46 ac47 546115ca589e
関連記事あり
【行くならココ】横浜 観光おすすめ35選!穴場から定番も
9c3e2807 1cd1 4f59 b0b3 cf236338558d
関連記事あり
プチ旅行気分!【神奈川・千葉・埼玉】で乗る船のおすすめ5選
6ae3257e fc03 470b a797 606c8f3e31f9
関連記事あり
宇都宮餃子の人気16店舗の味、横浜赤レンガ倉庫でまとめて堪能!
A4e67212 899e 4147 afb6 4afe3f2f1559
関連記事あり
花を見て、花を食べて、横浜の春の訪れを感じる!横浜赤レンガ倉庫「フラワーガーデン 2018」開催!
2bff1d9f 0527 43a6 afcd c5b2fcb635f7
関連記事あり
日本最大級パンの祭典「パンのフェス2018春in横浜赤レンガ」開催!
C369d67c 0832 43cb 93b6 a553e8178a81
関連記事あり
「Yokohama Strawberry Festival 2018」赤レンガ倉庫でいちごを満喫!
3d599244 e3f5 436d 82a6 9263e97ed5d8

093740a9 ba93 4c68 80b2 ea2ef4caeeb3
6f7bd9dd 2f7b 4f19 954f 38cfbcffdafa
43aa9681 3c6b 457b bbe4 a59d63ed6d89
通称「長谷観音」と呼ばれる長谷寺は、奈良時代の創建と伝えられる古刹です。穏やかな雰囲気の境内は観音山の裾野から山腹にあり、見晴台からは鎌倉の町や由比ヶ浜を望むことができます。四季折々の花が咲く花の名所としても有名で、中でもアジサイは鎌倉屈指の美しさ。ピンクや紫、青、水色など色とりどりの花が楽しめるのが特徴で、梅雨の時期にもかかわらず毎年多くの参拝客が訪れます。
5ea983fc 52e8 41a9 9a45 761f18c4efb1
長谷寺からの眺望 長谷寺からは由比ヶ浜を一望できます。 この日も天候に恵まれ、海も輝いていました。
4.0
by dsk1121_photo
2018年11月25日