神奈川県 百選のよりみち案内

日付指定

日付を指定する
80890b83 4f39 4882 b7ed 657aa22abae9
8b3201a3 3e3f 466a baaa 10ea5447baff
2b2e6316 cb38 4a1e a284 3ab32f4d350b
神奈川県鎌倉市の鶴岡八幡宮。 1063年(康平6年)源頼義が奥州平定後、源氏の氏神京都の石清水八幡宮を由比ヶ浜辺にお祀りしたのが始まりです。その後、1191年(建久2年)源頼義は鎌倉幕府の宗社にふさわしく上下両宮の現在の姿に整えたと言われています。
C069f17b 245f 4265 a6b3 59233d16b397
希望の花 春の始まりを見つけました。
4.0
by 白猫
2019年3月10日
鶴岡八幡宮の桜
3月下旬〜4月上旬
国の史跡に指定されている鶴岡八幡宮。鎌倉八幡宮とも呼ばれ、境内にはソメイヨシノ、ヤエザクラなどの「源平池」の桜が植えられています。「源氏池」の周りを囲むように咲く桜が水面に映り、美しさを一層引き立てます。明治時代まで何も植えられていませんでしたが、現在は「日本の桜名所100」にも選ばれている桜の参道があるのも特徴的です。参道の「段葛」を通り境内に入ったら、ぜひ「源平池」に足を運んでみて下さい。薄ピンク色の桜と朱色の橋のコントラストが美しく、まるで日本画を見ているかのような気持ちになれますよ。また、「白旗神社」や「旗上弁財天社」からは大島桜などが咲き誇る桜景色が楽しめるそうです。
C5fbd016 63b8 41b8 8da2 32e4cace0558
鶴岡八幡宮の牡丹
4月中旬〜5月中旬
康平6年(1063年)源頼義が京都の石清水八幡宮を勧請して、由比ガ浜付近に祀ったのを起源とするのが鶴岡八幡宮。治承4年(1180)鎌倉に入った源頼朝が現在の場所に移したが、建久2年(1191年)火災により焼失。翌年社殿を建て直し、現在の鶴岡八幡宮となった。境内にある源氏・平家の両池に咲く白蓮、紅蓮の美しさもさることながら、池のほとりを半周する池泉回遊式の「神苑ぼたん庭園」が春と冬、華麗な花模様を展開する。創建800年を記念して造られた庭園で、春ボタンが約20〜30種、約200〜300株、冬ボタンが約200株が植えられている。
Aafb97eb 72f6 4697 97ed 45cb30c21283
鶴岡八幡宮の紅葉
11月下旬~12月上旬
神奈川県鎌倉市にある鶴岡八幡宮は、神奈川県鎌倉市雪ノ下にある神社で、別称として鎌倉八幡宮とも呼ばれています。武家源氏、鎌倉武士の守護神。鎌倉初代将軍源頼朝ゆかりの神社として全国の八幡社の中では関東界隈で知名度が高く、境内は国の史跡に指定されています。本宮に向かって右手にある柳原神池と、鎌倉国宝館前が紅葉の見所で、例年11月下旬から12月上旬に見頃を迎えます。
鶴岡八幡宮の冬ボタン
1月初旬〜2月下旬
康平6年(1063年)源頼義が京都の石清水八幡宮を勧請して、由比ガ浜付近に祀ったのを起源とするのが鶴岡八幡宮。治承4年(1180)鎌倉に入った源頼朝が現在の場所に移したが、建久2年(1191年)火災により焼失。翌年社殿を建て直し、現在の鶴岡八幡宮となった。境内にある源氏・平家の両池に咲く白蓮、紅蓮の美しさもさることながら、池のほとりを半周する池泉回遊式の「神苑ぼたん庭園」が春と冬、華麗な花模様を展開する。創建800年を記念して造られた庭園で、春ボタンが約20〜30種、約200〜300株、冬ボタンが約200株が植えられている。
9d01d9d5 1e11 4f4e 8408 34fd9d245a11
関連記事あり
【2019 全国 初詣ランキング】おすすめ10選
2a78e4f4 f578 46dc 978b 44469ece4f75
関連記事あり
【2019 関東 初詣ランキング】おすすめ19選
69ecc481 e9e0 4637 a03c 71da65b146a9

91d6ec48 6c5a 4446 ad15 d5d50ec45681
7b26dfd1 2774 4916 9c0b 542c1269b50f
985c0cd7 1b00 4c14 b8da 8f59686427db
小田原城址公園は1960年に復興された小田原城天守閣が中心にある公園です。天守閣やお堀を囲むように約300本の桜が咲き誇り「日本さくら名所100選」に選ばれている桜の名所です。天守閣やお堀との桜のコントラストは写真を撮りたくなる景色です。毎年「小田原桜まつり」が開催され、「小田原かまぼこ桜まつり」や「小田原おでんサミット」など様々なイベントが催されます。また、夜はぼんぼり点灯によるライトアップがされるので、日中とは違う天守閣と夜桜の幻想的な景色を楽しむことができます。
606dbd0c e8a5 4bff 9860 cb3e64f4ba1f
夜に咲く 夜桜は、妖しい魅力があります。
5.0
by 選択希望選手
2016年4月4日

A1178526 89f3 42dc afa1 ec9b5dac99d0
66b2ed76 8dde 4d5f 82b1 e91797be48e4
Ca6ae993 4d32 405e ae6a 1733e6ec7283
1894年(明治27年)の完成以来、日本の海の玄関として活躍する「横浜港大さん橋 国際客船ターミナル」。世界でも有数の客船ターミナルで、「飛鳥Ⅱ」や「ノルウェージャン・ジュエル」など海外・国内の大型客船が寄港します。現在の横浜港大さん橋国際客船ターミナルは、2002年(平成14年)にリニューアルオープンしたもので、個性的なデザインと斬新な構造が美しい建物です。1階には2,000㎡の大きなホールもあり、各種イベントなどが開催されています。ターミナルは、無料で誰でも入場することができ、屋上広場は24時間オープンしています。屋上広場は天然芝と船の甲板をイメージしたウッドデッキ仕上げで開放的な空間になっていて、訪れる人たちが憩いのひとときを過ごす公園のような場所になっています。目の前に広がるみなとみらいの風景を一日中楽しむことができ、運が良ければ寄港している豪華大型客船の姿も見ることができる、一押しのビュースポットです。 ターミナルの2階にはオーシャンビューのカフェやレストランもあるので、デートにもおすすめ。ギフトショップでは、海上での交信に使う「信号旗」をモチーフにしたグッズや廃版になった海図を再生したステーショナリーなど、海の玄関口ならではグッズを購入することができます。
246899f1 be46 47b7 af61 36d9117606e3
大桟橋 すっかり名所になったね
5.0
by himiko
2018年8月19日

677eb272 cedd 4b2b ae1f 03218866491e
F3157aa1 178a 4e3f 8322 fe38b61f1789
5128cb78 0bbc 4901 af0c ef7be33e777e
衣笠山公園は約2,000本のソメイヨシノ、シダレザクラ、ヤマザクラなどが咲き「さくら名所100選」にも選ばれている桜の名所です。横須賀市のほぼ中央にあたる丘陵地に1907(明治40)年に開園した公園で、鎌倉時代に勢力を振るった三浦氏の衣笠城跡に隣接しています。桜の開花にあわせて「衣笠さくら祭」が開催され、期間中は夜桜も楽しめます。また、大楠山へと続くハイキングコースもあり、山頂展望台からは大楠山越しに富士山が、東京湾方面には海ほたる、ランドマークタワー、猿島、房総半島が一望でき、三浦半島の自然が楽しめます。衣笠山公園は犬同伴でのお散歩も可能なので愛犬と素敵な場所で花見ができます。さくら祭期間中は公園付近通行止めのため車での来園はできません。公共交通機関の利用が必要となるので注意が必要です。

D03a1d2b 03aa 4e50 ac76 0c806b32319d
5fa08cc3 2945 42de bd39 c50b99315996
6f8b76e9 6a3f 4041 aa13 398e8e5a70f6
標高約180mの泡垂山山頂を「湘南平」と言います。神奈川の景勝50選の地、関東富士見百景にも選定されている絶景スポットです。山頂にはテレビ塔展望台と高麗山公園レストハウス展望台(360°のパノラマ)の2つの大展望台があり、昼間は房総半島、湘南の海岸線、丹沢連峰、箱根連山、伊豆の山々、富士山が一望できるスポットです。また夜は湘南の夜景がとても綺麗な夜景の名所となります。そのほか、春にはソメイヨシノやオオシマザクラなど約2,000本の桜がとても綺麗です。
90f799c2 68be 4938 9ef4 1542a9df0c99
湘南平・電波塔からの夜景 湘南エリア随一の絶景を見られるのが平塚の「湘南平」です。夜には数々のカップルが訪れ、それぞれがロマンチックな時間を過ごす人気のデートスポットでもあります。
4.0
by 平岩蘭Top user
2019年1月28日